本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
お嬢様の悪だくみ みどう ゆか
2014年01月19日 (日) 16:27 | 編集
お嬢様の悪だくみ (ルルル文庫)
(2013/09/27)
みどう ゆか

お嬢様の悪だくみ (ルルル文庫)

---楽天---

-----

お嬢様の悪だくみ 

みどう ゆか(みどうちん)

生きるためには悪事もやむなし!をモットーに、日々たくましく悪だくみを練るイケナイお嬢様のラウラ。叔父一家にいじめられて育つうち優しさを封印してしまったのだ。そんなラウラだが、うっかり騙されて極悪貴族に嫁がされて…と思いきや、ラウラの前に現れたのは相手の息子で美青年伯爵スヴェン!金と権力ゲットのため妻になろうと、スヴェンをたぶらかそうとするけれど…。トキメキラブコメディー!
--------------

身を守るために、日々たくましく悪を身につけたラウラ。しかし、裏をかかれ、意地悪な養父母一家から売られてしまった彼女は、そこで美青年伯爵スヴェンと出会う。
金と権力を手に入れるために、スヴェンをたらし込もうと、執事のゴードンを巻き込み作戦を錬るドタバタコメディー。

私は、この手のルルルの痒さがたまらなく好きだ。
みどうちん改め、”みどう ゆか”という割と普通のペンネームになられたためか、いつものぶっとんだ展開ではなく、方向性としては、宇津田晴様のご主人様シリーズに近い王道的な痒さがあるお話仕様。
ヒロインがアクの強いキャラなので、ヒロインに感情移入したい人にはおすすめできないのでご注意。
自称悪女を気取る、世間知らずなラウラの自己防衛的な前向きな悪巧みを、スヴェンを助けてあげたいと願う執事ゴードン的な立ち位置で生暖かく見守りながら読む本。
トキメキ痒くで楽しかった。

あらすじ
生きるためには、多少の悪事もやむなし  
それが幸せをつかむ事になるのだと、生々しい苦い苦痛の中でラウラは知った。
しかし、叔父夫婦の勧める縁談に、騙されたことを、嫁ぎ先で知った。
しかも、相手のダニエルは亡くなっており、その息子スヴェンが跡を継いでいた。状況が変わったことを叔父夫婦は知らない。
…これはある意味好機なんじゃないかしら
優良物件  そして、取って食いやすそうな上等の獲物だわ……!

ところが、必至のぶりっこアピールは相手に通じず、小指の先程の進展もなかった。
彼は不義の子という噂があり、屋敷に使える者達は彼にビクビクしている。情報収集の活動の場を広げようと塀を登ろうとした所を彼に見られてしまった。
必至でごまかしたけれど、作戦を見直さないと。

ありゃだめだな。爵位を狙う従兄のベッティルは捨て台詞まで能がねえ。スヴェンは天上を仰いだ。
父は領地を顧みず、領民は喘ぎ、必至に立て直している最中に、鬱陶しい横やりを入れてくる従兄のベッティル。そして、あのラウラも胡散臭い。
その夜部屋に忍び込んできたラウラを押し倒し、問いつめると、妙なことを言い出した。
その紐で俺を縛って花瓶の水を…こぼして、それから?

「『あらあら。あなたのベッドは局地的豪雨に見舞われたの?それとも…以下略…』」

「……あんた頭悪いだろ?」


中盤まで、圧縮して粗筋にしたので、かなり割愛しております。
いずれは都に帰るという彼をとどめるために、ゴードンと協力し作戦を展開。次第にほだされていく彼。
後半は、爵位を狙うベッティルは、村の子供を誘拐。事件解決のために彼と調査をする展開。
ラウラには、頭悪いだろ?と、スヴェンと一緒に突っ込みながらも、痛々しい方向の悪女っぷりが微笑ましく、常に前向きな彼女の行動に好感。
読み切りとしてスッキリと纏まっております。
ヒーローも、ヒロインも、もう少し上品な方が好みだったと感じるし、万人ウケする話とは言わないが、私は好きよ。

みどうちん 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧
八百万の恋わずらい 華麗なる恋の試練 みどう ちん
2013年09月14日 (土) 17:36 | 編集
八百万の恋わずらい 華麗なる恋の試練 (ルルル文庫)八百万の恋わずらい 華麗なる恋の試練 (ルルル文庫)
(2013/03/26)
みどう ちん

八百万の恋わずらい 華麗なる恋の試練 (ルルル文庫)

---楽天---

-----

八百万の恋わずらい
華麗なる恋の試練 

みどう ちん

高貴な龍神バイロンと結ばれ熱愛中のリーファは、呪術師討伐期待の巫女としても大活躍!そんな彼女のもとへ、なんと天ノ国から龍神一族の族長親子がやってきた!これはまさかの花嫁チェック!と警戒するバイロンをよそに、美しい曲者親子の過激なお願いを、リーファは次々と叶えていくが…。『リーファの存在がバイロンを殺す?』衝撃的な事実を突きつけられ、二人の真実の愛が試される!巫女と神様の極甘ラブコメディ。
-------------------

バイロンとリーファは幸せいっぱい。そんな中、嫁チェックに来た族長である伯父のシェンレイと、娘のヘイムは、結婚に反対のようで…?

一巻が楽しかったので、続編が出てくれて嬉しかったのだが、意地悪の程度がヌルくて、つついて遊んでいるのが見え見えだった辺り、彼らの他に何か話しを絡めて欲しかったナ、というのが正直な感想。
とはいえ、アクの強いキャラ達の行動は楽しく、嫌がらせのつもりでも、前向きなリーファには通用しない辺り、雑草以上の根性で大変楽しいお話
龍神バイロンの熱愛は過保護すぎて、彼女を駄目にしていると彼が気がつくまで。

あらすじ
  未来の伴侶が見つかりました事をご報告  

バイロンの手紙を受け取った彼の伯父である族長のシュイレイと、妖艶な娘のヘイムは突然中ツ国にやってきた。
(黒いバイロン様……?)
粗相を働かないように、必至にお行儀よくするリーファに、ヘイムは蠱惑的に片目をつぶってみせる。

「あの!よろしければ、ご用事をお手伝いします!」

本当は何を企んでいるのかと問いただすバイロンに、シュイレイは 利用したくなるような妻ではないことを理由にあげ、「君に恋をしろと言っていたわけではないんだよ」と微笑みかける。
リーファの人のよさにつけ込むように、次々にくだらない用事を言いつけはじめた二人だが…


婚活をすると言い出し騒動寸前でも、リーファにかかれば、あっというまに解散。ゲテモノの生き餌を所望されても意地悪などと微塵も思わず頑張っている彼女。
そんな彼女も、ヘイムがバイロンの過去を知っていることにヤキモキしたり…
彼らの住まう龍の国は戦神の国。弱い心では生きて行けないことを、バイロンに思い出させるシュイレイ…
バイロンは、彼女を信頼し、見守ることができるのか?

バイロンの両親のことや、彼のリーファには知られたくない秘密もありで、オタオタしているバイロンに笑う。実際、試練に感じているのは、イチャイチャを邪魔されるバイロンのようで、楽しス
でも、一巻のスピンオフって感じでオマケ感が強かったナ
リーファの上司兼父役のジンエン君にはもっと活躍して欲しかった。ヌゥ。

みどうちん 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧
八百万の恋わずらい  みどう ちん
2013年06月06日 (木) 23:17 | 編集
八百万の恋わずらい (ルルル文庫)
(2013/01/25)
みどう ちん

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)


八百万の恋わずらい  

みどう ちん

神々の婚活を支える―八百万神教団の結婚相談省。そこで働くリーファは、能力は高いものの頓珍漢な婚活支援で『縁壊し』とまで呼ばれる落ちこぼれ巫女。そんなリーファが、高貴な龍神様の婚活導師に指名され!?「神の直感だ。彼女はきっと私を幸せにしてくれる」そう言ってくれた美貌の龍神バイロンのため、リーファは最高の花嫁探しに奮闘するが…?純粋ド天然巫女と、結婚したくない腹黒神様との婚活ラブコメディ。
----------------

中華の神っぽい架空の世界。結婚相談省のリーファが必至に世話する龍神様にバイロン。
ちょっぴり腹黒い彼は、結婚するつもりはなく、健気に頑張るリーファに罪悪感を感じながらも、その一途さに惹かれていくお話。

独特の笑いのセンスのある、みどうちん様。
今回は、割と万人受けしそうな王道ラブコメ。
ルルルらしい背中の痒い話で楽しかった。
もう少し、気持ちの深い面でキュンとなる部分を彫り込んで欲しいと感じつつ、バイロンの罪悪感とねじれた感情、その後の惚れっぷりはイイ。
イェンの妙にその辺のアホな兄ちゃんっぽい喋り方も、ジンエンの焼きもちっぷりも、強烈ながら出しゃばりすぎない所も好感。
ラストの馬鹿&阿呆カップルの完成に笑った。

あらすじ
  結婚相談省。八百万神教団の神職による、神のための結婚支援機関。神どうしでは子ができないため、下界に住む人間達から探し出す。結婚までたどり着けない神のために、結婚導師と呼ばれる神職が成婚まで段取をつけることもある。
リーファは、能力は高いものの、突飛な思いつきで出入り禁止をくらい、いつまでも下っ端の淡桃の装束。
そんなある日、宝飾で飾られ派手に迎えられた結婚相談省長官ヨーヤムの娘メイラン。どうやら、高貴な神様の見合い相手としてやってきたらしい…

魍魎が再び姿を見せ始めたと知らせをうけ調査に来た、白龍バイロンと、側近イェン。
「バイロン様、髪乱れてんじゃねっすか。それやばいっす」
そんな二人に声をかけた長官ヨーヤムは、素晴らしい娘がいるから紹介したいと言い出した。あてがわれた伴侶と結婚する気はないと断りをいれたバイロンに、それなら結婚導師を紹介すると言い出した…
バイロンの目に一人の少女の姿が映った。

「私は彼女のことが気に入ったんだ。神の直感だ。彼女はきっと私を幸せにしてくれる」

その言葉にリーファは今までにない感動を覚えた。

「もちろんです、お任せください!」

一度も縁をむすんだことのないリーファ。上司のジンエンはバイロンの考えを見抜いていた。終わらせるつもりのない婚活をしようと…


という前半の布石。中盤は、彼女に安らぎを感じ、守りたいと思いつつ、笑顔を崩すことが、心に平穏をもたらすことになる矛盾に苦しむ彼。
無理矢理にでも、バイロンを射止めたいメイランは我がままの限りをつくす。
空間の裂け目から出る魍魎。誰が関係しているのか?
バイロンとリーファの間に嫉妬するメイランの罠にハマり、リーファは投獄されてしまった…

というわけで、リーファも自分の恋こころに次第に気がつく可愛さあり。でも、バイロンは割と強引に欲望に忠実。リーファの心臓病で逃げに笑う。キャァ。
バイロン様、キラキラして素敵です。もう、目も当てられん馬鹿カップルっぷりが痒くてたまらない後半。
話としては、たいした話ではないのだが、彼らの掛け合いは楽しく、お互いに対する余計な気を回しすぎた末のリーファの空回りなど、トキメキポイントは押さえていて、ラストまで楽しめた。

続刊あり。まだ未読だが、
ルルルの法則として、読み切りが好感だった場合、スピンオフ的に一冊出すが、シリーズにはならないと思う。

みどうちん 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧

八百万の恋わずらい 華麗なる恋の試練 (ルルル文庫)
(2013/03/26)
みどう ちん

八百万の恋わずらい 華麗なる恋の試練 (ルルル文庫)
彼氏☆カフェ イケメン彼氏はじめました。 みどう ちん
2013年02月07日 (木) 16:59 | 編集
彼氏☆カフェ イケメン彼氏はじめました。 (ルルル文庫)
(2012/10/26)
みどう ちん

彼氏☆カフェ イケメン彼氏はじめました。 (ルルル文庫)

---楽天---

-----

彼氏☆カフェ
イケメン彼氏はじめました。

みどう ちん

玉櫻女学院の『櫻の君』こと早乙女夢子は、容姿端麗で文武にも秀でた麗しき乙女―というのは表向きで、本性は可愛い女の子が大好きなちょっとアブナイお嬢様。そんな夢子が、偶然入ったカフェでしたオーダー。それは、人の精気を食べる淫魔との彼氏契約だった!「骨の髄まで誑かしてやる!」セクシーな俺様淫魔と、過去のトラウマから男が大嫌いな夢子とのドキドキ恋愛攻防戦の行方は!?抱腹絶倒のトキメキ・ラブコメディ。
------------------

読み切り作品5作目のみどう ちん様。
弾け方がいい感じに楽しいいコメディーになっておりまス。
男嫌いの夢子と、魔力の通じない淫魔の彼氏アラン
怯える彼女に少しずつ近づくうちに、いつしか恋の芽生える王道なお話ですが、楽しい弾けっぷりと、ルルル乙女コードぎりぎりのラストのねっとりした食いつきっぷりに、ちょっぴり赤面のトキメキ痒いお話でした。

あらすじ
文武両道、副会長二年、玉櫻女学院の『櫻の君』と敬われる早乙女夢子は、今日も可愛い女の子に囲まれて、ご機嫌。そして彼女は、大の男性嫌い
つつけば泣く。やんちゃな男子に泣かされた幼い夢子は、男を害虫だと忌み嫌い、女を神格化するよになった。
しかし、生徒会長から来年から男子校との共学になると告げられる。
もはや、決定事項。男子嫌いを克服するべきだと言われた夢子は、自ら毒をもって毒への耐性をつけるべく、害虫の中に飛び込む覚悟をきめた!
たちまち、学区外で多数の男に囲まれる夢子。パニックに陥った彼女が迷い込んだ先にいた、同じ高校の女子生徒に誘われるまま入った流行のカフェは、『彼氏カフェ』
ここで食べると、彼氏ができるらしい…?
『さわやかトモヤの青春焼きそばパン』他メニュー60品
タブレットから減ったり増えたりするメニューを不思議におもいながら頼んだのは、『セクシーアランのふしだらティラミス』
<決定>

寮の部屋に眠る夢子の部屋の窓に現れた男には、金髪の髪とそれに埋もれる二本の角。切れ長の双眸は楽しげに細められている…

「甘い一夜にしようではないか。…俺の可愛い彼女」

「いやあああああああ!私に触るな汚物汚物汚物!!せやぁッ!」

夢ではなかった。学園に教師として潜入してきたアランは俺様淫魔。カフェは、狩り場であると同時に、強欲な淫魔を取り締まる保安的な意味もあると知らされた夢子。
アランは契約した娘からしか食事できない。彼女に魔力は通じなかった。強引に迫ったアランは夢子を泣かせてしまった…
どうしたら、男嫌いが治るのか?
一日一タッチから始めるが…

「……夢子を傷つけるのは嫌だ」


後半は、弱るアランと、彼女のジレジレした関係と、狙われた学園。彼氏カフェの追う淫魔との対決の展開。
おとぼけで、憎めないアランと、夢子のやりとりにクスッと笑う。アランの優しさが楽しく嬉しいトキメキ痒い。彼氏カフェ楽しそうだナ。メニューに吹いた。私は…ダンディマイケルの…激しく悩むッ!
皆様も、悩んでくださいナ。
あぁ、それにしても、ラストの夢子様の豹変ぶり…アランに対してのデレに笑った。
展開は先がよめるし、万人受けな作品とは言わないが、ラブコメディーとしては面白かった。

ところで、夢子の通う学園は、お嬢様設定なのだが、夢子は繊細な乙女達だと愛でていらっしゃいますが、生徒会以外はレベルひくくネ?マジ、うける〜。は、どうヨ?

みどうちん 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧
人形姫と身代わり王子  みどう ちん
2012年08月07日 (火) 18:16 | 編集
人形姫と身代わり王子 (ルルル文庫)
(2012/06/26)
みどう ちん

人形姫と身代わり王子 (ルルル文庫)

---楽天---

------

人形姫と身代わり王子  

みどう ちん

みどうちんの描く摩訶不思議なラブコメディー。泰平苑家の当主・撫子は、生まれた時から魔界の王子と政略結婚することが決められていた。なぜなら、撫子の家は、代々魔界と人間界の境界を守護する家だからだ。普通の娘は、嫌がる政略結婚。しかし、撫子は違う。ヴァリーとの結婚生活を夢見てきた変わりもののお嬢様。ところが現れたのは、恋い焦がれたヴァリーではなく…爆笑必至の恋物語。

-------------

おもしろかった。
身代わりものです。ヒーローが身代わりです。兄の臭い台詞を無理して吐くため、破綻した性格で登場。面倒になって速攻でバラして、以後、嫁!嫁!と、嫁をからかう楽しそうな彼。
身代わりモノらしく、二人の気持ちの変化と身代わりでしかない切なさが、いい感じにキュンでした。彼視点でのキュン要素が多く、撫子の恋の自覚は薄く、思い人であったヴァリーへの罪悪感と、彼が来ると体の異常、胸焼け(?)に悩まされている所は、痒い。
コメディー要素の多い みどうちん らしく、偽装夫婦を装う二人のムリなやり取りは楽しかった。

あらすじ
泰平苑家の当主・撫子は、魔界の王子と政略結婚することが定め。しかし本人は、ヴァリーを慕っており、今日の日を楽しみにしていた。
一方魔界では、婿入りするはずの王子ヴァリーが、行方不明になり、魔界と人間界の不可侵条約のための結婚をおろそかにはできないと、瓜二つの弟王子テオドルは、有無を言う暇もなく身代わりをさせられてしまう。
 式も終わり、テオドルは魔界に連絡と愚痴をこぼしていたが、それを撫子に聞かれてしまった…
痴漢呼ばわりの挙げ句に神通力が炸裂!
しかし、本物のヴァリーが見つかるまで、他にバレるわけにはいかない二人の関係。

「さっきのは『痛い』ではなく、『ああ、愛しさで心が痛い。でも興奮して神通力を浴びせるなんて反則だよ。…そんな奥さんも可愛いけど』と言いたかったんです。」

魔界との異文化の違いに戸惑い、彼女を気遣う彼、(スカートが短い!)そんな、意外な彼の優しさを知って行く彼女と、ヴァリーを一筋に思い続ける彼女の無垢さや、魔族と人間の関係を思いやる純粋さに惹かれ始めるテオドル。
兄は、彼女を置いてどこへ逃げたのか…
自分の内にこもる苦い思い…
そんな彼の寂しげで悲しげな表情に気がつき、自分の変化に戸惑う撫子。

「わたくし、おかしいんですの」
「今更気にしなくてもいいと思うぞ。初めて会った時から嫁はちょっとおかしかったし」

後半は、別の封印場所が破られ、兄との関わりを感じるテオドル。猫耳と逃げた兄と事件の顛末は?
罪悪感を感じてしまうほうが先なので、恋が先に来ないのは、心理的に仕方ないとが、彼に膝枕してしまった彼女のキュンとした想いは転がる。
ノリ突っ込みが楽しく、しかしキャラの会話だけで押しているわけではない、読みやすい文章。魔界と人間界といいつつも、難しい話はなく、読み切りで、スッキリと纏まって、軽くよめまス
絵が可愛いい。二人の無理なイチャイチャの絵は楽しかった。
赤き騎士と黒の魔術師』よりは、お笑い要素は少なめですが、身代わりものの話は好きでス。

みどうちん 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧
赤き騎士と黒の魔術師  みどう ちん
2012年05月23日 (水) 19:12 | 編集
赤き騎士と黒の魔術師 (ルルル文庫)
(2012/01/26)
みどう ちん

赤き騎士と黒の魔術師 (ルルル文庫)

---楽天---

---

赤き騎士と黒の魔術師  

みどう ちん

誰からも恐れられる黒の魔術師・ユハ。その姿は大変恐ろしく、無数の蝙蝠と黴を飼い、それを食事としている…と、世で語られている。絶大な力を持つ魔術師は、国の宝。警護する騎士の存在が欠かせない。だが、その恐ろしさ故、3日と任期がもたないのだ。満を持して派遣された女騎士・ビビアナ。ビビアナには、その任が務まるのか…。

-------------
侍ニーティ』を思い出させる、引きこもり魔術師と、熱血野郎な女騎士・ビビアナとのお話です。
引きこもって、ウン百年、世間知らずでズレすぎている魔術師を引っぱり出す使命を帯びたビビアナの奮闘はかわいい。もちろん、彼女のズレた気合い思考の純粋さに、感化されていく魔術師・ユハとのやり取りが、コミカル。
彼が引きこもった切っ掛けや、彼を守ろうと誓うビビアナの必至さが、いい感じに緊張感もありで面白かった。
彼女のうルうルの大きな、瞳の絵は可愛い。グはッ

あらすじ
国を守るために魔術師・ユハに協力を求めるためた騎士達は、悲惨な末路をたどった。送り込む部下のいない魔術師団付き特殊警護隊(白騎士隊)の隊長であり、第六王子であるディノは、副隊長ガイスカの同情心を無視し、女騎士・ビビアナを任命する。
熱血根性怪力娘、教官殺しの二つ名をもつ 女騎士・ビビアナ
何故自分が任命されたのか、一抹の不安を感じながらも、踏み込んだ先にいた人物は、美しい男だった…
この国の民の願い、各地の浄化の手伝いをするために外に出て欲しいと訴える彼女に、彼は騙そうとしてもそうはいかないと、にべもない。彼女は従僕として奉仕するため、彼に仕事を与えられる…
蝙蝠を30匹捕まえ、捌き、生皮と内臓に分け、生き血を…(割愛)
なんなく仕事をこなす彼女は、気合いを込めて骨を砕く…
怨念ではなく、気合いのこもった素材に、ユハは新しい御守の開発につながった…?
彼を理解しはじめたビビアナ。
率直で素直な彼女を気に入ったユハ。
しかし、ビビアナは白騎士隊の任務として、地方の浄化に同行するために、ユハのもとを留守にるすことそして、彼に同行してほしいと告げたが…

「……今はお前も怖い」

国を愛するユハの壮絶な過去…
アスセシオンとは誰か…
何故彼は、問題ないと言い張るのか…


不敗妖精(ゾンビ妖精)の御守は、嫌がらせだとしか思われていない。そんな誤解された彼を理解していくビビアナの気合いの入った奮闘ぶりは、可愛い。
ラストのおノロけ報告書に、笑った。
こんな報告を上司にしていることをユハが知ったら、また閉じこもりそうだ…
ビビアナと会話もそこそこになってしまった、村の友人カミロなど、彼女の人物面など、知りたい~
おノロけ自覚ナシの彼女が自覚するところがみたい~~
と思ったが、やはり読み切りだった。ちょっと残念。

みどうちん 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク