本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
アリスン ハーレクイン作品まとめ
2015年06月15日 (月) 12:35 | 編集
アリスン


クールな男の眼差しにメロメロになること請け合いな素敵絵師。
アリスンの絵は、わたくし、鼻息あらくなりますっ

画像のリンンク先はアマゾン Kindle版
文字のリンクは、感想ヘ。
原作を読んでの感想なので、漫画と異なる部分もありですが、粗筋など参考にどうぞ。

--------
ハーレクインコミックス 99円セール Kindle
Kindle Amazon 対象タイトルは毎週更新!
--------
随時、気が向いたら更新していきます。(2015/06)

-------



麗しきレッスン  サンドラ マートン
ミシェル・リード (著)
キャァ♥だな。

-------



二つの顔を持つ恋人 ラミレス家の花嫁2
ミシェル・リード (著)

-------

彼が結婚する理由 ラミレス家の花嫁 1
エマ・ダーシー (著)

放蕩な父の遺言は、条件つきの多額の遺産と異母兄弟との再会。その条件とは、結婚し妻を身ごもらせること。

--------

華やかな牢獄
モディーン・ムーン (著)

薬漬けにされた妻を目の当たりにしたリチャードは、彼女を守り原因を追求する決意をする…

-------

不公平な恋の神様
ルイーズ・アレン (著)

--------


オリンポスの咎人1 マドックス 1
ジーナ・ショウォルター

アリスンの漫画からハマった人も多いのではないだろうか。そして、全部のシリーズをアリスンが書いて欲しかったと今も思っている人もいるだろう。そのくらいカッコいい。
--------

オリンポスの咎人 アーロン
ジーナ・ショウォルター

このお話はシリーズ中一番好き。そして、無表情系のヒーローの絵は一級品。
--------

オリンポスの咎人 女神の烙印_オリンポスの咎人
ジーナ・ショウォルター

--------

氷の伯爵
アン ・グレイシー (著)

原作よりアリスンのマグナスのほうが寡黙で素敵。原作はちょっと短気で饒舌。もちろん原作も面白かった。
タリーの”みすぼらしいドレス”のアリスンの感覚に笑った。
--------

拒絶された花婿
ヘレン・ビアンチン

一見冷たそうなルーカスだけど、あったかい人で素敵ヨ。
もちろん、ギリシア人らしく復讐はきっちりするけれど、それは彼女のため。なので、鬼ロマではないので注意。
--------

十二カ月の恋人
ケイト・ウォーカー

捨てられる前に彼の前から消えたカサンドラ。弟との仲を誤解し、彼女を取り戻すために申し込んだ結婚。
石段から落ち、記憶の欠落した彼は再びプロポーズするという展開。
ホアキンのクールな目と、熱い胸の内のギャップがかっこいい。メロメロ
ところで、弟あまり似てないネ。
--------


恋愛必勝の法則
ミシェル ・ダナウェイ

--------

舞い降りたヴィーナス
デビー ・マッコーマー

オリンポスから比べると絵的に劣るが、デビーの楽しいロマンスの雰囲気そのままにコミカルで可愛い。もっと彼女の家はボロかと思ったが、ログハウスいいじゃん。そして、彼の家思った以上に大きくて笑った。
--------

異国の誘惑
キャロル ・グレイス

原作と雰囲気どころか話もかなり違いますが、漫画も良いです。クローディア可愛い。
鬼ロマ
2014年05月10日 (土) 14:21 | 編集
鬼ロマ

私の中でおすすめな鬼ロマとはなんだろう?
愛の裏にある屈折した憎悪、理性と欲望、嫉妬、利己的な傲慢さ、優しさと衝動的な破壊。
王子様なんてとんでもない。
なんで、こんな男に惚れたんだ?と問わずにはいられないヒロインの惨めな境遇に共感と憐れみを感じながら、それでも求めつづける愛のために、一縷の希望をもちつづけ耐え忍ぶ。
そんな乙女達が、私は大好きだ。

だれもが、ダイッ嫌イ!と、叫ばずにはいられない男。
私が読んだ、あまり多くはない本の中からの、心に残った男達を紹介。
かなり過去に書いた、さっぱり要領をえない感想も混じるが、ご愛嬌。

鬼畜度ナンバーワンといったら、ダイアナ パーマー
ダイアナ・パーマー 読了一覧
の2000年代までの作品のほぼすべてが鬼野郎で有名ですが、その中でも、『白い薔薇のため息』『令嬢と荒野の騎士』こちらの兄弟は、ベビー級。とくに『令嬢と〜』のほうは、流産のプレッシャーが自分の体験と重なって、吐きそうになった。
単品で楽しめる西部もののヒストリカルロマンス。

もちろん、テキサスの恋シリーズの
キスして、王子さま』『大富豪と淑女』は、私の中で神扱いの何度も読んだ大好きな鬼ロマ作品。



----

地中海ロマンスの鬼ロマといえば、リン グレアム
あとくされなく楽しめる愛憎劇は、笑いあり涙あり。
リン グレアム 読了一覧
ばか==!とキュン転がれるハーレクインの人気作家。
完読した作品の中でも、おすすめの一部。
誘惑のチェス・ゲーム
ひれ伏した億万長者
復讐は恋の始まり

ミシェル リード、 サラ クレイヴンあたりも、鬼ロマで今後完読したい作家
復讐は炎のごとく ミシェル・リード
罪深きアリアドネ サラ クレイヴン

----
愛の陰影 ジョージェット ヘイヤー
ロマンスの祖といわれる作家の冷酷非情な男に惚れ。

----

ミランダの秘密の日記 ジュリア クイン
RITA賞 10歳からつづける日記。
「今日、あたしは恋に落ちた」その一文からはじまる、叶わぬ愛の言葉を待ち続ける乙女心がキュンな作品。
リージェンシーヒストリカル


----
偽りのあなたに真実の誓いを  サラ・マクリーン
RITA賞 10年思いを寄せ続けたマイケルへの手紙
闇に堕ちた天使達を光の世界に連れ戻すほど強い四つの愛のシリーズの一巻目。
光を求めながらも拒絶する葛藤は、暗く激しい

----

藁くじの花嫁 ダラス シュルツェ
こんな所に嫁に行きたくないで賞。
笑ってしまうコミカルな西部ヒストリカルロマンス。

-----

夜風にゆれる想い  ラヴィル・スペンサー
命を救ってあげたのに、その態度はなんなんですか!
リタ賞作家の西部ロマンス

-----

ヴァイキングに愛を誓って コニー・メイスン
ヒロインを魔女だと妄信するヴァイキングのワイルドな野蛮人

-----

恋の訪れは魔法のように キャサリン・コールター
19世紀初頭イングランドのヒストリカル
最初から最後までカッコいい見せ場がまったくない、「このうかれぼんち!」野郎。

----

熱い過ち ミシェル リード

ミシェル リードも、情熱的ですばらしい、胸キュンな鬼ロマが多いのだが、こちらは作者の中でも特異な作品。離婚した家庭に縛り付けられるダメ男とのロマ。

----
80年代は男性視点のないドラマチックな作品がゴロゴロしているのだが、こちらもすばらしい愛憎劇
愛のまなざし ゼルマ・オール 
 盲人の彼女と、歪んだ顔の彼。
砂の城 アン メイザー
 夕日を背景にした息子との再開が痛々しい鬼ロマ
恋する修道女  ヴァイオレット ウィンズピア
 俗世の喜びで誘惑する彼。修道女の無垢さが可愛らしいロマ
バラのざわめき リンダ ハワード
 ギリシア人の熱い情熱と激しい嫉妬。ドレス…酷いわ!
流れ星に祈って リンダ ハワード
 親友の死と妻を忘れられない彼。耐え忍ぶ愛です。
 
------
その他、随時更新したい。
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク