本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
トップページ
2018年07月21日 (土) 23:01 | 編集
このページについて

乙女系ライトノベル中心に、読んだ本の感想です。
評論批評ではありません。
個人的な感想なので、見解や意見の違いもあると思います。
ご了承ください。
ちなみに私の涙腺レベルは西田敏行(ユル過ぎで当てにならない)

少女小説感想 (BLは無いです)

コバルト 文庫

角川ビーインズ文庫

B's LOG文庫

一迅社文庫アイリス

ルルル文庫

アルファポリス エタニティ文庫 最近は読んでないです

を中心に、好き勝手に読んで、感想を書いています
その他、海外ロマンスの古書など。
以下は、ほぼ作品を読み終えた作家さんです
ダイアナ・パーマー 読了一覧
ペニー・ジョーダン 読了一覧
スーザン マレリー 読了一覧
リン グレアム 読了一覧
ジェシカ スティール読了一覧
ミシェル リード 読了一覧

RITA賞受賞作品一覧 (2013〜1995 まとめ中)
/  RITA賞−RWA Hall of Fame−(殿堂入りの常連作家)

ハーレクイン他 海外ロマンス読了一覧


-----------
最近読んだ本です

感想
れは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ 青木 祐子
恋するシェイクスピア もうひとつのロミオとジュリエット 吉村りりか
下鴨アンティーク 雪花の約束 白川紺子
花冠の王国の花嫌い姫3 騎士と掲げるグラジオラス 長月遥
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち 糸森 環
青春注意報!  くらゆいあゆ
ためらう唇 リンダ・ハワード
夢見るキスの続き テッサ デア




★近況★
2月からフルタイムで仕事を始めてはや半年。
ブログの更新どことか、読書もままらない状況が続いております。
生活でいっぱいいっぱいで、顔が枯れかけてます。PTA副会長なんだが、頭が綿菓子だからな…そりゃ辛いぜ。
いまとのとこ、なんとか広告だけはださせまいと、月一更新の最低ペースで運営しております。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村ポチッとしていただけるとはげみになります

twitter←フォローよろしく


Copyright ©本読み隊All Rights Reserved
m117117
★PR 楽天 食フェス
2018年04月28日 (土) 15:25 | 編集

月一回の食の祭典!
楽天市場の旨いもの、美味しいものが
大集合しました!


クーポン利用期間:2018年5月1日(火)10:00 ~ 2018年5月8日(火)9:59
クーポン獲得期間:2018年4月27日(金)10:00 ~ 2018年5月8日(火)9:59

↓↓↓食フェス参加店舗をもっと見る↓↓↓↓↓



★★★★★★★★★
近況
PTAの最後の年となってしまいました。
熟練のメンバーが卒業となって、不安要素が多すぎな一年。
必死に電話をかけて、なんとかメンバーを集めて、やっとこさ総会が終わったところです。これから始まるというのに、すでにぐったり。
ロマンスの園に帰りたい。;;
というわけで、夏ごろまで、更新できそうにありません。
せめて、美味いものをたべて、頑張って乗り切ろう!!
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち 糸森 環
2018年03月18日 (日) 15:30 | 編集
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)2017/4/1
糸森 環 (著), 宵マチ (イラスト)

---楽天---




令嬢鑑定士と画廊の悪魔

永遠の恋を描く者たち

「ジョンと一緒に引きこもれなければ、私の心を殺すに等しい」「…自分が何を言っているかわかっていないでしょう」悪魔のジョンが前契約者殺しの容疑で、教会に拘束された。今の契約者・リズは容疑を晴らすため、真犯人の悪魔が棲む絵画を追うことに。ジョンは処刑させない。私の悪魔だもの―事件を通し、彼女は“自分がジョンをどう思っているか”自覚していき…!?鈍感令嬢と毒舌悪魔のラブファンタジー!
-----------------------------

2巻で完結です。
ジョンの追う悪魔が見つかるまで長い戦いがあると思っていただけに、完結で残念。とはいえ、糸森ワールドはどの話も長いので、さくっと手に取ってみようというお初な方にはオススメかも。
ヒロインを好きすぎて、ちょっと拗ねた感じになる男子がなんとも可愛らくして好きです。

あらすじ
エミル卿の一件から母ヴィルマはリズの花婿探しに余念が無い。神聖なる教会で『いい男探し』はさすがにどうかと思うのだが。
久しぶりに貴族令嬢らしく社交に挑んだせいか、しばらくすると、頭痛がし始めた。
厩舎で待っているジョンのもとへ急ぐ。
彼にこめかみを撫でてもらおう。あの大きな手に触れられると、不思議なことに痛みがやわらぐ。
想像して吐息が漏れた。
頭の刺すような痛みに耐えながら、さらに思考の暴走を許す。
もしも、自分に新たな結婚相手が見つかったとして。
その相手はジョンのように痛みを和らげてくれるのだろうか?

だが、馬車で待っているはずのジョンがいない。ジョンはリズの前に第七協会の前司祭ペテロンと契約している。もしかしたら、聖職者のなかにその秘密を共有するものがいるというのかもしれない。
彼が、以前の契約者と繋がる人々と会う……それが思いの外、怖かった。


冒頭の経緯。ジョンは教会で囚われた。ジョンが以前の契約者ペテロン神秘を殺したというのだ。リズはジョンの潔白を証明しなければならず…

有力な情報をもとに、ジョンと一緒に旅行ですわよ。病弱なリズを心配しすぎて口うるさくなってしまう悪魔が可愛い。
ああ、もうちょっと続くと思ったのに、残念。

発刊からだいぶ経ちましたが、どにも気になっていた作品をぼちぼち読み始めようかと。なのに…

令嬢鑑定士と画廊の悪魔
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
これは経費で落ちません! 2 経理部の森若さん
2018年02月18日 (日) 18:29 | 編集
これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)2017/4/20
青木 祐子 (著),‎ uki (イラスト)


これは経費で落ちません! 2
経理部の森若さん

青木 祐子

経理部の森若沙名子、27歳。多くの領収書を処理する沙名子には、社内のいろいろな人間関係が見えてくる。周囲に与えた分以上のことは期待せず、されず、精神的にも経済的にもイーブンでいることを大切にする沙名子は、他人の面倒ごとには関わりたくないのだけど、時には巻き込まれることも。ブランド服、コーヒーメーカー、長期出張…それは本当に必要なものですか?
--------------------------------

彼女の矜持は、イーブン。
面倒ごとは避け、人との関わりも深入りせず、自分の規則正しい生活パターンをきっちり守る、経理という仕事柄にふさわしい淡々とした大人の女性。
そんな彼女が、経理部に訪れる問題児たちをスルーしつつ、天真爛漫な営業マン太陽と関わることで、少しずつ変化していく姿がじれったくも愛らしい物語です。
器用そうで、不器用な生き方の沙名子さん。そんな彼女の視点に共感を感じるかどうかは、読んでみないとわかりにくい。が私は好き。

あらすじ
今のところふたりは「友達」である。たぶん。
会社の人間とは友達にならない。というのは沙名子の方針である。そう伝えると太陽は、沙名子さんがそうなのはわかっているけど俺はそうじゃないと言った。
山田太陽は天天コーポレーションの営業部員。沙名子は営業部の経理担当である。おしゃべりなのはわかっていた。
すべてがネタなのか、それとも本気なのか、そのすれすれあたりを狙っているのか。駆け引きめいた会話は会社だけで十分である。太陽がプライベートでもそういうタイプなら、たぶん、二回会うことはなかったと思う。
しかし太陽は意外と優しく、そして率直なのだった。


冒頭の経緯。太陽の懇願で、月に2回一緒に食事をするようになったプライベートの沙名子さん。自分の規則正しい生活に太陽との時間があることに複雑な気分。
一方、仕事面では、ブランドものの高額なシャツ代を請求してくるやり手の広報課、皆瀬織子の裏がきになりはじめる。さらに、コーヒーメーカーを買うことの便利性について女子社員同士で険悪な雰囲気。関わるまいとする沙名子さんだけれど…。
太陽が話ず営業トップの山崎柊一は何を考え、同じ経理部の孤高の人・田倉勇太朗は何に関わっているのか…

経理の絡んだ推理ものっぽくしたいのか、恋愛にしたいのか、ちょっと中途半端に感じるところもあるかも。推理部分をもっとほりこんだらもっと面白くなりそうな気もする。でも、おそらく作者は関わってくる様々な人間の表と裏の面を書きたいのだろうなと思う。
その辺りを楽しめるとハマる。
太陽、いい線押しているぞ!沙名子さんの鉄壁のルーティーンを崩せるのはきみしかいない!頑張れ!

****って、もう、3巻出てるし!
これは経費で落ちません! 3 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク