本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡 石田リンネ
2017年03月05日 (日) 14:36 | 編集
おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡 (ビーズログ文庫)2016/10/15
石田 リンネ (著), 起家 一子 (イラスト)

---楽天---




おこぼれ姫と円卓の騎士
白魔の逃亡 

石田リンネ

長兄フリートヘルムがクーデターを起こした!!女王になるはずだった王女レティーツィアは、捜索の目をかいくぐり、一人逃亡することに。先の見えない不安を抱きつつも、どうにか騎士のメルディと合流。厳しさを増す追跡から逃れるため、“白魔”と呼ばれる雪の山脈を越えようとするが…。一方、レティの騎士デュークは、フリートヘルムに「俺の騎士になれ」と言われ!?
--------------------

前巻で逃亡を余儀なくされた王女レティーツィアの苦難の巻です。
今まで登場回数の少なかった人物がわらわらと登場。何もかもを失ったレティーツィアに待ち受けるものは何か、王都に残ったデュークの運命はどうなるのか?
ワクワクの巻です。
長編のクライマックス。あらすじを書いてしまうと面白くもなんともなくなるので、あまり紹介することがないのが残念。
p47一部抜粋で紹介しようと思う。

あらすじ
クーデターが起きたとき、誰が一番危険か。メルディが以前、丁寧に教えてくれた。
  フィリートヘルム殿下が反乱を起こした場合、デュークはそこまで危険じゃない。一番危ないのはおれとクレイグ、次点がアストリッドとバッセル女伯爵。なんでかっていうと、クーデターの正当性を高めるための利用価値が、デュークにはあるからな。
これから、フリートヘルムに何を要求されるのか、もう知っている。

「デューク、俺の騎士になれ」


もともと若干孤独癖のあるレティ様なのだが、せっかく人に頼ることを覚え始めたのにこの逃亡で孤独癖に戻らないかと若干冒頭で心配させてくれるのだが、いろいろと助けられて無事です。
レティが憧れつつも決して真似できないあのふんわりした姫も再登場で、案外しっかり者の部分を見せてくれます。

優秀すぎた2人の兄の存在ゆえに、おこぼれ的に回ってきたレティーツィアの王位も、彼女これまでの努力や騎士の協力で確実になりつつあっただけに、無念を感じつつ、どう逆転してくれるのか、ワクワク

石田リンネ 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧

続刊出てます。
2017/2/15




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
おこぼれ姫と円卓の騎士 王女の休日 石田リンネ
2016年11月07日 (月) 23:27 | 編集

おこぼれ姫と円卓の騎士14 王女の休日<おこぼれ姫と円卓の騎士> (ビーズログ文庫)
2016/6/15
石田 リンネ (著), 起家 一子 (イラスト)

---楽天---




おこぼれ姫と円卓の騎士
王女の休日

石田 リンネ

ウルク帝国から帰国の最中、「恋愛」を難しいと思ってしまった未来の女王レティーツィア。そんな彼女の十八歳の誕生日。“専属騎士”から休日をプレゼントされたレティは、お忍び用の服を身に着け、城を抜け出すことに!!『親切な青年』デュークと共に『花屋の少年』や『本場の占い師』に扮した騎士達の導きで束の間の休息を楽しむ…はずが!?最強女王伝説第14弾!
———————————

「呼び飛ばすと大変なことになる本編です。
いよいよ次巻から最終章突入となります!」
by 石田リンネ あとがき


王女のためにしばしの自由を!と18歳になる王女のために、奮闘です。
みんな仲良しこよしで少々飽きてきたなぁ〜こりゃ番外編なのか?と思ったあたしあなた、大間違いですよ!
ほのぼのした王女のお誕生日から後半は激震!
ぬぉぉ

あらすじ
第一王子フリートヘルムが砂漠で行方不明となった事件から始まった旅は、ゼノンの策略で一時は絶望的な事態になったものの、ウルク帝国での麻薬の栽培をやめさせることや、第一皇子カリムからの”永遠の友情”という長期同盟ともいえる成果をあげ帰国した。
レティは帰るなり、すぐ自身の誕生会の準備に取りかかった。そして当日、レティは『今すぐ読んでくれ』と但し書きが付いている2枚のメッセージカードに気がついた。

『騎士達からの一つ目のプレゼントは、”休日”です。今から休日を楽しんでください』

2枚目のカードには大量のプレゼントの包みを開けて身につけるように指示されている。

(まるで、お忍び歩きに使うような……、あら? もしかして、そういうこと?)


冒頭の経緯。騎士達が苦労して時間を作ってくれたことに感謝し、『親切な青年』デュークを伴ってレティは町にお忍びに出かけた。ある者は『花屋の少年』となり、ある人物は『本場の占い師』に扮している。そんな楽しいひとときのなかで”お嬢さん”としての自分をレティは許し、デュークへの思いを深めていく…

ついに告白!!レティ様らしくて、かっこよかったわ。冷静なようで内面の焦りが滲み出ていたように感じたわ。
それにしてもこればかりは、行き着く先がレティ様の考え通りにならないことを願うよ。
そして、ラストに大事件です!
さてさて、物語も佳境に入ってまいりました。
ゼノンの謀略に勝つことはできるのか、楽しみにしております!


石田リンネ 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧

長兄フリートヘルムがクーデターを起こした!!
緊迫の15巻!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 石田リンネ
2016年05月19日 (木) 17:50 | 編集

おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)
2016/1/15
石田 リンネ (著),

---楽天---




おこぼれ姫と円卓の騎士
再起の大地 

石田 リンネ

砂漠の女神が告げた『沼地の魔物』とは―。意味が分からぬまま都に戻ろうとしたレティーツィアを、ウルク帝国第一皇子カリムの兵が阻止してきた!何かが起きたと察したレティは彼を問い詰め―兄が死亡率の高い流行病に侵されたことを知る。怒りが湧くものの、国を憂うカリムの言葉で協力を決めたレティだが、そこへあの軍師ゼノンが近付いてきて…!?
------------------------

砂漠編後半です。
疫病は仕組まれたものだった!?
騎士たちが疫病で倒れる中で、決断をせまられるレティー様。その支えてくれるのはやっぱデュークなのであります。

あらすじ
レティーツィア達は砂漠人が吹き飛ばされる件について、女神の力であることを突き止め、疫病の蔓延を防ぐためだったと知った。
フリートヘルムも声が出せるようになったはずだ。これでレティはフリートヘルムの代わりに請け負った調停の仕事から解放されて、早々にソルヴェール国へ帰ることができる。
  ひとまず、事態は収束した……のだが。
女神がいっていた『沼地の魔物』とは一体どんな獣なのか。それとも比喩で、例えば人間の悪意のようなものだったりするのか。


冒頭の経緯。リギュア国の使者を助け、宝石を取り戻したレティだが、ウルク帝国第一皇子カリムの兵からソルヴェール国へ帰るように命じられてしまう。帝都では流行病が蔓延し、フリートヘルムも感染したというのだ。
レティは急ぎ帝都に戻り、カリム相手に交渉をはじめるが…

物語の後編ということで、詳細は割愛。
疫病で恐慌状態に陥った人々を扇動したのは何ものか? 目的はなにか? レティ様はどうするのか?というあたりが読み応えありのお話でした。
ラブの方は、やっと気持ちの変化があったとはいえ、低血糖な状態もつづいていることだし、そろそろ物語での大きな変化が欲しいところ。ゼノンが某人物をそそのかしております。今までレティーツィアに対して害意がなかっただけに、手段を選ばないゼノンをどう扱うつもりなのか、続刊楽しみ。

石田リンネ 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧

短編 2016/6/15
おこぼれ姫と円卓の騎士 王女の休日



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 石田リンネ
2015年11月05日 (木) 16:14 | 編集

おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 (ビーズログ文庫)
2015/9/14
石田 リンネ (著)

---楽天---




おこぼれ姫と円卓の騎士
女神の警告

石田リンネ

フリートヘルムが、ウルク帝国の砂漠で消息不明―。報せを受けた未来の女王レティーツィアは、兄の行方を捜しに“砂漠の女神”神話が残る南の大国へ。ところが道中“奇妙な砂嵐”に遭い、騎士達と離れ離れに!―「この国は、何かがおかしい」違和感を抱きつつも、どうにか帝都に到着したレティは、ウルク帝国の皇子に助力を求めるが…!?最強女王伝説第12弾!
----------------------

12弾。舞台は変わりまして、砂漠でございます。
レティ様、せっかくの砂漠の二人旅だというのに、そっちの方への思考を脇によけてくださって…ワタクシ的にムフムフする部分はそこだけという…色んな意味で泣けてきますね。
続刊への前振り的なお話ということですね。

あらすじ
小さいけれど妙に響く音  ……鏡に亀裂が走ったせいだ。驚いていると鏡の欠片がぱらりとこぼれ落ちる。

「……これは、わたくし、が……?」

ひびが入った鏡に、レティの困惑した顔が映る。それにほっとするよりも、無意識に騎士王の力を使ってしまったのではという戸惑いの方が強い。
  叶わない”恋”は怖いわ。くだらないことで一喜一憂して、王という責務を疎かにする。

■□■
フリートヘルム殿下とその同行の者がウルク帝国の砂漠で行方不明になっているとの情報を手に入れたレティは、政治的均衡が崩れることを懸念し、自らが探しにいくことに。
宝石が豊富に取れる大国の富は、砂漠を守護する女神がもたらしたと神話では言われている。
延々と続く砂漠を抜けるらくだでの旅は、2日で終わる行程のものだ。
だが、突如おきた砂嵐に一行は巻き込まれた。しかも、レティの力では強風を止めることはできない。
何だか妙だと誰かが言ったとき、幾人かの体が煽られてふわりと浮く。
そして、きちんと地に伏せていたはずのレティの体が浮いた。
どうしてと驚いている間に、さらに強い風がレティを攫う。レティがラクダの手綱を強く握りしめていると、その手首を誰かが掴んでくれた。

「殿下! 握り返せ!」


冒頭の経緯。というわけで、みんなばらばら。
デュークと再会したレティは、町へ。ソルヴェールの使者だと身分を保証してもらうための手段を考えていると、行方不明の第一王子フリートヘルムと再会。
無事、カリム皇子と会うことができたものの…

女帝制の砂漠の国のカリム皇子は、仕事をすると有能だが、うつうつと暗い言葉を吐く根暗な人物。その彼が今後どんな展開を見せてくれるのか?ダークホース的な人物になりそうで、要チェック。
初期にくらべ、ファンタジー色が薄くなっていただけに、この巻に来てのファンタジー展開に少々脳がおいつかなかったが、それはそれで。
砂漠の中で、デュークと再会できて喜ぶレティ様ってば、気持ちが溢れでてますよ。可愛い。
レティ様の方は、少しづつひびが入ってますよ。そのひびがどう影響するのか…デューク望みあるから頑張れ〜

石田リンネ 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧
おこぼれ姫と円卓の騎士 臣下の役目 石田リンネ
2015年09月13日 (日) 14:22 | 編集

おこぼれ姫と円卓の騎士 臣下の役目 (ビーズログ文庫)
2015/5/15
石田 リンネ (著)

---楽天---




おこぼれ姫と円卓の騎士
臣下の役目 

石田リンネ

ソルヴェール国で豊穣を祈るミモザ祭りを開催。準備に追われる未来の女王レティーツィアの元には、各国の貴賓が集い、彼女の騎士達も大忙しだ。一方、没落貴族のメルディは、レティの元婚約者が謎の死を遂げた過去の事件を調べ直していた。しかしその最中命を狙われ、瀕死の重傷を負ってしまう!メルディが命懸けで辿り着いた真相―それを知ったとき、レティは…!?
--------------------

前の巻でレティの見つけた軍師になれるかもしれない逸材メルディ。レティの元婚約者の謎の死の真相を追う彼は、何者かに狙われ、毒に倒れることに。
レティは、ミモザ祭りへ隣国から王子を招き、王婿探しを再び開始したものの…

レティの元婚約者の謎の死の真相とともに、騎士にするには意思の足りないメルディの成長が描かれます。
シリーズの冒頭に多かった、騎士に授けられる不思議な力などのファンタジー要素はほとんど見られず、王としてキレイ事ではすまない苦い選択を引き受ける覚悟を決める姿がリアリティあふれ、ますます格好いいレティ様となっております。
恋愛面では、大きな進展は見られないながらも、無自覚だったレティ様が、いよいよ自分の気持ちに気がつくという局面を見せる辺り、読者的には嬉しい。というか、その気づき方は、あまりにも客観的過ぎて、レティ様らしい…。

あらすじ
ソヴェールの三大侯爵の一つである、クラインシュミット家の末息子メルディには将来の見込みというものがなく、没落してしまった今となっては、才能を活かす政治の場への後ろ盾を期待することもできず、無為の日々を送っていた。
そんな彼は、レティによって、もう一度前向きに生きてみようと決意。
レティによって、グイード殿下をはじめとした、様々な人物を紹介され見識を深める場を与えられる。

ミモザ祭りのため、各国の招待客が続々と王宮に到着し、レティは新たな王婿候補に目を向け、忙しいさが増す中で、メルディは5年前の変死事件マティアス・クラインシュミットの死の真相を調べ始めた。

皆がそれぞれのできることをしている中で、アストリッドだけは何も頼まれず、どう手伝ったらいいのかわからなかったので、一歩引いて見ているだけだった。

「俺も何か手伝いましょうか?」

「いい。一人ぐらい、本当に関係ない場所から眺めるだけって奴も必要だから、お前は何もしなくていい。違う視点は必ず用意するべきだ」


冒頭の経緯。客観的なアストリッドに数字を託し調べを進める中で、メルディは毒矢に倒れた。メルディを助けるために、白い医師団への推薦状が三枚必要なものの、隣国誰に頼むべきか、取引の札は残しておきたい所。
ミモザの乙女に選ばれたメアリがデュークに告白することろをレティは見てしまい…

婿候補は箸にも棒にもかからない男どもで、さらりと却下されております。それより、メアリとデュークの場面を冷静沈着に分析しつつも、気になるようで、ムフムフ。
元婚約者の死の真相が明らかになり、一時はレティの婿決定か!?と、ヒヤヒヤしただけに、苦い部分を包み込むような王としての懐の深さを見せてくれるレティ様にうっとりしつつ、スッキリと終わって嬉しい。
デュークのレティ様への優しさは読者的に美味しい部分。
でも、レティ様の気持ちとしては、否定的でかなり怯えていらっしゃいます。気負い過ぎるレティ様がちょっと不憫。

登場人物が増えすぎて理解しきれなくなってきた。
次の巻は砂漠?

石田リンネ 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧


おこぼれ姫と円卓の騎士 10  二人の軍師
2015年05月06日 (水) 18:50 | 編集


おこぼれ姫と円卓の騎士 10
二人の軍師

石田 リンネ

責務が重なり、未来の女王レティーツィアは多忙だった。騎士のデュークが仕掛けた悪戯にも気づけないほどに。手痛い助言を受け、レティはいよいよ己の頭脳となる『軍師』役を決める。候補は二人―神出鬼没で謎に包まれた“天才”ゼノンと、没落貴族で出世の見込みもない“凡人”メルディ。ひとまずレティは、メルディのある可能性に着目し、視察に同行させるが…!?最強女王伝説第10弾!
-----------------

女王レティーツィアが今のままでは宰相も軍師も兼ねている状態。その激務と、彼女では考えられないゲスな策をも立てられる男を探しての10巻であります。
ひたすらカッコイイレティー様ですが、ここのところマンネリとも言える状態で、これだけ人集めてどうするのサと、思わなくもなかったので、この巻での彼らの敵といえる人物との遭遇に期待値大。

あらすじ
八人の騎士を集めたレティは、確実に王への道を歩んでいる。だが…
  忙しい。そんな単語を口にする暇もないほど、レティはやらなければならないことだけを済ませるという日々を送っていた。
ある日、見かねたデュークがついに行動に出た。

「殿下ならすぐに終わる。俺の休憩に付き合うと思って、少しだけ」

しかし、彼に飲まされたお茶には塩が。
「今の塩が毒だったら…」デュークは、注意力散漫なレティを諌め、頭脳担当者を選ばないかともちかけた。
それは宰相候補か、軍師を騎士にしろということ?

「下種(ゲス)なことをできる人がいい。しかもただの下種ではなくて、とびきりの下種」

デュークの提案の意図がわからないほどレティは愚かではない。
少し潔癖な精神をもつレティが何かを切り捨てなくてはならないような決断をためらったとき、それを迷わずに後押しする人間が必要だ。そしてそのとき、これはレティの案ではなく臣下の提案であるという形も必要だ。
国を司る王の輝きというものは、目映いばかりの純白である方がいい。
(しっかり考えているわね……デュークも)


冒頭の経緯。デュークの挙げた名は、”ゼノン”と”メルディ・クライシュミット”
正体のしれない”ゼノン”。それとは対象的な騎士学校を卒業後、家でごろごろしている優雅な身分の貴族。
メルディは、13歳で”先生”と呼ぶ男に師事し、天才的な才能を持っているが、活かす所もなく無為な毎日をすごしていた。
メルディを見定めるために”地方の河川工事の遅れの視察の案内役”を理由にしたレティ一行だが、メルディの父は、王妃の夫候補だと息子に伝え、メルディは警戒心を強める。
彼の従兄にあたるマティアスの死にレティが関連しているのではと彼は考えており…

盗賊団の襲撃、そして河川工事の遅れと、ある犯罪との関連。
メルディを暗い方向に引きずり込もうとする”先生”ゼノンの登場と対決の手に汗な展開。
特殊な町の地形と、古い遺跡の扉との謎をときながら、メルディの才能を引き出すレティの力量に萌です。

ラブ馬鹿としては、デュークとのイチャつきが極端に減ってしまって残念ではあるが、軍師の登場で読み応えのある駆け引きが面白かった。
マティアスはレティの夫候補だった人物。何の想いもわかないことに苦い思いを抱くレティは、その死の真相をメルディとともに追うようで、その辺り、続刊に期待。

石田リンネ 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク