本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
小野上 明夜 読了一覧
2014年01月01日 (水) 10:24 | 編集
小野上 明夜(オノガミメイヤ)読了一覧

最近、ちょっと苦手意識が…
ファンの方、申し訳ない。

-----コバルト-------

占い師ティアリス・セーブル 誰が王子を殺したの? (コバルト文庫)
(2015/04/01)
小野上 明夜

占い師ティアリス・セーブル 誰が王子を殺したの? (コバルト文庫)

占い師(フォーチュンテラー)ティアリス・セーブル 誰が王子を殺したの? (未読)




----B’s‐LOG文庫----



天眼の神子姫 吸血騎士は夜明けに誘う
天眼の神子姫 優しい悪魔は黄昏に笑う
天眼の神子姫3 気高き乙女は宵闇に帰す  2015/3/16
ごめん、この作品は読んでません、

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)
(2012/04/14)
小野上明夜

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)

イノセント・スター 光を欲する暗黒星
イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星
イノセント・スター 地上に輝く太陽と共に
イノセント・スター 貴方と見る月は綺麗 

-----
死神姫の再婚 (ビーズログ文庫)
(2007/09/15)
小野上 明夜

死神姫の再婚 (ビーズログ文庫)

おすすめ♡
死神姫の再婚 
死神姫の再婚 薔薇園の時計公爵
死神姫の再婚 腹ぺこ道化と玩具の兵隊
死神姫の再婚 私の可愛い王子様
死神姫の再婚 微笑みと赦しの聖者
死神姫の再婚 鏡の檻に棲む王
死神姫の再婚 五つの絆の幕間劇 短編
死神姫の再婚 孤高なる悪食大公
死神姫の再婚 飛べない翼の聖女
死神姫の再婚 恋するメイドと愛しの花嫁
死神姫の再婚 始まりの乙女と終わりの教師
死神姫の再婚 定められし運命の貴方
死神姫の再婚 誰にも言えない初恋の君
死神姫の再婚 目覚めし女王と夢のお姫様
死神姫の再婚 ひとりぼっちの幸福な王子
死神姫の再婚 怪物王子の死神姫 
死神姫の再婚 四つの愛の幕間劇 短編 
<クルセージュ編>
死神姫の再婚 甘き毒の聖母 
死神姫の再婚 -儚き永遠の恋人達-  2015/2/14



---一迅社文庫アイリス---
愛されすぎた嫌われ姫 囚われの王子の脅迫 (一迅社文庫アイリス)
(2014/06/20)
小野上 明夜

愛されすぎた嫌われ姫 囚われの王子の脅迫 (一迅社文庫アイリス)

愛されすぎた嫌われ姫 囚われの王子の脅迫 小野上 明夜
愛されすぎた嫌われ姫 妖精王の騎士の受難 
銀狼王の求婚 箱庭の花嫁 (一迅社文庫アイリス)
(2012/06/20)
小野上 明夜

銀狼王の求婚 箱庭の花嫁 (一迅社文庫アイリス)

銀狼王の求婚 箱庭の花嫁
銀狼王の求婚 2 嘘つきな婚約者たち
銀狼王の求婚 3 かりそめの蜜月
銀狼王の求婚 4 神々の花嫁

----
悪魔が来たりて恋を知る (一迅社文庫アイリス)
(2011/09/17)
小野上 明夜

悪魔が来たりて恋を知る (一迅社文庫アイリス)

悪魔が来たりて恋を知る 
死神姫の再婚 四つの愛の幕間劇 小野上明夜
2013年06月04日 (火) 17:12 | 編集
死神姫の再婚 -四つの愛の幕間劇- (ビーズログ文庫)
(2013/02/15)
小野上明夜

死神姫の再婚 -四つの愛の幕間劇- (ビーズログ文庫)

---楽天---

------

死神姫の再婚  短編
四つの愛の幕間劇 

小野上明夜

「死神姫」アリシアと「暴君」カシュヴァーン。金で買われた夫婦関係の二人はある日、ちょっと変わった新婚旅行へ行くことになるが…?『FB Online』で連載された「お手軽新婚旅行」を始め、カシュヴァーンが怪物となっていく過去を描く「成長痛」や、再婚したにもかかわらず、アリシアの王子様を決めるべくルアークと対決する「今さら王子様選挙」など、四つの「愛」に満ちた短編集。
---------------

死神姫のシリーズ、ラストは短編。
まだ初々しい二人の関係から、キス魔な熱々の関係、そして、カシュヴァーンが少年だった父に対する恐怖の物語から、大円団後の小話まで、ぎゅっと詰まった一冊。
彼の父の話以外は、ノリは軽く、ドタバタしたいつもの雰囲気。
熱々の二人に当てられっぱなしの短編です。

『お手軽新婚旅行』
 FB Onlineに連載されていたものを加筆修正。2巻と3巻の間の話。ぎこちない夫婦のやりとりが初々しい。

『恋も剣技もお代次第』
アリシアが剣を習いたいと言い出して…

おまいら、チューばっかりしやがって、勝手にしてくれ。

『成長痛』
父の狂気に怯えながらも、必至に生きた少年カシュヴァーン。神を信じながらも殺された父の愛人のメイドは自分の母親だった…
親友として彼を支え続けたトレイスと、その姉の末路、
シュヴァーンが孤独を背負うまで。

『 今さら王子様選挙』
ルアークが、アリシアの王子様を選挙で決めようと言い出した…

皆様総出で、ワイワイと登場してくれます。
頑張れコゼット…
デイネロ様、気がついてもらうには相当アレだな…

選挙の結論を言えば、
おまいら、アホだナ。

『 天使と悪魔と小悪魔と』
 ”ビーズログ文庫アンソロジー オトキュン!”に掲載された学園パロ


題名が『成長痛』って、変なタイトルの割に、重い話で読みごたえありですが、それ以外は割とどうでもいいといえばどうでもいい話。
もう少し、シリーズに漬かっていたいコアなファンの方どうぞ
二人とも幸せそうでなにより。ルアーク、いつまでもそんな格好してないで早く嫁見つけろ。

ところで、新章がはじまりましたが、こちらは、読まないと思う。正直、アリシアのボケも、ルアークの突っ込みも辛くなった。申し訳ない。
<クルセージュ編>
死神姫の再婚 -甘き毒の聖母- (ビーズログ文庫)

小野上 明夜 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧


イノセント・スター 地上に輝く太陽と共に 小野上明夜
2013年02月12日 (火) 01:40 | 編集
イノセント・スター 地上に輝く太陽と共に (ビーズログ文庫)
(2012/08/10)
小野上明夜

イノセント・スター 地上に輝く太陽と共に (ビーズログ文庫)


イノセント・スター
地上に輝く太陽と共に 

小野上明夜

“太陽"としての力が広まってから、エリッセの生活はすっかり一変!周囲の態度はもちろん「オレに惚れろ!」と言い続けるディガンにもうんざりするばかり。そんなある日、“星"同士が称号をかけて戦う「星合」がレドレリカで開催されることになる。各国よりおかしな来賓が次々とやってきて困惑するエリッセたちだったが、そこに『贖罪の王』ギガンスティ皇帝・リューナーが現れて!?
----------------

珍しく挫折した。ショナエルとグラシカルの過去はきになって仕方がないのだが、どうにも世界に入れなかった。広げた風呂敷が大きく、二人の関係以外のキャラがうるさくて、ヒロインだけでもうるさいのに、いやになってしまった…
『貴方と見る月は綺麗』でラスト巻なのに、がんばって読もうかとも思ったんだが、50ページまで読んで挫折した。
申し訳ない…

小野上 明夜 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧
死神姫の再婚 怪物王子の死神姫 小野上明夜
2013年01月30日 (水) 12:54 | 編集
死神姫の再婚 -怪物王子の死神姫- (ビーズログ文庫)
(2012/10/15)
小野上明夜

死神姫の再婚 -怪物王子の死神姫- (ビーズログ文庫)

---楽天---

----

死神姫の再婚 
怪物王子の死神姫 

小野上明夜

ついに「ひとりぼっちの王子様」の望みを捉えたアリシア。着実に終わりが近づく王城で、ゼオルディスは強引に彼女との結婚式を行おうとする。だがその頃、とうとう本物の「怪物王子」が戻ってきた!!西の大国クルセージュの兵力を借りたカシュヴァーンは、囚われのお姫様を救うため王城に乗り込むが―!?迫りくる最後の時、怪物と王子様とお姫様の物語。シルディーン編・感動の決着。
------------------

やっと決着がつきました!
長かった〜〜。前の巻と時間を開けて読んだのは失敗だったナ。この巻の前半で全ての決着がつきまス。巻の後半からは、コミカルな皆様のやり取りに、ニマニマと笑いながら、ハッピーエンドのシメで嬉しス。
引き延ばしと、血みどろと、首輪と首締めでゼオのやり過ぎ感に、ビーズログ乙女の倫理範疇を超えてしまって皆様のいい加減にして〜〜!と悲鳴が聞こえる中、合間に入るアリシアのボケがシュールすぎる決着!

あらすじ
自らを傷つけながら、アリシアにウエディングドレスに着替えされるゼオ。愛して欲しいと願ったミューゼに愛されなかった彼は、孤独に苛まれ、同じようにゼオを拒むアリシアに執着する。
アリシアを道連れにしようと自暴自棄になる常軌を逸した危機的状況。エルティーナに囲まれた城の混乱と逃亡した花嫁を追いつめるゼオ、西の大国の力を借りたカシュヴァーンの助けは間に合うのか?

暴君を許すべきか、否か?暴君の望みは死。しかし、特別に愛することはできなくても、それでも生きていて欲しいという、アリシアを彼は残酷だと言う…


ラスト山場巻なので、ネタバレあらすじは短めでス。
結婚式の山場で逃げた彼女を追いかけるゼオと、血みどろの恐怖を知るアリシアとだけ、記しておきましょう。首輪は、わたくしの趣味じゃないでス。嫌スギ。
ぎりぎりの場面で、やっと現れたカーシュ。言葉少ない彼との再会の場面に浸りたいのに、ルアークの突っ込みが邪魔をする。ルアークは連載当初は寡黙だったのに、最後だからか? うるさかった。突っ込みは、読者として私の役目だと思っていると、"邪魔だね"と自ら気がついてくれた。もっと早く気がつけと突っ込み。
アリシアに手を出せずに、距離を置くカーシュに、皆様ニエニエ。男としての自信を無くしたのか?枯れたのか?と、言いたい放題しながら、幸せそうで、ハッピー。
 読者的にも、ラストの文章が表面的だとか言いたいことは多々あれど、皆様そろっての大円団。よね?
シルディーン編完結ですねって、続刊があったら別の意味で泣きたいんですけド?
他の文庫にも連載を始め、コミックに舞台にと活躍で忙しそうな作者様。乙!

小野上 明夜 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧

---次巻 短編----
死神姫の再婚 -四つの愛の幕間劇- (ビーズログ文庫)
(2013/02/15)
小野上明夜

死神姫の再婚 -四つの愛の幕間劇- (ビーズログ文庫)
死神姫の再婚  ひとりぼっちの幸福な王子 小野上明夜
2012年10月10日 (水) 11:47 | 編集
死神姫の再婚 -ひとりぼっちの幸福な王子- (ビーズログ文庫)
(2012/06/15)
小野上明夜

死神姫の再婚 -ひとりぼっちの幸福な王子- (ビーズログ文庫)

---楽天---

---

死神姫の再婚  
ひとりぼっちの幸福な王子 

小野上明夜

囚われの身のアリシアは、ゼオルディスが望む「幸せな結末」の物語を考え続けていた。創作の参考に、幽閉中のグラネウスを訪れるが、そこにはライセン家の「家族の肖像」が!最愛の人の姿に涙を流すアリシア。しかし、突然その絵にゼオルディスがペンキをぶちまけた!!ころころと変わる彼の態度。アリシアの中に、おかしな違和感が広がっていき…?真実の「幸福」を告げる第14弾。

---------------

ゼオ様、いいかげんアリシア独り占めしずぎでしょぉ〜と、不満を感じながら、ラストはゼオの本音がやっと出て来たといったところでしょうか?
皆様、壊れちゃって、そこにアリシアの寒いボケで、嫌空気充満。読者的に、いろんな意味で ここから逃げたいと感じさせてくれまス。
久々に、トレイスの登場や、その他の皆様もお集りで、エルティーナを筆頭に掲げた反勢力が勢いを増して行くなか、戦闘が始まり、ゼオがいよいよひとりぼっちの状態に追いつめられていきます。
ゼオ様の出番が多すぎなので、ここでカシュヴァーンの動きなどを盛り込んでくれたら、単調にならなかったのに、カシューヴァーンの動きはラストに3行くらいでまとめられてしまって、寂しい。

あらすじ
ゼオを嫌い彼に決して振り向くことのないアリシア。それが分かっていても、手放せないゼオルディス。城は連日作戦会議と銘打った宴会と横領で荒廃し、人も少なくなっている。謀反の嫌疑をかけられたグラネウスの処刑が近づきつつあるなか、反勢力として女王として名乗りをあげたエルティーナと離婚したジスガルドは心中 迷っていた。アリシアの鋭い洞察と言葉にエルティーナの想いを今更受け止め始めたジスガルド。
そんなやりとりに、皮肉を入れてくるゼオルディスの内面は見えない…
処刑をやめさせるために、ゼオを説得しようと必至なアリシアに、ゼオはある提案をする

「俺の望む『お話』を書いてくれたら、3人とも助けてやるよ」

リュックの書いたカーシュに涙するアリシアに嫉妬するゼオ。必至に自分を知ってほしいと願う一方的な彼の言動と、お互いに届かない思い…
城に来た、トレイスとシャンテ、そしてディネロ。
いよいよ、反勢力との戦が始まる…


あぁ、長かったというのが、本音。ゼオだけでここまで引っ張るとは思っていなかったので、食傷気味ですが、本音が見えてきましたネ。首輪に首閉めに、壊れた笑いありで、薄気味悪さに拍車がかかっておりました。
今回、一番壊れちゃったのは、リュクだったナ。
生まれ変わっても描きますッて、死ぬの前提ですか!苦笑ッ
頑張れ〜(テンション低めに応援)
トレイスとシャンテ、尻にひかれながらも なんだかんだと、楽しそうにしてたのか!と、にまりと笑った。ゼオに関しては、救いようのない話なだけに、ラストでどうまとめるのか、『シルディーン編・感動の決着!!』とありますが、もしかして、終わらないのか?!!怖ッ!
15日発売でス。

B's LOG文庫 読了一覧

小野上 明夜 読了一覧

-------
死神姫の再婚 -怪物王子の死神姫- (ビーズログ文庫)
(2012/10/15)
小野上明夜

死神姫の再婚 -怪物王子の死神姫- (ビーズログ文庫)

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 小野上明夜
2012年08月03日 (金) 14:15 | 編集
イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)
(2012/04/14)
小野上明夜

商品詳細を見る


イノセント・スター
真っ赤に笑う超新星 

小野上明夜

『暗黒星』ディガンのおかげ(?)で禁呪を退けたエリッセ。これで平和な生活が送れると思っていたのに、「育ってから喰らう!」と豪語するディガンが教師となって、ずっと一緒の生活に。むしろ状況悪化!?と嘆くエリッセだったが、ある日“太陽”の力が暴走し、全世界に知れ渡ってしまった。そんな彼女を狙い、やってきたのは超最凶の男『マッド・キャンディ』ことジャノン・グラスで―。
---------------

一巻目で、読むのがしんどかったのだが、
二巻目なら、馴染めるかと頑張ってみたが、どうも自分と合わない。
星の等級が、魔術のレベルみたいなもんで、理解はできるのだが、いまひとつピンとこない。
少年紙系なノリと、ヒロインのボケの”きゃぁきゃぁ”が、夏の暑さにあいまって、嫌になってきた。
帰省の憂鬱と夏休みの子供への苛つきは、本の感想とは関係ないが、読む環境は大切だ…泣
それでも、『死神姫の再婚』からずっと読んできた、実力もある作家さんだし、中盤まで読んだら、グラシカル先生の黒い部分が、いい感じです。
小野上明夜さんの、暗い部分も書けるところが、結局気に入っているのですヨ

あらすじ
不幸体質を克服したエリッセ。
ディガンは、教師という立場に落ち着く。
彼女の星 太陽をコントロールできずに不安定な状態の彼女。
エリッセの太陽が暴走し、彼女の存在が次々と知れ渡る…
太陽を持つ彼女を狙う人物は多い。
彼女を守ろうとするグラシカルとディガン。
彼女の慕うグラシカルの、彼女が知らないグラシカルの一面。

「天涯孤独の女の子の心を攫むなんて、雑作もないことだった。君ほどじゃないけど、僕は割と女の子受けするんだ」

グラシカルに精神的に頼り切ってしまう彼女と、
理解していても、もどかしいディガン…
彼女の力を察知した、ジャノンは、監視役のニコラと ともに<導きの灯>への攻撃を開始した…

後半はバトル。結局こいつら何をしにきたんだ?
面倒くさいのにからまれてますネ、求婚されてますヨ。ジャノン、いったいなんだんでしょう…続刊でもからんできそうです。ディガンと過去のシリウスであるショナエルの関係が、気になるわヨ。なんで聞かないのよ小娘!と、読者的に、イラッ。
絵は、最高に可愛いです。彼女の台詞も、愛らしい容姿同様、ちょっとどもった会話と、キャァーが、可愛いといえなくもない。(本音は、苛つくッ!
ティリス先生、不憫だが、ハーシェル君、頑張ってネ
ディガンの”惚れろ”に笑う。そういわれても、彼女の気持ちは遠そうだ…涙

それで、結局三巻目も、半分ほど読んだが、折れた。
申し訳ない。

小野上 明夜 読了一覧
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク