本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 糸森環
2016年11月27日 (日) 18:38 | 編集

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)
2016/10/1
糸森 環 (著), 宵マチ (イラスト)

---楽天---




令嬢鑑定士と画廊の悪魔

糸森 環

「契約する。私に飼われなさい」「愛するようにお仕えしよう、お嬢様」絵画好きな伯爵令嬢リズは、叔父の雇った画廊臨時管理人ジョンに「あんたをくれ」と告げられる。しかし、それは愛や恋でなく、リズが持つ絵画に潜む悪魔を見抜く『至聖の目』が欲しいから。実は悪魔のジョンに、契約を迫られたリズが出した答えは―自分が悪魔を飼うことだった!?型破り令嬢と毒舌悪魔の絵画を巡るラブファンタジー!
—————————

絵画に無意識に込められた神への冒涜”歪画”(ひずみが)には悪魔が住み着く。
リズは、”歪画”を見抜く『至聖の目』の持ち主であり、悪魔ジョンに目をつけられたリズは…。

図象がテーマのファンタジーです。
幻想的な風景を描くのがすごぶる上手い作者。
文字だけで、悪魔の棲む歪んだ絵画の、美しくも禍々しい様を表現してくれます。
かなり落ち着いた雰囲気の作品。ヒロインが”内気を装った怠け者”でひねくれた部分のある人物なので、悪魔ジョンとの”愛するように仕える”という契約から、ちょっぴりときめきそうになるあたりが可愛いです。
ただ、初期の頃の作者の作品に感じられた躍動感や、えぐるような内面の描写は少なく(一巻目だし今後に期待)、説明的な部分が多いためテーマ的にも人を選びそうな作品かも。
私は気に入った。
続刊待ちでジリジリしなくてすむぶん、絵画ごとに話が一区切りするのは嬉しいかな。
ジョンが探している悪魔が見つかるまできっちり描ききってくれることを祈!

あらすじ
青から、暁。黎明の色を瞳に閉じ込めた旅人の絵は、リズ・ミルトンの宝物だった。
滞在費がわりに贈ってくれた絵画。
彼はその絵に『しろがねの娘』という題名をつけた。
リズがモデルだ。
しかし画布に描かれていたのは娘ではなかった。
そもそも人間ですらない。
魚だ。
一匹の魚が白銀の尾びれを揺らめかせ、月星夜を優雅に泳いでいる。
リズとの類似点を無理やりあげるなら、色彩だろうか。リズの髪も、星の光を束ねたような白銀だったので。
誰かに呼ばれて振り向いているかのような構図だ  

「なにもおかしくはないさ。君は魚の素質を持っている。そのせいで、不可思議な存在が見える」
「君は隠れ家に潜む悪魔を見抜く、魚座の子なんだよ」


冒頭の経緯。人には見えないものが見える言動を虚言癖とされ、祖母の家に預けられて育ったリズは、17歳になり都の屋敷に呼び戻され、思いがけない事態に直面していた。母親のヴィルマが選んだ婚約者候補は納得できないほどいい男なのだ。現実逃避など無理だとわかってはいるが束の間の気晴らしに、叔父のハインに連れられ、彼の経営する画廊に足を運んだ。
だがそこにあるのは、”混沌の坩堝”(るつぼ)黒っぽいモヤに包まれた禍々しい物件と、不安が胸に広がる絵画  
そして、最近働くようになったという鑑定士のジョン。
「俺よりも絵画を眺めてはいかがか」「身売りはしていない。金を積んでも俺は買えませんのでね」

訳ありどころか、悪魔だというジョン。彼に目をつけられたリズは命の危機!?…二人の契約の駆け引きが一番の見どころなので、そのあたりはヒミツ。
家族との距離を感じているリズは内面に孤独を抱えた少女なのだが、口うるさい母や姉のツンデレと関わり、しだいに彼らを理解するあたりは嬉しい展開だった。
悪魔ジョンは、甘いです。糸森作品のヒーローの言葉はいつも甘くて背中が痒いのだが、それが悪魔の言葉なのでうっかりときめいてはいけないあたりが、ポイントなのであります。
悪魔ジョンの探す悪魔や、プロローグの旅人さんなど、謎が多いのでそのあたりが今後楽しみ。
もちろん、絵画の図象の美しい比喩も謎解きも!!


糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
階段坂の魔法使い 恋で射止めた水曜日 糸森環
2016年10月27日 (木) 18:01 | 編集

階段坂の魔法使い 恋で射止めた水曜日 (角川ビーンズ文庫)2016/7/30
糸森 環 (著), 山下 ナナオ (イラスト)

---楽天---




階段坂の魔法使い 恋で射止めた水曜日

糸森 環

「僕は、君が好きだ」ヴィクターの言葉に、ジュデイは泣きたくなる―もう拒めない。けれど、“呪い”のせいで一生触れることもできない私が、好きだと言って恋を返していいの?そんな中、商談で出向いたゴットニーで、ジュディが“魔女”と糾弾される事件が起きる。その時、ヴィクターは…!?「魔法使い。私に、永遠の魔法をくださる?」―愛しい魔法があふれ出すラブ・フェアリー・テイル、ついにフィナーレ!
——————————

紹介文に”ついにフィナーレ!”となければ、最終巻だと思えない終わり方に、ちょっとびっくり。
二人の気持ちは通じ合ったし、ヴィクターが何者なのか判明することになったけれど、呪いに関しては何も解決していないのです。
かなり期待して楽しみにしていただけに、ちょとショックで放心状態。
え、ホントに、おわりなの?

あらすじ
ヴィクターから送られてくる手紙で、ジュディは朝から羞恥心の海で溺れそう。
そんなある日、郵便事業拡大のための下準備に九月の第1週は工房を閉める予定だとヴィクターから聞かされる。石鹸の注文販売を受け付けることを考えおり、ゴットニーの町での展示会へみんなで行く予定だという。

「私も行っていいの?」

「もちろんだ。君も工房の人間だよ」


冒頭の経緯。ジュディはエインズワース夫妻からの手紙をいまさらのように感じ、両極端な感情に、心が乱される。それでも、ゴットニー町では心ゆるせる仲間たちやヴィクターへの甘い言葉にときめいていた。だが、ヴィクターがある令嬢を偶然手袋なしでエスコートしたのをきっかけに、ジュディは温もりを分かち合えない現実を突きつけられ、落ち込んでしまう。
一方、ヴィクターも”永遠にこの女性と結婚しない”と誓ってしまった言葉に抵触する行動に縛られ、体調不良気味。そこへ、ジュディは魔女だと罵られ大騒ぎになる事件が起きてしまい…。

この展開から、後半になってもシリーズの終わりを感じない。
最後に強引にまとめた雰囲気なのだが、まとめきれていない。
街の人たちから慕われる郵便屋さんってことで、みんなの力を借りて口にできない言葉を手紙に託した告白だったので、それはそれで素敵だったのだが、フィナーレ!と言われると”え!?”と叫ばずにはいられない。
呪いに関して何か壮大な設定があったような雰囲気だっただけに、肩透かし感が半端ない!
第2部をいつか書いて欲しいものだぉ。
くすん。

糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
階段坂の魔法使い  やさしい魔法は火曜日に 糸森 環
2016年05月18日 (水) 21:28 | 編集

階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に (角川ビーンズ文庫)
2016/1/30
糸森 環 (著),

---楽天---




階段坂の魔法使い
やさしい魔法は火曜日に

糸森 環

手ひどい言葉でジュディを拒絶した“階段坂の魔法使い”ルイス。だけどジュディは彼が変身した銀狼リンに優しく、寂しい素顔を覗かせる。その内面を知れば知るほどルイスはジュディに惹かれていく。一方ジュディは“眠らせ姫”の自分を抱きしめてくれたルイスを想いつつも、口の悪い美青年ヴィクターのことが気になっていた。その二人が同一人物とも知らず―やさしい魔法があふれ出すラブ・フェアリー・テイル、待望の第2巻!!
-------------------

近代化が進み、魔法が消えていく世界。人を触ると眠らせてしまう呪いを受けたジュディが、婚約は破談になったとはいえ、魔法での鳥獣郵便局での仕事に自分の居場所をみつけるまでの一巻。
2巻は、魔法使いルイスから完全に拒絶されてしまったにもかかわらず、自分を恐れることなく抱き上げた彼に気持ちを寄せているものの、ジュディに毎夜ツグミの歌を届けてくれる口の悪い美青年ヴィクターへの気持ちも次第に大きくなってきて…

呪いをかけられた鳥獣郵便局の主人である魔法使いルイスは、出会いの気まずさから、青年ヴィクターや狼のリンの姿での三重生活でジュディの周りをウロウロしております。
そんな不器用な二人の恋愛面での成長はかなりのもので、かける言葉を間違ってしまうルイスの苦い気持ちも、どんどん自信を失い気持ちが折れていくジュディにも、キュンキュンです。
ファンタジーに、英国の歌や作家の話を少し加えてリアリティーを出しているあたり、粋です。ここ最近で一番気に入っております。

あらすじ
見本鳥獣郵便はすべて魔法製だが、元は一枚の便箋なので放置するとどうしても紙質  毛並みが『劣化』して蚤がついてしまう。
そのため、ときどき虫干し……つまりブラシをかけて手入れをする必要がある。
使用人に抵抗しながら、恥ずかしそうに現れたリンにブラシをかけていると、話は自然とルイスやヴィクターとの関係になった。

全員が詐欺師でも見るような目でルイスに目を向けた。
「やっぱり私の視界を開いてくれたのは魔法使いだわ。彼のおかげで人生に魔法がかかったんだわ」
もはや全員、無垢な乙女を騙す悪魔でも見るような目つきに変わっている。もうどうにでもしてくれ。

「だから、結婚の話はこれ以上いらないかなって」


冒頭の経緯。そんなお茶会気分の午後、突然現れた5番通りの国営郵便局の新しい局長とその息子クリフが現れた。ジュディの呪いを知った上で興味本意の挨拶をかける失礼な態度に、ジュディは不安を感じ…

ヴィクターの送ってくるツグミの歌の硬貨の数はいつも違う。それは彼の気持ちを表しているのか?ルイスとヴィクターへの気持ちに揺れる乙女心を見守るリンは、悦に入ってのんきそものも。でも、高慢なクリフや、ヴィクター(ルイス)のかけた言葉で傷つくジュディスに、ルイスも自分なりに考え始めるのです。
ふぉぉ。笑う。
彼のかけられた「十字軍の罪悪による」呪いに関しては進展なしですが、ルイス以外のあの人物の呪いなど、いろいろと明らかになり、今後の展開が楽しみ。

糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 糸森環
2016年02月22日 (月) 22:35 | 編集

階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)
2015/8/29
糸森 環

---楽天---




階段坂の魔法使い
恋からはじまる月曜日 

糸森 環

ジュディは触ったものすべてを眠らせる。その呪いのせいで恋人もできたことがないのに、悪い噂に事欠かない“階段坂の魔法使い”に嫁ぐことに!だけど、迎えに来てくれたと思った魔法使いの目的はジュディの採血だけ。「結婚?僕が?冗談じゃないね、生涯独身で結構だ」とジュディは拒絶されて…!?もどかしいほど不器用な、悪い魔法使いと少女のラブ・フェアリー・テイル!
--------------------------

産業革命が進む中で魔法の力が残る時代、可愛らしい動物達がメッセージを運んでくれる想像力をかきたてる世界感が、読者を魅了し、呪によって人に触れることのできない孤独な少女と、呪によって醜い姿に変えられてしまった魔法使いの、心あたたまるファンタジーに、読者は心を揺さぶられる。
続刊が楽しみになりそうな期待値大の糸森環の新シリーズ!!
(Fは折れたので新シリーズが始まって喜!続刊出てます↓)

あらすじ
「ジュディ、私もケニーもあなたを愛しているわ」
ジュディは微笑んだ。頑なに背を向けるケニーの傍らで、キャスリンはいつも瞳に罪悪感の影を宿してジュディを見ていた。笑っているときや冗談を言うときだって。「許して」という言葉がどんなときも溢れていたけれど、それをキャスリンが実際に口にすることはなかった。
「じゃあ、その……行ってきます」
告げてから後悔する。こんな別れの挨拶はキャスリンを傷つけるだけだ。

触ったものを眠らせてしまう呪いを受けたジュディは、両親を亡くしてから叔母キャスリンと叔父ケニーに引き取られ育ったが、唐突に結婚話が舞い込んできた。子爵からの要望とはいえ、急な話に戸惑いながらも、ジュディは迎えにきた魔法使いの弟子ロブと共に旅立った。
道中、黒い異形の獣の面を被った獣人に攫われたジュディは、馬車と変わらぬ速度で空を飛んでいることに気づき、血の気が引いた。
手袋を外して空中で眠らせたら、こちらまで真っ逆さまだ。

「階段坂の、魔法使い?」

『遅い。早く来いと言ったろう』

ところが、婚約先のウッドヴェルの町に到着すると、魔法使いルイス・M・ラトウィッジはジュディの血液と、唾液、髪を採取したあと、『生涯独身で結構だ』と出て行けと命じた。
どうやら、この話は弟子のロブが仕組んだことらしい。しかし、もはやジュディには行くところはない。
なんとか頼み込み、ジュディは魔法を使い伝言を動物の姿の声で届ける”鳥獣郵便”の仕事を手伝うことに。
だが、最近”鳥獣”が暴走する事故が増えており、現場へ飛び込みルイスの機嫌を損ねてしまい…

『いや、仮に結婚せねば邪悪な妖精が地上に溢れ出て国家存亡の危機に陥るのだとしても、この女だけはごめんだ』


冒頭の経緯。『今の言葉を永久の誓約の証とする』と絶対結婚しない宣言をした魔法使いルイスはさておき、ジュディはどうにか”鳥獣郵便”の仕事を覚えはじめ、町に居心地の良さを感じはじめていた。
どこからともなく現れた、もふもふした狼の子をリンと名付け、ジュディは知り合った男性と文通を始める…

というわけで、狼リンや、男性が何者かは、局員のロブたちと一緒にムフムフしてくれたまえ。
ジュディに近づく、男性は他にも。ルイスと袂を分かつエドモンドとは何者なのか?
ルイスが受けた”十字軍の罪悪”という呪いはなんなのか?
謎が増える、出会いの1巻となっております。
とはいえ、一冊の中でぐっとくる満足度の高い構成。
叔母の罪悪感や、ジュディがなぜ呪にかかったのかなどがラストに明かされます。自分の存在意義を見いだせなかったヒロインの孤独や恐怖が”鳥獣郵便”の事故で増していく中で、ルイスのひらめきによるヒロインの変化がとても嬉しく、温かなきもちになれる読後感でした。
相変わらず、呪はそのままだし、ヒロインがルイス本人だと気づかない状況のままですが、今回の悪役などの動きも続刊でどう変化するのか?お話の続きが楽しみなシリーズになりそうで、ほくほくと嬉しい。(発見した喜び!的な)
是非一読。

糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち 糸森環
2015年07月07日 (火) 00:19 | 編集


花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)
2015/4/28
糸森 環 (著),

---楽天----




花神遊戯伝
きらめく星屑のかけらたち 

糸森環

帰鼓廷を出て神様たちとともに、“のさらの地”へ向かう知夏と胡汀。その道中、結婚を意味する「ほぎの儀」を挙げながら進むことに!今まで暴君だった胡汀なのに、過去最高に甘やかされて知夏の羞恥心が振り切れそう!!(「日々に想う」)緋宮時代、知夏が緋剣たちに内緒でぬまごえ様と神々の事件を解決することに!?(「秘密の時間」)知夏たちの未来と隠された過去が明かされる、珠玉の短編集!!
------------

本編終了で、その後の2人が気になっているファンにとって、嬉しいかぎりの短編集です。
ぬまごえ様の思いつきで、”ほぎの儀”(結婚式)をすることになった知夏と胡汀『日々に想う』
2人の穏やかで甘いその後の日常を間にはさみながらの、かなり細かなSSの短編集。
かつての緋剣たちとの思い出のSSや、次世代の帰鼓廷で苦悩する春日、子供を産んだ白雨の話など、盛りだくさんの一冊。あらすじは割愛。

----目次----

日々に想う p5-46.
---
掌編BOX 緋宮と緋剣
緋剣たち p48-70.
緋宮 p71-77.
---
立春 p79-100.
---
掌編BOX ゆめかたり
ゆめかたり p102-111.
暁闇のさえずり p112-114.
安らかな日 p115-127.
---
秘密の時間 p129-148.
---
掌編BOX 緋宮と緋剣
Alice Hole p150-154.
あおいとり、散る、満ちる p155-159.
神事 p160-165.
冬の日 p166-167.
書に捧ぐ p168-175.
---
時の彼方 p177-193.
---
掌編BOX 緋宮と緋剣
雪の祈り p196-201.
贖罪の日 p202-215.
夢路 p216-218.
---
約束の花 p219-245.
---
あとがき
----
暦は夢見る


「我が君」と呼べと、胡汀ってば、デレすぎですッ!
静かに身を潜めて生きる2人だけれど、再会で時間が流れ出したような終わり方が、嬉しいね。
異世界召喚ものだけど、さらなる神々の異世界の壮大な話になって、現実の世界から来たことを物語から捨ててしまい、意味が見えなかったのは、気になるといえばなるけれど、これはこれで、面白かった。
もっと浸っていたいけれど、素敵な終わり方で、満足。

Fとか、その他の糸森環作品に、挫折してまったので、完結が嬉しい。

糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 糸森環
2015年07月06日 (月) 21:51 | 編集

花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 (角川ビーンズ文庫)
2014/12/27
糸森 環 (著)

---楽天---




花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 

糸森環

平穏な世界で制服を着て通学していた頃の私はもういない―知夏を慕う緋剣の伊織は異形に。都は悪鬼の巣窟に。次々と知夏の手のひらからこぼれ落ちる大切なもの。だけど、死を覚悟した彼女の前に現れたのは意外な人物で!?神世から続く悲しい連鎖を断ち切るために、知夏は緋剣たちとともに神を相手に立ち向かう!「すべての想いが繋がって、この瞬間へと導いてくれた」舞台は神と人との対決へ。大人気シリーズ、堂々完結!!
--------------------

荒神に姿を変えようとする伊織を止めようと必死な知夏。
しかし、そこに藤郎さんの  咲耶さんの父親が集団を引き連れて現れた。
飛んでくる矢の狙いは……!?
神世で花神の首を落とした龍神。花神殺しを再現すれば、蒸槻の未来は再び倶七帝の手に落ちる。香気根呪法。同じ言葉や事象を繰り返し、より強い力に変える呪だ。

「もしかすると、他に目的が」


完結巻です。
勢いのあるまま、完結してくれて本当に嬉しい。
ライトノベルとしては、驚愕のかなりの分厚さ。
巻を分けて、SS挿入で前後にわけてもいいところを、一気に完結させてくれた編集に拍手。
カラーピンナップ付き。

詳しいあらすじはラスト巻なので割愛。
戦いのパターンが単調に感じたり、登場人物の複雑さや、すっかり忘れた人物の再登場に混乱したりなど、気になる点は多々ありですが、それを差し引いても、絶望に負けず何度も打ちのめされては立上る知夏の頑張りが、泥臭いけれどぐっとくる素敵な作品でした。

  しっかり、私!!

彼女の叫びに応えるように、多くの助けが現れ、たくさんの人(神)に支えられながら、成長する姿が、読者としてもとても嬉しくなるのです。
知夏の天然と妙な言葉遣いに最初はイラッときたものの、胡汀を始めとした緋剣たちの古式然とした言葉に、トキメキよろめいてしまったビーンズ乙女は多かったのではないだろうか。

物語は終幕だが、短篇集で2人のその後を垣間見ることができます。
ここまで読んだら、是非一読。

糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク