本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
幽霊伯爵の花嫁 恋する娘と真夏の夜の悪夢 宮野美嘉
2016年10月21日 (金) 15:50 | 編集

幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (ルルル文庫)
2016/8/26
宮野 美嘉 (著)

----楽天----




幽霊伯爵の花嫁 
恋する娘と真夏の夜の悪夢 

宮野 美嘉

優秀な墓守であるジェイクの十七人目の妻として、騒がしい幽霊たちに囲まれたコルドン家で暮らすサアラ。ある朝、ジェイクのもとに匿名の手紙が届いた。それは同業のランカスタン伯爵家が悪霊を屋敷に閉じ込めているという告発文だった。夫婦はランカスタン領に向かうが、旅の途中、サアラは謎の感情に襲われて思わずジェイクの抱擁を拒絶!もしかして…これが夫婦の倦怠期?予測不能な事態に最強花嫁サアラがとった行動は!?
------------------------

宮野 美嘉 の人気シリーズ作品のスピンオフ。
アクの強いお話ですが、ぜひシリーズを通して読んでほしい作品。

17歳になる前に嫁いだサアラも23歳。可愛い娘リオンと、妹を溺愛する兄エリオス、未だ狂気を抱える祖母アシェリーゼの幽霊など個性的な仲間たちとの、幸せなその後を楽しんでください。

相変わらず、サアラの愛し方がロマンチック(猟奇的)で素敵(ブラック)です。
ところが、どうやらサアラは倦怠期のようですョ。

あらすじ
「あら、お仕事にばかり気持ちをとられて妻の存在を忘れる旦那様がいけませんの。私を傍においておきたいのなら、きちんと鎖で繋いでおかなくては……ね?」

歳を重ねて凄みを増した美貌の妻を、夫のジェイクは顔色一つ変えずに見下ろし、不意に手を握ってきた。

「? どうかなさって?」

「繋いでいる」

あまりに短く不親切なその答えに、サアラはうっとりと微笑んだ。

「まあ……素敵な鎖ですこと」

そして繋がれた手にぎゅっと力を込め、親指で彼の手の縁をなぞる。

「このまま骨まで溶けて固まって、永遠に離れなくなったらどんなにいいでしょうね」


冒頭の経緯。ジェイクは息子エリオスに、不審な匿名の手紙を調べるためにランカスタン伯爵領での調査を命じた。ところが、今日はエリオスの誕生日。誕生日というものに特別な思い入れのないジェイクだが、お祝いをしたかったという娘リオンはヘソを曲げ、無謀にもエリオスを追いかけて屋敷を抜け出してしまう。
息子と娘を追いかけ、ジェイクとサアラもランカスタン伯爵領へ向かうが、そこにはかつてジェイクに向かって結婚する前に一緒に逃げてほしいと言った娘が嫁いでいて…

サアラとジェイクは、行方不明になった息子と娘を取り戻すことができるのか?幽霊事件の真相は?
というわけで、皆様ご健在。
楽しかった。
サアラの思考は、ブラックでひねくれでいるようで、妙に説得力があって納得させられてしまうのです。この物語だけ読んでも面白さはイマイチ伝わってこないかもしれない。
ぜひシリーズで読んでみて!!!

ルルルの人気シリーズや続編の声が多かった作品が一気に三冊 ”幽霊伯爵の花嫁””レディ・マリアーヌ”に続き、次回の新刊が"乙女なでしこ恋手帖”(この冬)とあるだけで、もしかしたらの廃刊しそうなのではと不安でいっぱい!!!(っω・`。)

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
魔王の贄花嫁 宮野美嘉
2016年08月11日 (木) 12:10 | 編集

魔王の贄花嫁 (ルルル文庫)
2016/4/26
宮野 美嘉 (著)

---楽天---





魔王の贄花嫁

宮野美嘉

“夜の主”と呼ばれる魔王ウルギスの花嫁に選ばれたロロナ。ウルギス暗殺の密命を受けての嫁入りだが、ロロナは彼が本当に悪い男か、自分の目で確かめるつもりでいた。ところが初対面のウルギスから「必要なのは世継ぎを産む体だけだ」と冷淡に告げられロロナは猛反発!すれ違いの新婚生活が続くが、ある日偶然、夜しか姿を見せないウルギスの昼の姿を知ることに。恐ろしい普段の態度とは正反対の甘さを見せる夫にロロナは大混乱して…!?
---------------------------

まっすぐで一本気なヒロインと、ひねくれヒーローとの政略結婚ものです。
かなりひねくれており、彼が見せたがらない側面が次々に見えてくるたびに、ワクワクしました。
もともとファンタジー色が薄い作家さんなだけに、魔王に嫁ぐという割には、耳と尻尾萌えと呪いという程度です。大半は主人公達の心の動きと葛藤に焦点を当てております。
アクの強いヒロインを書く作者にしては今回は普通にいい子。噛みつきはなしです。(あ、ヒーローの甘噛みはあったナ…)
面白かった。

あらすじ
父よりも強い男を求めた結果、ムストニア一の剣士にして破魔の力を持つロロナは、魔王ウルギスの花嫁に選ばれた。
魔物の国シャンドーラ  その地は瘴気に満ちており、民は生まれながらに不思議な姿や力を持っているのだという。
だが、命じられたのは、花嫁として子を産むことではなく、国一番の剣の腕をもって、魔王の首を落とすこと。
かの魔王は二十歳の年にムストニアの王都を滅ぼすであろう  と予言されているというのだ。

「……魔王が本当にムストニアを襲うというのならば」

ロロナは魔物の国シャンドーラへ向かった。
だが、現れた魔王は長身痩躯の男だった。ロロナは彼を見て瞠目する。耳も尻尾も生えていない。髪の色以外はごく普通の人間だ  
しかも、ロロナが彼の命を狙ってきたことを暴露しても微動だにしなかった。

「問題ないな。お前の人間性には興味はない。私がお前に求めるのは世嗣ぎを産むこと一つだけだ。その血と胎があれば事足りる」


冒頭の経緯。不意に耳と尻尾が出てくるウルギスにロロナは興味を持つ。だがウルギスを知ろうとするものの、興味がないと拒絶されてしまう。しかし、あることがきっかけで、彼を受け入れるために、昼間にウルギスの部屋に向かうと、そこには  本当にあなた誰?

ウルギスの母は占い師であり、息子が呪われてくると知っていながら産むしかなかった。20年前から定められた運命に従うしかなかった彼の両親。ロロナは彼を救うことができるのか?

というヒロイン根性を今回も披露してくれます。
ヒロインは後半の方が、会話がノッてる。ぐいぐい食いついて人を知りたがる作者らしさと、ひねくれた会話が好きだ。
ツンデレの夜の彼も、優しげで裏のある彼も、どっちも萌え要素たっぷりで痒かった。さらに尻尾と耳って…ムフムフしたわ。

アクの強さは少ないので、宮野美嘉初心者さんにもオススメな一冊。

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



黒衣の騎士と悪女の良縁 宮野 美嘉
2016年04月19日 (火) 22:32 | 編集

黒衣の騎士と悪女の良縁 (ルルル文庫)
2016/1/26
宮野 美嘉 (著)

---楽天---




黒衣の騎士と悪女の良縁 

宮野 美嘉

悪評まみれの美少年愛好家、令嬢シェリーの結婚が決まった。夫となるのは国一番と評判の美少年ルース…ではなく、その兄クロード。戦場の死神と呼ばれるほど勇猛で強面な将軍のクロードには「弟を溺愛するあまり屋敷に閉じ込めている」という不穏な噂がある。「弟に近づくな」とシェリーに告げて花嫁拒絶の態度をみせるクロードに秘密が?夫を探ろうとするシェリーだが、ある時、クロードの思いがけない優しさを知ってしまい…!?
-----------------------

ショタ系&兄弟ラブ萌なお話ですが、そっち系ではない人でも楽しめるお話です。
バイオレンスな雰囲気も入るので、宮野作品初読の方には、かなりアクが強いのでオススメはしないが、作品としては面白かった。(人を殴りたくなるヒロインなのです。噛みつきは無い!自粛か!?)
美少年を食い物にすると噂の令嬢シェリー。本当の彼女の抱える心の穴、勇猛果敢な将軍クロードの抱える大きな秘密、そして、美しい弟の可愛らしさが、かなりキュンです。
お暇なら是非一読。

あらすじ
国王フェルドールが厚い信頼を置いているというその騎士の名を聞き、シェリーは結婚を承諾した。
何を隠そうハウザード家の子息といえば、国一番と称えられる美少年である。
この話を告げられたとき、シェリーは柄にもなく胸をときめかせた。
シェリーが嫁ぐのは夢にまで見た美少年  の、兄なのである。
国一番の美少年の姉になる。こんな素敵な話はない。

そうしてシェリーは嫁入りの日を迎えた。
クロードは、シェリーに嫁ぐのが嫌か丁寧に訪ねた。彼は、世の大半の女性に怖がられると自ら語る。
しかしながら  

「あたくし、世の中には二種類の人間がいると思っているの。それはね  『美少年』と  『それ以外』よ。『それ以外』にくくられるあなたがどんな顔をしたところで、あたくしは気にしないわ」


冒頭の経緯。シェリーは、無類の美少年好きだが、嫁いだからにはクロードと仲良くするつもりだった。ところが、絵を描くシェリーは人の血のつながりを当てることを特技とすることをクロードに教えると、クロードはシェリーを遠ざけ始める。弟ルースを危険から遠ざけることこそが私の使命なのだと…
しかし、ある夜、屋敷に侵入した何者かにルースが拉致されそうになり、助けようとしたシェリーはケガを負ってしまう。

シェリーは、美少年の絵を描き、弟の面影を他人に探しているのです。なので、その辺りから、ショタものへの嫌悪感は薄くなります。
クロードの元婚約者で王妃のメリウェルはドジっ子ながらも、シェリーになついており、シェリーはその辺りが気になってご機嫌斜めのバイオレンス状態。
そんなシェリーと彼女の態度に戸惑うクロードとの関係が痒くて良いです。
なんとなくストーリーは先が見えますが、弟君の兄大好きな態度は純粋で可愛らしく、すべてが解決した後のシェリーのラストの誘導も上手く、ひねくれ者達がイキイキしております。
友人の王妃メリウェルも!

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
悪魔な妃の危険な婚姻 宮野美嘉
2015年12月08日 (火) 16:13 | 編集

悪魔な妃の危険な婚姻 (ルルル文庫)
2015/10/23
宮野 美嘉 (著)

---楽天---




悪魔な妃の危険な婚姻

宮野 美嘉

悪魔の呪いを受け、人並みはずれた怪力の持ち主として生まれた王女ユーリア。自分の力を恥じて目立たぬようひっそりと暮らしてきたが、新王ジオンとの政略結婚が決まってしまう。ところがジオンは大の女嫌いで「お前と馴れ合うつもりはない」といきなり拒絶宣言。秘密を守りたいユーリアにはむしろ好都合だったが、ジオンとともに過ごすうち、彼に触れられたいと思うようになり…!?呪われ王女と横暴国王のすれ違い新婚ラブロマンス!
--------------------

とっても怪力なのに、どこまでも弱気!
最強にして、最弱。
怪力なんて恥ずかしくて、絶対に知られたくない!という孤独な乙女心がとっても共感できる、胸キュンラブ。
作者のいつもの辛辣でエキセントリックなヒロインとは違って、とっても素直な良い子。その分、ジオンの姉がかなり複雑骨折した最悪な性格となっております。

あらすじ
「だ、だったら……こんな危ない婚姻なんて……と、取りやめた方がいいとおもうのだけど……今からでも……」
なけなしの勇気を振り絞ってユーリアは最後の抵抗をする。しかしながら女官長の反応は  賛同でも拒否でも同情でもない、『無』であった。
■□■
今から17年前、アストランの第27皇女ユーリアは、悪魔のファラードゥウィアに呪われて生まれてきた。
生まれながらの怪力  それがユーリアの異常だった。
疎まれ、忌避されるユーリアは、初めて恋をした。そしてそのせいで、彼を殺しかけてしまったのだ。
好きな人を死なせかけた衝撃は、幼いユーリアに恐怖心を植え付けたのだ。人は脆い。
ユーリアを制御できるものはこの世に唯一つ、ユーリアの良心のみであった。
一人で生きる孤独を癒やしたのは、綺麗で可愛い童話の数々だった。愛らしい妖精のいる国ブランデンに憧れた。
そして、9年の時を過ごし、17歳になった今  まさかの輿入れである。
新興国のブランデン王国の新王  ジオン
夫婦になるということは……よく知らないけれど、手を繋いだり抱き合ったりするということで……
ムリ! 絶対ムリ! 相手を殺してしまう!

「もしも最後まで怪力を隠し通せたら……私、この可愛い国の人たちから好きになってもらえるのかしら……」

『いや、無理に決まってんだろーが。やることやろうとすれば 割愛


冒頭の経緯。ジオンは出会った早々、「女は害獣だと自覚しろ」とユーリアを放置する。
ユーリアの孤独をまぎらわせたのは、皮肉なことに彼女を呪う悪魔のファラードゥウィアだけ。
輿入れしてからというもの、嫌がらせが始まり、ジオンの姉である皇女マリーロジェンナから招待されたお茶会では、辛辣な言葉を浴びせられた。しかし、爪がかすめただけで窓が割れ、あんなか弱いお姫様達に怪我をさせるところだったと涙が出る。
そんなユーリアに、ジオンが興味を示し、城を出て町の案内をはじめ…

人の手のぬくもりに気づくユーリアの孤独な言葉がぐっときます。
同じように、ジオンも孤独な人。怪力がなくても孤独な面を持つ二人はとても似ていることに気づくのです。
ヒロインが怪力なのに、ガサツさはまったくなく、心温まるストーリーでした。
アクの強い作品が多い作者ですが、こちらは一見さんでも手にとりやすい内容で、読み切りの一話完結。
ルルル痒い楽しさがあります。是非一読。

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



失恋令嬢の意地悪な先生 宮野美嘉
2015年10月03日 (土) 23:53 | 編集

失恋令嬢の意地悪な先生 (ルルル文庫)
2015/7/24
宮野 美嘉 (著),

---楽天---




失恋令嬢の意地悪な先生 

宮野美嘉

貴族の娘アイラは人助けが趣味のお騒がせ令嬢。困った人を放っておけず、自分から騒動に突っ込んでいっては、幼馴染みで主治医のキールに叱られてばかりだ。無鉄砲なアイラを冷たくあしらい、時には意地悪なお仕置きもしてくるが、最後はかならず助けてくれる頼もしいキール。本当は彼が大好きなのに、かつて彼にフラれた経験があるアイラは恋心を封印している。そんなある日、アイラは美形の従兄から思いがけず求婚されて…!?
---------------------

片思いの切なさがキュンとくるオススメ作品。
たくましい精神のヒロインなのに、病弱ではかなげな薄幸の雰囲気が絶妙のバランスで、良いです。
そして、ひさしぶりに作者の”噛み癖”全開。
ヒーローが噛み付き魔なので、ご注意。
”噛み癖”に待ったをかけていた担当様のブレーキが漏れてたらしい。

あらすじ
一生結婚しないし、恋人も作らない  そう名言したキールの言葉を思い出す。
本当に……何でわたしはもてないのかな……
心底そう思いながらアイラは全身の力を抜いた。
アイラ・>シュペッゼ  17歳  独身  シュペッゼ男爵令嬢
  初恋の相手  隣家の幼馴染、キール・アンダーソン。
これが困難な恋であることを、誰よりもよく知っていた。

キールはアンダーソン先生の養子で血は繋がっていない。誰に対しても笑わない。
「キールはお医者さんになるの?」
アイラがキールに出会って初めてそう聞いたのは、出会って三年ほど経ったころだったように思う。はたで見ていても養父のアンダーソン先生を尊敬しているように感じられたので、そんな将来もいいんじゃないかと思ったのだ。
「俺が医者になったらお前の主治医になってやる」
と彼は言った。
「お前は無茶ばかりして自分を大事にしないから、俺が代わりに大事にしてやる」

そして出会ってから四年後  
アイラが10歳になったある時のこと、酷い発作を起こした夜があった。13歳になった少年は、苦しむアイラを見て慄いたようだった。それでも彼はアイラの横たわるベッドに近付いてきた。
「私が目の前で死んで……心の傷になっても知らないから……」

「俺が見ている前で死なせるわけないだろ」

「……私の命を預かってくれるの?」


冒頭の経緯。人助けが趣味というアイラは、人の揉め事に首を突っ込んでは、体の限界から熱を出す。そんな彼女を診察するのはキールの役目。そのキールに想いを寄せるアイラだが、キールは結婚するつもりはなく、苦しい片思い中。
そんなある日、アイラの従兄エリオットが求婚に来た。一ヶ月、毎日通ったら求婚が本気だと認めることにしたが…

エリオットの行動の裏をとるために、探偵を頼むキール。エリオットの裏の顔とともに、町を疫病が襲うという展開。ドロドロした話ではなく、エリオットの素顔とともに気持ちのいいお話だった。
”命あずけるよ”というヒロインの気持ちも、預かってくれる彼の気持ちも、あっぱれ。格好いい。
もちろん、ヒロインにべた惚れだったキールのラストの告白は、ヤンデレ。
よいロマでした。とっても満足。

すごくどうでもいいが、”あたしなら反射的にグー飛ぶわ。噛むくせは矯正したほうがいい”と突っ込んでしまう自分の思考が邪魔だった。

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



暴君との素敵な結婚生活 宮野美嘉
2015年07月30日 (木) 12:52 | 編集

暴君との素敵な結婚生活 (ルルル文庫)
2015/4/24
宮野 美嘉 (著),

---楽天----




暴君との素敵な結婚生活 

宮野美嘉

父親の命令でルナリアが嫁ぐことになった相手は、冷酷な暴君と恐れられる伯爵ヴォイド。天文学が大好きなルナリアは研究が続けられなくなることを悲しむが、ヴォイドは意外にも妻の学問を許すという。夢を応援してくれた!と感激するルナリアはヴォイドを「優しい旦那様」と呼び、主人に怯える館の使用人たちを驚かせるが、ヴォイドもまた自分を怖がらず笑顔をみせるルナリアに困惑して…!?とびきり甘い新婚ラブロマンス!
--------------------

カミツキ系のバイオレンスなヒロインでのデビューでの作者でしたが、最近、読み切りのルルル痒い可愛らしいヒロインを描くように。
高星絵師でさらに可愛さ↑↑
ヒロインのルナリアは、天文学者。見えるものを観察し見えないものをあると信じるのだが、それは事象だけに限らず、夫となったヴォイドの性格にも当てはめ、彼女に見せる夫の優しい側面から内面まで見透かし信じる素直さが、とてもルルル痒くて良いのです。
でも、やっぱり表面的なことだけではわからない裏の部分が他にあるのですよ。
ダ〜〜ク。

あらすじ
ルナリアは、父テオドールからラドフォールへ嫁ぐように命じられた。なかったことにできないの?と母メレディアは真摯に夫へ訴えたが、テオドールは頑として拒んだ。
半年前、ルナリアの母が生まれ育った国へ嫁ぐことに決まったのだが、夫ラドフォール伯爵ヴォイドの噂を聞くと恐怖に怯え何度か脱走を試みたものの失敗したのだ。
ワーゲン伯爵の娘である前に……ラドフォール伯爵の婚約者である前に……貴族である前に…女である前に……人である前に……

「私は天文学者です」

ラドフォール領では天文学は禁止されている。妻に迎えた女がそんな人間だと知ったら……ラドフォール伯爵はきっとルナリアを嫌いになるだろう。ルナリアだって、天文学を拒む人に好意を持つのは難しい。
嫁ぎ先に到着するとヴォイドは留守だった。
おずおずと執事が「旦那さまからは、何でも必要なものを用意するように言いつかっております」と告げられた。
天文学の道具でも用意してくれるという言葉に、ルナリアの先入観がぐにゃりと歪んだ。
ルナリアの意思を最優先にしてくれるなんて……。それはつまり、彼が妻であるルナリアと良好な関係を築こうとしているということだ。
まだ見ぬ妻に対して、誠意を表してくれたのだ。

「……あなたを……好きになってもいいですか?」


冒頭の経緯。暴君と恐れられた祖父ガルヴァンに育てられたヴォイドが、5年ほど前に爵位を継いでから、祖父に瓜二つの暴君と噂されるように。
だが、心の九百九十九の部屋は天文学に捧げながらも、その残りの一つ全てでヴォイドを好きになると宣言したルナリア。
好きなる許可をしたヴォイドは、彼女の笑顔のために、天文学のための施設作りまでする溺愛ぶり。
暴君の変化に領民達は驚きを隠せず、ルナリアを妖精と呼び、かつてのルナリアの母のようだと噂する…だが、ルナリアの母には彼女の知らない過去があるらしい。
しかも、天体観測の施設で学者を集め始めたことで、ヴォイドは怪文をもらうようになり、ルナリアへの疑心が生まれ…

というわけで、後半は荒れ模様の2人の関係とルナリアの初恋、そして、ルナリアの両親の過去が絡んでの展開となっております。
二転三転して大変おもしろいストーリーだったが、少々鬼な展開なので、怖いダーリンは嫌!ドロドロしているのも嫌!というまったり好きな女子にはお勧めしない。

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧

失恋令嬢の意地悪な先生 (ルルル文庫)
2015/07





Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク