本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
中世の城日誌―少年トビアス、小姓になる (大型絵本) リチャード・プラット
2013年03月21日 (木) 17:08 | 編集
中世の城日誌―少年トビアス、小姓になる (大型絵本)
(2003/09/06)
リチャード・プラット

中世の城日誌―少年トビアス、小姓になる (大型絵本)

---楽天---

----

中世の城日誌
少年トビアス、小姓になる (大型絵本) 

リチャード・プラット

13世紀のイギリス。伯父の城で住み込みの小姓として修行をする11歳の少年、トビアス・バージェスの日記。四季の移り変わりのなかで、さまざまに繰り広げられる城の行事と人々の生活を、トビアス少年の目を通して、情感豊かに生き生きと描く。ケイト・グリーナウェイ賞次点。
--------------
Castle diary
63p ;34cm 大型絵本

”騎士の従者になるために知っておかなければならなくちゃならないマナーを学んだり、武芸、そう、剣や弓を修行したりするときが来たんだ”

”大広間の壁には、かずかずの旗や盾、そして高価なタペストリーが何枚もかけられている。今の今になって、伯父上がどんなに偉い人なのか、よくわかった”

”伯父上のところでは、いろんな用途に応じて、たくさんの馬が飼われている。ぼくにあてがわれた馬は、狩り専用の馬だった”

”勉強の時間に遅刻したマークは、指さらし台の目にあった。それを見たぼくが笑ったので、いっしょにさらし台のお世話になった。”

11歳のトビー少年が小姓として経験することが書かれている日記形式の大型絵本。幼児向けな文章ではありませんが、フリガナもあり、興味があれば小学校3年生くらいから自分で読めます。
トビー少年の、少年らしい観点が可愛らしかった。
細々とした不思議な中世の絵に魅了され、さらに この時代の生活が解りやすく説明されているので、大人でも楽しめます。

小さな子と一緒に絵を眺めながら、説明してあげるのも楽しい。城の見開きの全景図、狩猟風景の全景図、馬上試合の全景図など、絵だけでも探して楽しい部分が多い。輪切り図鑑と同じ作家さんで、子供の喜ぶ壺を押さえた緻密な絵が好き。
藁の敷き布団のベッドに、にぎやかな台所の風景、豚の膀胱を膨らませて池に浮かべて遊んでいたり、指を挟んだ拷問のようなお仕置き装置とむち打ちに驚いたり。
そんなお仕置きをしてあげようと言ったら、嫌だと言われました。
絵だけでは説明できない、謎の料理も、(鳥の頭に豚の体)子供らしい観点で説明してくれまス。
刈り取りや、密猟者、武具の手入れの風景、歪んだ防具が頭から取れないのは驚く。恐ッ

い草が城いっぱいに撒かれ、壇上に撒かれた草は色とりどり、城には犬が放し飼い。馬上槍でリングをくぐらせる場面など、ハーレクインで読む想像しにくい部分も、わかりやすい。
って、自分、ハーレクインのためかヨ…

無事一年過ごし、父のもとに帰る少年。弓でスズメを射止めた腕前を評価する、サイモンの送る言葉はカッコいい。少年の日記の最後はとても誇らしげ。

巻末には、もっと知りたい読者のために、身分制度や、長男以外の息子の運命、城の成り立ち、戦闘風景などが説明されている。
ヨーロッパの城―輪切り図鑑
2010年09月06日 (月) 14:09 | 編集
ヨーロッパの城―輪切り図鑑ヨーロッパの城―輪切り図鑑
(1994/11)
リチャード・プラット

商品詳細を見る


ヨーロッパの城―輪切り図鑑
リチャード・プラット (著), スティーヴン・ビースティー (イラスト), 桐敷 真次郎 (翻訳)

輪切り図鑑でも、最もおすすめの本!中世の城が門から順に奥にいくに従って輪切りになっています。様々な人々が同時進行的に細かく描かれて、解説も丁寧にされています。
城にはスパイが潜り込んでいて、一ページごとに、スパイがどこかで暗躍しています。
子供は、探すのが大好きなので、楽しそうにみていました。
部屋に飾ってもいいくらいの絵本です。
大人でも、知らないことがたくさんで、この本を参考にする作家さんも、何人かみかけました。




輪切り図鑑 大帆船 
2010年08月27日 (金) 18:26 | 編集
輪切り図鑑 大帆船―トラファルガーの海戦をたたかったイギリスの軍艦の内部を見る
(1994/04/26)
R・プラット

輪切り図鑑 大帆船―トラファルガーの海戦をたたかったイギリスの軍艦の内部を見る


輪切り図鑑 大帆船 

スティーヴン・ビースティー 画
リチャード・プラット 文
北森 俊行 訳
小学5.6年以上
体裁=35.0×26.5cm.上製・32頁・本文4色
出版社: 岩波書店 (1994年4月26日

18世紀の大帆船を船首から船尾まで10か所で輪切りにして図解し,食事と睡眠,労働と娯楽,病気と手術,海軍の規律,そして激しい戦闘まで,スリルにみちた乗組員の生活のすべてを克明に描く.

子供から大人まで、みて読んでとても楽しい本です。
絵本を広げて飾っても素敵です
子供はウォーリーをさがせ的なものは大好きですね。ヨーロッパの城のようにスパイはいないんですが、船のなかの様々な事件をみるのはとても楽しいです。

この本はイギリスのビクトリー号を船首から船尾まで7つのピースに輪切りし、各層の内部をリアルに描写している。
水夫、厨房、士官室の上官たち、上では、戦闘が始まって、下では病人からけが人までゴロゴロ。
全部同時進行で、船の中がドタバタぎゅうぎゅう
しかし、むかしの船がこんなに劣悪な環境だったとは!ぞぞぞっ
海賊だって大変だったんだろうなぁ
けがをしたら、即切断!て、樽のかに手足入ってますよ。
でも、気持ち悪くはないです。
幼稚園の子でも、わくわくしてみてくれますよ。

絵だけではなく、図解なので丁寧な説明で大人も読んでいて楽しい。
何度でも開いてみたくなる素敵な本
おすすめです
輪切り図鑑  クロスセクション
2010年08月27日 (金) 18:05 | 編集
輪切り図鑑  クロスセクション



スティーヴン・ビースティー 画
リチャード・プラット 文
北森 俊行 訳
■小学上級~一般
■体裁=35.0×26.5cm.上製・48頁・本文4色
出版社1992年11月5日


城,天文台,客船,潜水艦,海底油田,大聖堂,オペラハウス,汽車など,18の建物や乗物を輪切りにして,だれも見たことのない内部の構造やしくみを,人間観察の目を加えた精密なイラストで描いた力作.

ーーーーーー

子供から大人まで見て楽しめる見てたのしい!読んで楽しい一冊です!
大型客船は見開きになって、暑そうなボイラー室から 楽しそうな一等船室 水夫 士官まで
いろいろな人たちが、忙しそうに、楽しそうに働き、見ていてわくわくします。
「こんなことをしている人は、どこにいるかな?」
と聞くと、子供は楽しそうに探してくれて、親子で楽しめます。
18世紀の帆船は『輪切り図鑑大帆船』のが詳しくでいますが、
オペラハウスの舞台裏なんて、知らなかったわ!すごく広いのですねぇ
なぞの地下世界が広がって、ファントムがいると思ってましたが、違うんですかねぇ。
大聖堂も、こんな作りだったかと、改めて知ったり。
汽車の断面なら他の図鑑で読んだけど、その辺はやっぱり男の子のツボなんですねぇ

開いたまま、壁に飾っておきたい緻密な絵 読んで楽しい解説。
お値段を考えても、買って損はないと思います。




Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク