FC2ブログ
本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
トップページ
2019年07月21日 (日) 23:01 | 編集
このページについて

乙女系ライトノベル中心に、読んだ本の感想です。
評論批評ではありません。
個人的な感想なので、見解や意見の違いもあると思います。
ご了承ください。
ちなみに私の涙腺レベルは西田敏行(ユル過ぎで当てにならない)

少女小説感想 (BLは無いです)

コバルト 文庫

角川ビーインズ文庫

B's LOG文庫

一迅社文庫アイリス

ルルル文庫

アルファポリス エタニティ文庫 最近は読んでないです

を中心に、好き勝手に読んで、感想を書いています
その他、海外ロマンスの古書など。
以下は、ほぼ作品を読み終えた作家さんです
ダイアナ・パーマー 読了一覧
ペニー・ジョーダン 読了一覧
スーザン マレリー 読了一覧
リン グレアム 読了一覧
ジェシカ スティール読了一覧
ミシェル リード 読了一覧

RITA賞受賞作品一覧 (2013〜1995 まとめ中)
/  RITA賞−RWA Hall of Fame−(殿堂入りの常連作家)

ハーレクイン他 海外ロマンス読了一覧


-----------
最近読んだ本です

感想
れは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ 青木 祐子
恋するシェイクスピア もうひとつのロミオとジュリエット 吉村りりか
下鴨アンティーク 雪花の約束 白川紺子
花冠の王国の花嫌い姫3 騎士と掲げるグラジオラス 長月遥
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち 糸森 環
青春注意報!  くらゆいあゆ
ためらう唇 リンダ・ハワード
夢見るキスの続き テッサ デア






にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村ポチッとしていただけるとはげみになります

twitter←フォローよろしく


Copyright ©本読み隊All Rights Reserved
m117117
★楽天★
2019年06月29日 (土) 15:08 | 編集

公爵と裸足のシンデレラ アニー バロウズ
2019年01月27日 (日) 12:27 | 編集
公爵と裸足のシンデレラ (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)アニー バロウズ

---楽天---


公爵と裸足のシンデレラ 

アニー バロウズ

母亡き後、父に捨てられ、冷たく無情なおばと暮らすプルーデンス。良縁を探してくれると言うおば夫婦に連れられ旅をしていたとき、プルーデンスは一人部屋に泊まることになっていたはずが、翌朝目覚めると、見知らぬ男性の部屋に横たわっていた。姪が汚されたと叫ぶおばの声が、宿じゅうに響き渡る。まるで身に覚えがないし、体も痛んでいないけれど…いったい、何が?状況もわからず自室へ戻ると、彼女の荷物はおば夫婦と共に消えていた。文字どおり着の身着のままで放り出されたプルーデンスは、見かねて手をさしのべてきた例の見知らぬ男性を頼るほかなかった―まさか彼が、旅人に身をやつした、第7代ハルステッド公爵とも知らず。
-------------------
copyright 2016

裸で放り出された不憫なヒロインと、混乱しまくるヒーローとの出会いと珍道中がなかなか楽しいお話し。世間知らずのヒーローと世間を渡る知恵のあるヒロインとの掛け合いのテンポの良さで最後まで一気に読める。
でも、ストーリーはオーソドックス。
アニー作品の特徴であるヒーローの一途すぎる愛は健在。ヒロインのエキセントリックな態度はいつもより控えめ?で読みやすい。
ハーレクインらしいお笑いリージェンシーをお求めなら悪くないロマ
マッパで出会った割に、エロ要素はないのでその手の話を求めると違う。

あらすじ
「ぼくは無垢な娘を誘惑なんかしない!」
グレゴリーは金切り声で叫ぶ気の立った女や野次馬をはねつけるようにドアを閉め、さらには錠をしっかりかける。
ぼくは死んだように熟睡していた。それも変だ。
なぜ前後不覚のような状態に陥ったのだろうか?
グレゴリーはゆっくり振り向いた。
こんな退屈な田舎町の寂れた宿屋で出会うとは、いったいどういう娘なのだろう。
カバーをあごまで引き上げて上半身を起こしている娘を、しげしげと眺める。
半ば予想していたのとは違い、栗色の髪と大きな茶色の瞳が愛らしい。
それは何よりだ。記憶はなくしたかもしれないが、ぼくの趣味のよさだけは失っていなかった。グレゴリーは安堵した。

冒頭の経緯。プルーデンスは、見知らぬ男の部屋で裸で目を覚ました。叔母と再婚した男とともに旅をしていたにも関わらず、なんとか衣類を身につけたものの二人の姿はすでになく…。
厩番に絡まれているところを見つけたグレゴリーは、腑に落ちない出来事を解明するべく、プルーデンスを保護することに。しかし、二人の話はなかなかかみ合わず…。

というわけで、ヒーローに石が命中したり、道中お金をとられたりといった散々な目にあいながらの珍道中に愛を育む展開。後半は彼が公爵だと知って尻込みするヒロインに、必死に求婚するグレゴリーであります。
生活力溢れるヒロインが一生懸命頑張る姿は可愛い。

海外ロマンス 読了一覧
聖なる夜に抱きしめて/「スノウ・マン」ダイアナ・パーマー 他
2019年01月06日 (日) 18:01 | 編集
聖なる夜に抱きしめて (扶桑社ロマンス)


聖なる夜に抱きしめて

「スノウ・マン」ダイアナ・パーマー
「キャスのカウボーイ」リンゼイ・マッケンナ
「アウトバックの夫」 マーガレット・ウェイ

雪深いコロラドに戻って亡き父の牧場をどう経営しようか途方に暮れるメドウの前に、隣接する大牧場の経営者ダルが現れる。彼女にとってダルは天敵、少女の恋心を踏みにじった傲慢で意地悪な男。でも彼の前では緊張してドジばかり…D・パーマー「スノウ・マン」の他、猛吹雪のなか閉じ込められた二人を描くL・マッケンナ「キャスのカウボーイ」、オーストラリアの牧場王国を舞台とした真夏の物語、M・ウェイ「アウトバックの夫」の三作を収録。巨匠によるクリスマス・ストーリー夢の競演!




「スノウ・マン」
ダイアナ・パーマー

亡き父の牧場の経営で途方にくれるメドウに周囲はダルを頼るように助言するものの、それだけは避けたかった。メドウはとにかくドジでFBIでも捜査官としてことごとく失敗しクビになった。それなのに、ダルはメドウを男まさりな女だと思っている。どうしようもないやんちゃな人間だと…。
-------------
copyright 2017
The Snow Man

彼女の飼っているシベリアンハスキーが彼の家へ遊びに行き、彼の飼い猫がメドウの家に上がりこみ、接点がなくなりそうな二人をつないでくれるクリスマスらしいお話。

ダイアナパーマーと言えば、ハーレクイン(パーパーコリンズ)の大御所作家ですが、この作品はケンジントン・パブリッシング社から出版(日本では扶桑社から)となります。
ダイアナパーマーって誰よ?という方は、こちらをどうぞ。
鬼ロマの代名詞な作家さんではありますが、最近の作品なので80年代の鬼度を期待してはいけません。かなり雰囲気はマイルド。もちろん、お初の読者様は面食らうと思います。ヒーローは自分の気持ちを認められず理不尽な暴言を吐き、伏線のようなヒロインの頭痛は何事もなく放置。
いつもストーリーがとっ散らかっている作者ですが、街の人との繋がりがないぶんまとまっている方。
え、面白いのかって? えへへ



「キャスのカウボーイ」
リンゼイ・マッケンナ

猛吹雪がやてくる。トラビス・グラントは退役後は人里離れた場所で家具職人として生計をたてている。吹雪に備えをし工房が温まってきたころ、窓ガラスを自動車のヘッドライトがさっとてらした。いったい誰だろう?ワイオミングの吹雪の恐ろしさを知らない観光客だろうか? だが、赤い車の中でエアバックに包まれていたのはキャス・マーフィーだった!
-------------
copyright 2017
Kassie's Cowboy

キャスを残し軍に入ったトラビスだが心的ストレスに悩まされ自ら孤独な壁を作りキャスを拒絶してきた。
そんな彼に助けられたことで、彼を理解し…という愛と再生の良いロマ。
テンポよくまとまりのあるショートストーリーだと感じる。ダイアナの読後なだけに。



「アウトバックの夫」 
マーガレット・ウェイ

スコットが、妻の友人であるレベッカと一夜かぎりの情事を持った?ばかばかしい。なぜこんな嘘を言うのか、伯母に今すぐ説明してもらおう。ダーシーは夫に対してあルビない信頼を寄せている。なのに…
-------------
copyright 2017
Her Outback Husband

2年後、離婚した夫と再会し誰を信じるべきなのか再び悩みはじめるダーシーなのであります。
オーストラリアのアウトバックを舞台にした作品。短編のみで他と繋がりのある話ではないそうです。
さくっと読めるロマ。


ダイアナ・パーマー 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク