本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
愛されたくてついた嘘 アビー グリーン
2016年10月15日 (土) 21:30 | 編集

愛されたくてついた嘘 (ハーレクイン・ロマンス)
2011/6/17
アビー グリーン (著), Abby Green (原著), 高山 恵 (翻訳)

---楽天----




愛されたくてついた嘘

アビー グリーン

ローアンは、ホテルのロビーで弁護士を待っていた。夫の元にいる息子と面会できないか相談するためだ。じつは彼女は二年前、出産直後に病院から黙って姿を消していた。妻や母になる心の準備ができていないという置き手紙だけを残し、本当の理由は告げないままに。なぜならローアンと夫イサンドロの結婚は契約結婚で、もし真実を明かせば、契約に反すると思われただろうから。そのとき小さな男の子がロビーを駆けてきて、彼女の足元で転んだ。背後から父親らしき男性が現れる。まさか、そんな!顔を上げると、そこには氷のように冷たいイサンドロの目があった。(R2627)
——————————————-
copyright 2008
The Spaniard's marriage bargain

ローアンは訳あって夫と子供を捨てた母親。
なので、許すことのできないヒーローの拒絶と、理由も聞いてもらえない彼女の苦渋の悲しみがかなり重い展開の、涙なくては読めないロマ。
繊細な心理描写と、愛憎入り混じったハードな展開は読み応えあり。
ヒロインのとった行動は読み手によって意見が分かれそうだが、綺麗ごとで割り切れないだけに、痛い。
赤ん坊を抱えて経済的な混乱期を乗り切らざるおえなかったヒーローの気持ちも理解できるだけに、辛い。
でも、それを乗り越えて理解しあえた幸せは嬉しい読後感。

あらすじ
10分後には、事務弁護士と話をしなくてはならない。2年前、置き去りにした夫と……子どもに、どう連絡を取ればいいのか相談するのだ。
人混みに出るのは2年ぶりのうえに、ロンドンは大きな街だ。まさかまたこの街に来ることがあるなんて思ってもいなかった。
だめよ、そんなふうに考えては。私は大丈夫。もっと大きな試練にも耐えてきたのだから。
今日が、これからの人生の最初の日。新しい章の一ページ。もしかしたら……。小さな希望の鳥が、ローアンの心の中で羽をはばたかせた。もしかしたらもう一度幸せになれるかもしれない。
そのとき、小さな男の子が走ってきて、勢いあまって彼女の足元の大理石の床に転んだ。ローアンは思わずソファから下りて男の子を抱き起こした。
かわいい子。黒みがかった金髪に、オリーブ色の肌、大きな目は……すみれ色だった。めったにみない、独特の色。
ローアンはみぞおちを殴られたように感じた。
まさか、この子は……。


冒頭の経緯。ローアンは、ホテルで弁護士と待ち合わせの場所で、偶然夫と子供に再開することになった。驚きで気を失ったローアンは、イサンドロはの部屋で目を覚ましたが、彼女のかすかな希望を打ち砕くように、イサンドロは冷たく拒絶し、子供に会うどころか話も聞いてもらえなかった。
「あの子が生まれて数時間後に逃げ出したとき、君は母親でいる権利を放棄したんだ」そして、僕の妻である権利も……。

欲まみれで近づいたと思われているローアンを試すように、善意を証明するように要求するイサンドロは、一緒にセビリーニャに戻り、数時間だけ息子のザックと過ごすよう細かな条件をつける。二度と背をむけるつもりはないローアンは、彼の要求をのむが…。

自分に残された人生はないと思っていただけに、あの夫の拒絶のセリフはかなりきついが、ヒロインの絶望がひしひしと伝わってきてぐっときました。
かなりテーマが重くヒロインの鬱々が続く作品ではあるが、作者の中でも、かなり気に入っている。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
再会は復讐のはじまり アビー グリーン
2016年09月23日 (金) 00:31 | 編集

再会は復讐のはじまり (ハーレクイン・ロマンス)
2010/8
アビー グリーン (著),

---楽天---




再会は復讐のはじまり

アビー グリーン

なぜアレクサンドロスがここにいるの?所用でパリのホテルに出向いたカリーは、自分の目を疑った。かつて兄のように優しかった彼は、冷淡な“世界の海運王”に変貌していた。彼を変えたのは、やはり七年前のあの出来事だろうか。本当にカリーなのか?この七年、彼女に復讐することだけを思い描いて、ただひたすら仕事に打ち込んできた。なのに、いざこうして再会したとたん、欲望がもたげてくる。いやだめだ。彼女に味わわされた屈辱を忘れてはいけない。(R2526)
-----------------------------
copyright 2007
The Kouros Marriage Revenge

久しぶりに惹かれた相手が7年前に婚約を破談にさせ事業を危機に陥れたカリーだったことで、アレサンドロスは甘美な復讐を企むという鬼ロマ。
暴君の勝手な誤解に翻弄されるヒロインがキュンなお話だが、後半の彼はついつい彼女の身を案じて可愛いところもありで、楽しい。
ハーレらしいロマといえば、このあたり的な安定のクオリティー。

あらすじ
「カリー、どうしてキスなんかしたんだ?」

「あなたを……愛しているの」

あたりの空気が凍りついた。アレサンドロスの顔に激しい衝撃が走り、やがてそれは困惑から嫌悪へと変わった。
「カリー、きみが何をたくらんでいるのか知らないが、不愉快だ。ぼくは今夜婚約を発表することになっている。もしこんなところを見られたら……冗談じゃない」
彼の言葉に打ちのめされ従姉妹にそそのかかれてキスをしたことを後悔した。
だが追い打ちをかけるように、アレサンドロスは新聞を片手にカリーの両親と怒鳴りあいをしていた。婚約は破談となり、息子同然に付き合いのあったカリーの両親からは絶縁宣言を言い渡され…。

「カリー、ぼくたちは友達のはずだろう?それなのになぜあんなことをしたんだ? きみだけは下心のない純粋な存在だと思っていたよ。それなのにきみは友達のふりをして、何もかも暴露したんだ」

いったいなんの話をしているの?
「暴露って  


冒頭の経緯。タブロイド紙にキスの写真とカリーに打ち明けた話が暴露され、カリーは女の友情の気安さで従姉妹を信じたことを後悔した。それから7年、カリーの両親は亡くなり、彼女自身はPR会社を立ち上げ、軌道に乗せることに成功した。一方で、叔父の事業は傾き、かつて両親と絶縁したアレサンドロスとの取引を始めたという。
カリーはパーティー会場で彼と再開。7年前の復讐を考える彼に、相続のための契約結婚をもちかけられる…

相続の条件のために、二週間ほど結婚するつもりの彼なのだが、彼女に次第にほだされていく定番の展開。
あの出来事以来お酒を一滴も飲まず、パニック障害を抱えていることを自覚すらしていないヒロインの苦悩がいい感じに鬼キュン
とはいえ後半は自分の仕事をきっちりこなそうとする彼女を心配していてもたってもいられず、ご飯を作ってお風呂を沸かしてしまう案外可愛い男なのです。
さくっと楽しめるエンタメロマ。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
モンテカルロの愛人 アビー グリーン
2016年08月14日 (日) 12:21 | 編集



モンテカルロの愛人 ハーレクイン・ロマンス
2010/5
アビー グリーン (著), Abby Green (原著)

---楽天---





モンテカルロの愛人

アビー グリーン

家族に暴力を振るう冷酷な継父トムが亡くなり、マギーはひそかに安堵していた。これでようやく母親と二人、穏やかな毎日を送ることができる、と。ところが顧問弁護士からとんでもない事実を聞かされ、マギーはショックで呆然となった。財産はおろか、実父と過ごした思い出の家まですべて、実業家ケイレブに奪い取られたというのだ。彼は私に復讐するつもりなの?やはり…半年前のあの出来事を忘れていなかったのだ。ほどなくして、マギーの手元に愛人契約書が届けられた。(R2494)
—————————————
copyright 2007
The Brazilian's Blackmail Bargain

自分を罠に陥れようとした父と娘に復讐するために、彼女の前に姿を現した男ケイレブ・カメロン。マギーは、母のために継父トムのいいなりになるしかなかった被害者にも関わらず、彼の愛人になることに同意するしかなく…
愛憎のロマンチックな情熱ロマです。
ハーレクインってどんなの?とか思ったらこの当たりをオススメ的な鬼ロマ。ヒロインに惚れているので鬼度は弱い。

あらすじ
ケイレブ・カメロン。彼がそのがっしりした体よりも大きな威圧感で部屋の入り口をふさいでいた。かすかに首をかしげ、口元にあざけるような笑みをうかべている。その目はしっかりとマギーを見据えていて、彼女は視線をそらすことができなかった。半年前のあの夜、彼女の人生をひっくり返した男性が戻ってきた。そして、また同じことをするつもりでいるらしい。

ケイレブはマギーを見ても平静でいられるように意志の力を振り絞っていた。だが生身の彼女を再び見て、目がくらむような興奮を抑えられない。
以前見せつけられて頭から離れない体の曲線ははっきりわかった。だが、少しやせたようだ。それに、どこか弱々しい。本能的に守ってやりたくなると、ケイレブはふと思った。

「母に家を返してくれるの?」

「僕が望むものを、君が差し出したらね」


冒頭の経緯。母は父のDVに耐えてきたが、継父トムは自ら破滅した。しかし、母とマギーは自由になったと思った矢先、屋敷も抵当に取られいることを知らされる。屋敷を奪いとるために姿を現したのはケイレブだった。
彼に惹かれたのを継父に利用され、母をだしに彼を誘惑の罠に誘うように強要されたのだ。ケイレブはそのことをお見通しだった。そして、今またマギーに要求している。
マギーは、母のために彼と2ヶ月間の愛人契約を結んだ…

さらりと読んで定番の展開に記憶に残るか微妙なところだが、男女間の絶妙なバランスといい、彼に理解してもらえない乙女心といい、素晴らしいエンタメロマ。感動とは言わないが、楽しい。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧

誘拐された億万長者 アビー グリーン
2016年08月13日 (土) 12:13 | 編集

誘拐された億万長者 ハーレクイン・ロマンス
2013/8/9
アビー グリーン (著),

---楽天---





誘拐された億万長者

アビー グリーン

さる実業家とその家政婦のあいだに生まれたジェシー。残忍で非道な父は、病に冒された母に治療も受けさせず、母の死後、ジェシーは里親家庭を転々として過ごした。亡き母の無念を晴らしたい一念で、努力のすえ成功を手にした彼女は、父の会社を乗っ取るまであと一歩のところだった。しかしとつぜん、彼女の計画をじゃまする男が現れる。その名はリュック・サンチス、世界的な億万長者だ。手を引くよう直談判するが、彼に鼻であしらわれてしまう。追い詰められたジェシーは、やむをえず捨て身の策に打って出る―父と交渉できないよう、リュックを誘拐して無人島に篭もるのだ!
-----------------
copyright 2012
Exquisite Reveng

父親に復讐するために、父の会社を救済しようとするヒーローを拉致したはいいが、誘惑されてしう羽目に。しかし、ヒーローの方も、彼なりに思惑があって…という駆け引きの火花が情熱的で楽しいロマ。
二転三転する展開にハラハラドキドキしながら、ホットなシーンもそこそこ楽しめるというお得度の高いロマです。

あらすじ
ジェシー・モリアーティが彼の横をすり抜けようとしたとき、誰かにはじき出される格好になった。リュックはとっさに彼女の腕をつかんで支えようとした。
大きな目が見開かれ、リュックを見上げる。えもいわれぬ魅力が彼の心を覆う鎧の下に忍び込む。リュックははっとして身を引いたつもりが、逆に彼女を突き飛ばしていた。

「気をつけろよ」

「ただの事故よ」

彼女は再び人混みの中に姿を消した。リュックは彼女を呼び戻したくなった。あれで謝罪のつもりか?あの冷たい態度をみれば、ジェシー・モリアーティも絶対に傷つかない女性とわかる。なのに、なぜ頭から追い出すのがこんなに難しいのだろう。

一年後、ジェシーはリュックのオフィスに乗り込み、<J・Pオブライエン・コンストラクション>に興味を持つのか問いただした。彼に動揺を悟られたくない。その思いは一年前と同じだった。
だが、ジェシーの突然の問いに対し、彼は逆にIT企業の経営者がなぜ建設会社に興味を持つのかと返される。
オブライエンが父であることは話たくない。彼に事の重大性を悟られるわけにはいかない。
リュックと父との間に不正はない。だが、彼は恐ろしい敵だ。彼がその気になれば、まばたきするあいだにわたしを八つ裂きにできるだろう。だが、復讐を果たすためには、リスクを犯すのも覚悟のうえだ。


冒頭の経緯。リュックは疲労困憊だった。だが乗った飛行機は目的地に着かずギリシアの孤島へ。ITの天才であるジェシーは彼のスケジュールに侵入しすべて手配済みだというのだ。
「あと十日よ。投資の件は白紙に戻すという指示を私が……いえ、あなたの名前で送ったから」

というわけで、怒れる獅子と一緒に生活するのだが、一触即発の状態にも関わらす、料理が苦手なジェシーに思わず同情してしまうダーリンなのであります。
後半は、彼女の背景を知った彼は事情を打ち明けたものの、彼女のとった行動で裏切られた思いでいっぱいの展開。こじれちゃってワクワク。
やや強引なシメだけれど、振り出しに戻って序章とうまくつなげてくれる小粋なところが好きよ。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
恋という名の罰  アビー グリーン
2016年08月12日 (金) 12:14 | 編集

恋という名の罰 (ハーレクイン・ロマンス)
2010/11
アビー グリーン (著),

--楽天---





恋という名の罰  

アビー グリーン

アリシアは車の中から、抱き合う男女を見つめていた。ここは贅沢な避暑地として名高いイタリアのコモ湖のほとり。彼女は世界的な大富豪ダンテを追いかけてやってきた。ダンテに捨てられたらしい妹は、事故にあって今も意識不明だ。絶対にあの男には責任を取ってもらわなくては。その思いが、アリシアを大胆な行動に走らせた。記者とカメラマンを連れ、ダンテの屋敷に押しかけたのだ。しかし、ダンテはアリシアの予想を超える男性だった。いきなり彼女を引き寄せたかと思うと唇を奪い、カメラのフラッシュが光る前で、新しい恋人だと発表して…。(R2559)
----------------------
copyright 2008
The Mediterranean billionaire's blackmail bargain

妹を妊娠させたのはダンテだと思い込み、彼と接触するために無謀にも記者を連れてきて彼のプライベートに侵入してしまったけれど、彼は逆手にとりアリシアをキスで封じてありもしない話をでっち上げ…

かなりの鬼ロマです。
気の強い暴走娘ですが、次第に彼女がアフリアにいた理由や、傷ついた過去などが明らかに。一方で、ヒーローのダンテも、女性に酷い騙され方をした人物で、簡単にはアリシアを信じるわけもないダーリンなのです。
傷ついても簡単にめげないうえに常に人の役にたとうとしてしまう人の良いヒロインが可愛い。

あらすじ
”妹のおなかの子の父親のくせに、責任も果たさず逃げるつもりなら、こちらにも考えがあるわ”
でたらめな話だ。罠にはめようとする女はいくらでもいるから。彼女も同類なのだろう。
コモ湖のプライベートな別荘にまで記者を連れて押しかけて来るくらいだから、何か取引の材料があるのだろう。ここで下手に騒がれてはまずい。
彼女を黙らせなければ。

「この人のせいで  

ふいに口をふさがれた。冷たく力強い唇を押し付けられて、アリシアは目の前が真っ暗になり、方向感覚を奪われた。
その後、アリシアは彼の屋敷に監禁されたが、翌日妹の待つ病院へ彼とともに旅立った。
妹はダンテと話をするために彼のところに向かう途中で事故にあったのだ。だから、彼が子供の父親だと思い込んだのだが、意識を取り戻した妹のそばには、ダンテの弟パオロがおり、パオロが父親だと説明された。
彼に謝ったものの、アリシアはまともに考えられなかった。衝撃的な出来事が重なり、疲れ切っていた。アフリカではいろいろあっても泣かなかったのに…。
すると力強い手が彼女の腕をつかみ、振り返らせた。たくましくい腕に抱かれた感触があまりにやさしくて心地よく、彼女はいつまでも泣き続けた。

泣く女を抱きしめるなんて、初めてだ。
欲望のせいだ。


冒頭の経緯。記事にアリシアとダンテの恋人説が出てしまったことで、ダンテは重要な会議のために、ホステスとして出て欲しいと提案する。家族を大切にする取引相手に真面目に交際している女性がいるということをアピールするためだ。
妹の治療費のこともある…。

というわけで、イタリアで恋人ごっこ。
彼女がいい人だと感じるたびに、何度も何度も”彼女に騙されるな”と自分に言い聞かせるのです。ラストまでしつこいくらいに、妄執と言ってもいいくらいに。
それは、騙されたというレベルではなく、詐欺という犯罪だぉ。悔しかったろうナ。それにしたって、まったく面倒くさい男。でも、最後の最後に出てきた弟君の成長が嬉しいね。
彼女から別れを切り出されてジタバタしてくれる彼の心中は、楽しい。とても楽しい。

鬼ロマだよ。おばかダーリンだよ。
でもいいの好きなの。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
悪女と呼ばれた淑女 アビー グリーン
2016年08月07日 (日) 16:45 | 編集


悪女と呼ばれた淑女
2011/1/5
アビー・グリーン (著)

---楽天---
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




アビー グリーン (著)

スポーツキャスターのアラーナは、ある日試合後のパーティーで、著名な億万長者からインタビュアーに指名された知らされる。困惑しながら本人と顔を合わせたとたん、胸がざわめいた。彼は、ついさきほどスタジアムで誘ってきたパスカル・レヴェック。圧倒的な魅力に屈するのが怖くて、すげなく断ったのに…。すぐにインタビューを手配したパスカルは興味深い話を耳にした。なんと、アラーナは国民的人気のサッカー選手と華々しく結婚したのち、夫をぼろぼろにした、有名な悪女だというのだ。だが、目の前にいるアラーナは清楚で貞淑そのもの。本当の姿を暴きだし、彼女をものにしてみせる。パスカルは狙いを定めた。(R2571)
-----------------------
copyright 2009
The French tycoon's pregnant mistress

一見セレブのようで、結婚の破綻によって心の傷だけではなく、経済的にも追い詰められているヒロインです。そんな彼女の内面を知らず、魅かれるままに積極的にアプローチしていくヒーローなのであります。
初期作品。良いロマですよ。とっても素敵なダーリンでした。
でも、前半のつかみが緩く鬼展開はないので物足りなくもない。

あらすじ
アラーナは、生放送の緊張から一気に解放されてアシスタントにマイクを手渡しながら、男の視線を意識した。一瞬のうちに何か不可思議な強い力でひきつけられた。異性に対してこんな気持ちになったことは過去に一度もない。
あの男性とのあいだである種の無言の会話が交わされたというのは、単なる妄想にすぎないのだ。
ふいに忘れ物に気づき、報道席に戻ると、例の男がすぐ目の前に立っている。
知性を感じさせる黒い瞳には、まぎれもない欲望をたたえている。

「ぼくを見ていたのはきみのほうだ」

「お言葉を返すようですけど、見ていたのはあなたのほうよ」

優に190センチはあるたくましい肉体と、そこから発せられる動物的なにおいに気づかないわけにはいかなかった。
セックスを暗示するにおい。


冒頭の経緯。銀行家のパスカル・レヴェックはラグビーの後援者。スポーツキャスターのアラーナを気に入った彼は、彼女に指名してインタビューを受けることに。もちろん、そのあとの食事も込みで。
アラーナは、仕事として彼との食事に付き合ったものの、距離を置こうと必死。しかし、彼の魅力には逆らえず、その日から恋人関係が始まる。そして週末のイタリア旅行…。

アラーナの亡き夫は放蕩者で、有名なサッカー選手だったが、負債を抱えたまま亡くなった。離婚寸前に亡くなったために、アラーナは借金を抱えることに。しかも、離婚協議中に”夫を捨てて出て行った悪女”と嘘をばらまかれ、周囲から批判的な目でみられてきた。
パスカルは彼女から事情を聞き出そうとするものの、彼女の口は堅い。しかし、TVの前で我慢の限界に達したアラーナはそのことを暴露してしまい、窮地に立つことに。

その後、妊娠しながらも、結婚を拒む二人の関係はギクシャクという展開。
頑固なヒロインなのであります。
前半が緩かったので、暴露後の追い詰められたヒロインは楽しめた。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク