本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
絵本・児童書 おすすめ
2010年09月05日 (日) 23:28 | 編集
絵本・児童書 おすすめ

本を読まない息子のためのおすすめ児童書
辛抱強く声かけ、広い心と、共感、そして、恫喝 
”寝るのか本読むのかどっちかにしろヨ” 脅
数々の挫折を繰り返しながら、息子が自分で読んで面白かったと言った本

自分のような、ラノベオタクになって欲しくはないのだが、平凡な丸顔のぼーっとした息子。ラノベ主人公とは、ほど遠い息子を必至でなんとかせねバ!的な、ラインナップ。
自分で読むようになったとしても、横で一緒に本を読む時間を作っておりました。
重松清の『5年生』辺りを、高学年になったら読んでくれ!とか願った時期もあったけれど、そこまではムリだった。
という、平凡男子が読める本です。
その息子もあっという間に大きくなってしまった。
読み聞かせから、添い寝読書タイムまで、面倒だと感じた時もあったが楽しい時間だった。

ー低学年から中学年向きー
字がおおきい、絵が多い。絵本はかっこわるいと思っている男子向き。

文字特大

忍たま乱太郎 シリーズ 尼子 騒兵衛/作

らくだいにんじゃらんたろう (こどもおはなしランド)シリーズ 尼子 騒兵衛/作

ぶたぬきくん  斉藤 洋/作

忍者サノスケじいさんわくわく旅日記 シリーズ  なすだ みのる/作

かいけつゾロリ シリーズ 原 ゆたか/さく・え

キツネのかぎや  シリーズ完  三田村 信/作

メカたんていペンチ シリーズ 矢玉 四郎/作

文字大きめ


アブさんとゴンザレス 斉藤洋

妖怪ハンター・ヒカル  シリーズ完 斉藤 洋/作

ナツカのおばけ事件簿 魔界ドールハウス 斉藤 洋

ぼくはおばけのかていきょうし  シリーズ  さとう まきこさく/はら ゆたかえ

タカオのつくもライフ シリーズ 斉藤 洋/作  藤田 裕美/絵

きょうもトンデモ小学校 シリーズ ダン ガットマン /作

妖怪ラムネ屋   百怪寺・夜店シリーズ 越水 利江子/作 

オバケだって、カゼをひく! 内科・オバケ科ホオズキ医院シリーズ  富安 陽子/作(とみやすようこ)

かめきちのおまかせ自由研究 村上 しいこ/作 

ゆうれいレンタル株式会社  山田陽美 作 こぐれけんじろう 絵

大ドロボウ石川五十五えもん シリーズ   吉田 純子/作  細川 貂々/絵

中学年以上向け

トレイン探偵北斗 寝台特急北斗星の美少女 高森 千穂/作

高学年向け

マジック・ツリーハウス メアリー・ポープ・オズボーン

シュレミールと小さな潜水艦 斉藤 洋

イーゲル号航海記〈1〉魚人の神官 斉藤 洋 
イーゲル号航海記〈2〉針路東、砂漠をこえろ!
イーゲル号航海記〈3〉女王と一角獣の都


ベンガル虎の少年は… 斉藤 洋

遠く不思議な夏 斉藤 洋

椋鳩十の野鳥物語 椋 鳩十

--- 一般 ----

くるくるコンパス  越谷オサム

-----絵本-----
絵本もたくさん読んだが、他のサイトでも充実しているので割愛。
定番のぐりとぐら のシリーズは母的に好きで買ってあげた。11ぴきのねこシリーズは、息子が幼稚園の時かなり気に入っていた。
リサとガスパール バムとケロもよく読んだなぁ〜
マニアックな男子心をくすぐるのがくものすおやぶん ほとけのさばき
これも、絵に見つける楽しさがあって、息子が気に入ってたわ。
他にもいろいろと読んだけど、覚えていないだろうなぁ〜
あんなに好きだったトーマスだって、キャラを覚えていないのだもの;;入園前だから仕方ないけど…

しろいうさぎとくろいうさぎ  ガース・ウイリアムズ
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク