本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
青春注意報!  くらゆいあゆ
2017年04月04日 (火) 16:56 | 編集
青春注意報! (角川ビーンズ文庫) 2017/2/1
くらゆいあゆ (著), はくり (イラスト)

---楽天---




青春注意報!  

くらゆいあゆ

高校1年生の菜子には、気になる人がいる。テニス部で女子にも人気の一澤くん。見てるだけで幸せだったのに、ある日突然一澤くんに「お前、何様のつもりだよ」と言われてしまった。なんのことだかわからないし、告白もしていないのに失恋するなんて!一澤くんの親友の宮内くんや、菜子の双子の姉・亜子も絡んできて、「スキ!」と「キライ!」を行ったり来たり。この恋、どうなっちゃうの?すれちがい恋愛ストーリー!
--------------------

いい感じにキュンキュンじれったいラブで、楽しかった。
ストーリー的にも、満足。
ティーンズ小説で感じるような落胆はまったくない。
一澤くんの冒頭のキレ方や、ヒロインのネガティブなトラウマ思考が、あわない人もいるかもしれないが、私は好み。一澤くんのハニカミっぷりが壺にハマった。
次々に場面転換する二人の位置関係や姉妹関係に目が離せず、一気に読んでしまいたくなるお話。
ロウティーン(中2)の娘も、”ぱらっとめくってそのまま明け方まで読み切った。面白かった”と久しぶりに感想を述べてくれた。娘いわく、”表紙買いはしにくいけど、中の絵はイイ!”らしい。ひさしぶりに、トキメキ小説で母子で盛り上がった。

あらすじ
一年間こっそり見つめ続けた人に、こんな強烈なフラれ方をした女子は、世界広しといえども、あたしくらいなんじゃないだろうか。

「お前、最低だな」
「……」
「人のことが言えるのかよ、このブス」

”このブス”
女子高生にとって気になる異性からブス、と言われることは世界が暗転するほどショッキングな出来事だ。しかもよりによって、その単語はあたしにとってピンポイント爆弾ほどの威力を持っている。自分が深い傷を負ったことだけはしっかり理解していた。


冒頭の経緯。高校1年生の菜子は、超美人な双子の姉・亜子と勘違いされて、よりによって密かに見つめ続けていた男子からビンタをされたうえに、ブス呼ばわりされてしまった。
一澤の友人の宮内が亜子にヒドイフラれ方をしたせいで、一澤くんは激怒してしまったらしい。すぐに誤解だったと丁寧に謝ってくれた。
でも、一澤くんのいった言葉”このブス”という言葉だけは、菜子のことを言っていると理解しているだけに、2年になって同じクラスになっても気まずくて…。

2年になって気まずい二人ながらも、文化祭でかんばるうちに、いい感じに。でも、根本的に一澤くんの言った言葉からなかなか抜け出せず、そこには、超美人の姉・亜子の存在が絡んでいて…というわけで、楽しいので一読してみてください。
一澤くんが叫ぶたびに、”おう!頑張れ!”と応援してしまったw

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
花に嵐 恋し君 雪花舞う出逢い あさば 深雪
2016年12月02日 (金) 17:27 | 編集

花に嵐 恋し君 雪花舞う出逢い<花に嵐 恋し君> (角川ビーンズ文庫)
2016/8/31
あさば 深雪 (著), アオイ 冬子 (イラスト)

---楽天---




花に嵐 恋し君 
雪花舞う出逢い

あさば 深雪

大納言家の姫・梓は、男性に触れられると顔が赤くなる病の持ち主。人目を忍んで暮らしていたが、突然冷徹な“氷華の帝”那智の尚侍として宮仕えを命じられる。多くの男性がひしめく内裏で、帝の不興を買ったら一族左遷の一大事!不安な気持ちのまま出仕した梓だったが、なぜか帝は彼女を見た瞬間、膝を折りひれふしてきて…?「ようやくお逢いできました―白蘭皇后さま」前世の主従が今世で恋の絆を結ぶ、平安風恋絵巻!
-------------------------

中華っぽい雰囲気も混じった、なんちゃって平安ものです。
前世では六州を救った英雄的な女傑の皇后・白蘭と、彼女を心酔する大将・千桜だった二人が、主従逆転しての再会の物語です。
読み切りなので、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ感じや、平安ものとしての爪の甘さや、既視感のあるお話に低評価も多いですが、うまくまとまっているので楽しめた。
舞台は平安ってことでスルーして、ついでにヒーローがいつまでもヒロインの中にいる前世にこだわっているあたりも目をつぶってくれるとありがたい。
わるくないですよ。

あらすじ
「約束しよう、千桜。おまえに再び逢えたその時には」
■□■
梓は男性に触れられると獅子の面になってしまう奇病の持ち主。そのため結婚もできず、今日も屋敷の奥にこもっていた。だが、忍び込んできた中将を驚かせてしまった。倒れこんだ梓が意識を取り戻すと、月の光に照らし出された、満開の桜の下に武人が…。
「千桜の、」
梓の口から、思わぬ言葉がぽろりとこぼれ落ちた。梓は我に帰って口を覆う。
(千桜って、どなた?)
今のはなに。口が勝手に動いた。自分に驚いて桜のほうに目を戻すが、しかしそこに居たのは、さっきの勇ましい武人じゃない。もう一回り線の細い青年だ。
この世ならぬ美しさ。荘厳なほどの、圧倒的な美。
まさに氷の華、いや、冬の王が立ち現れたのかと思った。


冒頭の経緯。庭先で見た青年は新しい帝だった。梓は、彼のお召しで内侍として後宮入りすることに。ところが、初めて見る帝が突然ひれ伏してきた。それは、帝の気分がすぐれないということで、ことなきを得た。だが、二人きりになるのを待っていたという帝・那智は「この日をのために生きて参りました」と言いだし…

といわけで、梓は彼の話を信じることができず、さらに彼の寵愛をかったことで、人のやっかみにあい辛い想いをすることに。その中で、いままで意識していなかった前世や、彼に対してのときめきなどを感じつつ、帝を引きずりおろそうとする何者かを探ろうとする。

彼のほうは、現世のヒロイン本人にもちょっぴりときめいているようだけれど、前世の皇后への崇拝が捨てられないので、最後まで重ねている。でも、読者としてはやっぱり自分だけを見て欲しいという…。そのあたりのジレンマをヒロインがかんじているのかいないのか、もうちょっと彫りこめたらもっと面白かったのではと思わなくもない。
貴子や伊吹、蛍などの脇キャラとの掛け合いは、いい感じに焚きつけてくれていて楽しめた。

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
王女フェリの幸せな試練 時田とおる
2016年09月26日 (月) 16:21 | 編集

王女フェリの幸せな試練 (角川ビーンズ文庫)
2016/7/30
時田 とおる (著), 深山 キリ (イラスト)

---楽天---




王女フェリの幸せな試練 

時田とおる

誰からも愛される美しい王女―とは、かりそめの姿。生まれてすぐ「祝福の魔法」を掛けられた王女フェリは、無条件に人を魅了する力の持ち主。しかし『自分自身』を見てもらえない空しさから超絶後ろ向きな性格になってしまい、お城にひきこもり大好きなドレスや装飾品を作る日々。彼女の作った物を身につけると幸せになれるという噂が広まる中、それを聞きつけた隣国の王子ベルホルトの登場で事態は急展開して…?
------------------

人を魅了してしまう”祝福”を受けてしまった引きこもり王女が一大決心をして、他国で奮闘するお話。
自分の顔を出すことができないだけに、かなり自己評価が低いお姫様。
そんな彼女が一生懸命頑張る話なら悪くないストーリーになりそうなのだが、それに水を差す過保護な従者アロイスが何をしたいのかいまいちわかりにくいために、話が全体的にぼやけた印象なのは残念かな。
王子はいい人なので、全体的にほのぼのして悪くないですよ。

あらすじ
本当はあのキラキラと輝く空間に入ってみたい。堅苦しく、面倒でしかないとアイロスは言う。そでも事実ではあるのだろうが、間近でドレスを見てみたい。誰かと踊ってみたい。
(今さら引きこもりの私があんな社交の場に出ていけるはずもないけれど……!)

一国の王女でありながら、夜会の会場を覗き見していた王女フェリは、衛兵に呼び止められてしまった。「祝福の魔法」で人を魅了してしまうために、常にベールをかぶるフェリは、どこからどうみても怪しい者だ。
緊張で声も出ず立ちすくんでいると、男が声をかけてきた。
フェリは名を名乗ったものの、「老人から赤子まで魅了する絶世の美女と名高いフェリシア様だというなら、顔を隠す必要などない!」と顔を見せずには王女だと信じてもらえそうもなく…。

「私は……誰も魅了など出来ません。そうだとしても、それは私自身の魅力ではありません」

  誰も『私自身』を好きにはならない。

「……お前の価値を、お前が決めるな」


冒頭の経緯。覗き見をしているところで声をかけてきた隣国の王子ベルホルトに、飼い猫が噛みつき出血の大騒ぎ(フェルのみ)。どうやって詫びをと考えていると、戦後の国内を活気づけたいと考えている彼から、国に招待され意見を求められることに。引きこもりがてら作った数々の小物やドレスは、幸せを呼ぶ王女フェリのブランドとして人気を博しているだけに、その技術も存分にふるって欲しいと頼まれ、フェリは悩み抜いた末にアロイスとともに出発した。
しかし、戦後だけに浮ついた雰囲気を嫌うものもいるようで…。

何度かベールが取れているにも関わらず、彼の反応はあまりなく、なぜなのかしら?という疑問とともに、ベルホルトに対してアロイスは喧嘩腰、おまけに何者かがフェルの命を狙う展開。
自己否定から始まったのだから、もう少し”祝福”の能力とやらも受け入れて自己評価を上げて欲しかったナ。
1話読み切りとして、まとまっているけれど、もうちょっと何か欲しい感じ。
”兄として””もう少しだけ”彼女との時間が欲しいと言っているアロイスの立ち位置がかなり曖昧で、何をしたいのかはっきりしないだけに、当て馬にもならなくて、残念な男だった。
いっそ、悪役して最後に思惑を明かすとかもっとはっきりしていたら、話にメリハリがあったのにと思わなくもない。
ベタアマの彼との仲はめでたしで終わってスッキリする。
ということで、まあまあの読後感。
10歳の昔の記憶は、中途半端な位置じゃなく、冒頭に置いておけば良かったのに。

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
使い魔王子の主さま 恋と契約は突然に 秋月かなで
2016年07月09日 (土) 22:55 | 編集

使い魔王子の主さま 恋と契約は突然に (角川ビーンズ文庫)2016/3/31
秋月かなで (著),

---楽天---




使い魔王子の主さま 恋と契約は突然に

秋月かなで

「おまえ、俺の恋人になれ」リリーシャは、家族のために日々賃仕事を頑張る少女。ある日男達に襲われ、咄嗟に昔教わったおまじないを唱えたところ、目の前に絶世の美貌を持つ王子様ルクスが現れる!なぜか主従契約が結ばれ彼と離れられなくなったリリーシャは、王宮に連れられて、そこで解除方法を探すことに。しかしなりゆきで貴族令嬢と身分を偽り、ルクスの恋人のフリをするはめになって?主従逆転ラブファンタジー!第13回角川ビーンズ小説大賞“奨励賞”受賞!
--------------------

不慮の事故で突然王子様を召喚してしまったヒロインが、解除方法を探すために王宮で王子の恋人のふりをすることになったというお話です。
新人さんです。
元気なヒロインのかなりゆるい感じのラブコメです。作った設定を使いこなしていないことなど、多少のひっかかりはありますが、さらりと読みやすく、話は悪くないです。
ヒロインが傷ついたりキュンしたりと、乙女心をくすぐる部分は好きです。今後の成長を期待します。

あらすじ
人ならぬ存在の珍しい<契約獣>を手にいれるためにリリーシャに求婚してくる男が絶えず、仕事場に迷惑をかける日々。そんなある日、リリーシャは、求婚を拒否されて激怒した青年に殴られそうに。
とっさに亡き母から教わったおまじない  異界より契約獣を召喚する呪文を唱えた。リリーシャにとって呪文とはお守りのようなもの、しょせん気休め、だったはずなのだが  

(お願い消えないで。消えちゃ嫌。私が守ってあげるから、どうかこっちへ    !!)

冒頭の経緯。現れたのは、美貌の王子ルクス。召喚が成功したことで、二人の胸には契約の印が現れ、ルクスはリリーシャの命令に逆らえず、距離が開くと契約印が反応するようになってしまった。
ルクスは損害の代わりだとある提案をもちかける「じゃあおまえ、俺の恋人になれ」

悪くなかったんだけど、ありがちな設定だけに、本音を言えば印象が薄い。
リリーシャの母の契約獣アルフや、ルクス大好き契約獣フェリル、ルクスが保護する契約獣たち。少々前半はごちゃごちゃしております。
離れられない設定は必要だったのか?他の作品とかぶってもったいないナ。
とはいえ、裏のある男は嫌いじゃないし、物語のラストは面白かった。
奨励賞って感じの作品。

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
仮面婚約のたしなみ 恋と使命の王妃就任!? 麻木琴加
2016年05月12日 (木) 14:09 | 編集

仮面婚約のたしなみ 恋と使命の王妃就任!? (角川ビーンズ文庫)
2016/2/27
麻木 琴加 (著),

---楽天---




仮面婚約のたしなみ
恋と使命の王妃就任!? 

麻木琴加

「ルティア、俺はおまえを妃に望む」―男装して国王・ヴァイスの専属騎士を務めながら、同時に婚約者・ルティア姫として二重生活をおくるルティウスにヴァイスが告げたのは熱烈なプロポーズ!!ヴァイスへの忠誠心を胸に丁重(?)にお断り…したはずが、心が痛むのは―これって恋!?悩むルティアとヴァイスだが、王宮にはヴァイスの親友を亡き者にした陰謀が渦巻いていて…。キケンすぎるかけもち生活、第3弾!
--------------------

3巻で完結しました。
騎士と婚約者の二重生活!?ということで、かなり期待していたのだが、あまりドタバタすることもなく八方丸く収まってめでたしです。
もうちょっと引伸ばすかと思ったのに、潔いくらいあっさりと終わった。ラスト巻も男気あふれるヒロインで、私としてはもう少々乙女なトキメキとドキドキを彼女に感じて欲しかったかも。(途中で、BLを読んでいるような気分に陥ったのだよ)
カラーピンナップあり。

あらすじ
ルティア姫に戻り、朝議の席でルティア姫を正式な婚約者にすると爆弾発言をされたことに呆然としていると、真っ赤な薔薇を抱えたヴァイスが入ってきた。
一瞬この場ですべてを明かしたいという誘惑がルティアの胸をかすめる。
しかし、騎士ルティウスとルティア姫が同一人物だと気づかれた時点で、ヴァイスのそばにいられなくなる。彼の盾となると決めた、その誓いを果たせぬままに。
(それだけは絶対に嫌だ!)

「いいか、ルティア。どうやらお前は本気で理解できていないようだから言っておくが、俺は一人の女としても、お前が欲しいんだ。この意味、さすがにわかるよな?」

(頼むからまってくれ! まさか陛下が私のことをじょ、じょ……女性として好きだなんて!)


冒頭の経緯。騎士としてのルティウスに信頼を置く国王・ヴァイスの言葉にルティアは騎士として嬉しく思う一方、婚約者・ルティア姫に妃になれとプロポーズされて、暇乞いをすることに。
実家に戻ったルティア姫をヴァイスは気遣い、チョコレートを贈ってくれたりするのだけれど…。
何者かがルティアの名で、ヴァイスに毒を塗った花を送りつけて!?

バレる瞬間も潔いです。
後半は、お楽しみで。
彼への気持ちも、理屈で理解しているような雰囲気で、舞い上がるような乙女らしい”キャァ!”なところがヒロインに足りなかったのはちょっと残念。ヒロインの内面のセリフを女の子っぽく変えるだけでもかなり違った印象になったと思うけど。

で、シリーズをまとめると、2巻まで面白かったし、うまくまとまったからこれはこれで、楽しめた。
次の作品を楽しみにしています。

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
男装騎士の憂鬱な任務 さき
2016年04月27日 (水) 22:42 | 編集

男装騎士の憂鬱な任務 (角川ビーンズ文庫)
2016/1/30
さき (著)

---楽天---




男装騎士の憂鬱な任務 

さき

男と偽り異国の騎士たちと共同生活!?…ってそんな無茶な!!王子の婿入りに付き添うことになった少女騎士オデット。だけど婿入り先の国は「女性はおしとやかに」な風潮で女性騎士なんてもっての外!渋々男装したオデットだけど、さっそく王女付きの美形近衛騎士フィスターに正体がバレちゃいそう!!なんとかごまかしたけれど、剣技大会で決着を付けることに!?「俺が全てを暴いてやろう」オデットの危険だらけの男装生活!!
--------------------

コメディー男装もの。なろう系らしいゆるい雰囲気の作風なので、物語の設定やら構成やらがきになる人にはおすすめしない。
少女騎士だとバレたくない脳筋少女騎士オデットと、彼女の嘘をなんとかして暴こうとする騎士フィスターとの掛け合いが楽しいの男装生活です。
ラブもトキメキも緊張感も薄くて、私とはいまいち馬が合わずかなり途中でだるくなったけれど、ラストのオチだけは笑った。

あらすじ
パルテアは小さく弱い国だ。そんなパルテアに対して大国ヴィルトルの王女セスラが、12歳のパルテアの王子クルドアに一目惚れをし、大国に入婿させられることになったのだ。そのうえヴィルトルには男は13歳からしか結婚できない決まりがある。
その王子が『たった一つの持参品』として望んだのは、少女騎士オデット。
代々騎士の家系であるオデット・ガーフィールドはクルドアとは姉弟のように育ち、なにより信頼を置く騎士である。しかし、大国では女性騎士は認められていないばかりか、嫉妬しないわけがない。そこで父が提案したのは…

「息子とお前をちょいちょいと入れ替えればあら不思議、何の問題も起こらない。というわけだ」

「説明が酷すぎるにもほどがありませんか!?」


冒頭の経緯。オデットはオデールと名のり、大国ヴィルトルへ。美しい少女セスラとクルドアの初々しいカップルの先行きを微笑ましく見守るが、王女付きの美形近衛騎士フィスターはオデットを怪しいと感じているようで、風呂に誘ってきたりと気を抜けない日々が始まった。
剣技大会で優勝すれば、褒美に『セスラ王女の計らい』が与えられるという。オデットは「セスラとクルドアの二人の時間」を求めるつもりだが、フィスターに負けるつもりはなく、優勝したら彼に「スカートを穿かせてやる!」と宣言し…

ヒロインが説明が雑だとツッコんでいるとおり、”なんとなくわかったけど、やっぱり意味わかんないわ!”とかツッコミ始めるときりがないので、軽く笑って流せる人向け。
微笑ましい雰囲気を暖かく見守るという、素直なストーリー。悪くないけど、ひねりはない。
続編があるので、もう少しラブが進展していると嬉しいかも。

角川ビーインズ文庫 読了一覧

男装騎士の憂鬱な任務 (2) (角川ビーンズ文庫)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク