本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
鬼へ鳴く月へ笑う 青暮波緒
2016年11月24日 (木) 13:03 | 編集

鬼へ鳴く月へ笑う (ルルル文庫)
2016/8/26
青暮 波緒 (著)

---楽天---




鬼へ鳴く月へ笑う

青暮 波緒

鬼を討つ役目「警鬼官」の痩月は、伝説の琴「鬼鳴琴」を持つ少女・紗雨を、むりやり鬼討ちに参加させる。共に過ごすうち、痩月は紗雨を好きになっていくが、出自への劣等感からその想いを封印しようとする。一方、紗雨も痩月に惹かれていくが、彼女には秘密があり…!?お互い孤独に生きてきた青年と少女の切ない恋を瑞々しく描く、異世界ファンタジー!第10回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門読者賞受賞作!
—————————

鬼を退治する「警鬼官」の痩月と雪路の二人に、無理やり鬼をおびき出す役を引き受けさせられた紗雨だが、彼女には他に目的があって…。

読者賞受賞にてデビューの新人作家さんです。
読み切りのダークファンタジー。
ヒロインのヒロインの紗雨以上に、心に虚ろを抱える痩月の姿が見えてきます。物語の雰囲気はかなりシリアスですが、主人公二人が抱える暗い側面を彫り込みつつ、友人カップルのほのぼの感が対比するような構図で面白かった。
ダークな作品は商業的に少ない傾向になりがちなのだが、今後はどんな作風になるか楽しみ。

あらすじ
音色に霊威あり、その音は鬼の声ににて、鬼と鳴きあう。
国宝だが行方しれずとなった伝説の琴「鬼鳴琴」を鳴らすことができる一ノ木の末裔・紗雨を探し出した「警鬼官」の痩月は、嗚咽をこらえるように震える琴を持った儚げな少女の姿に戸惑ったものの、鬼帝発生にともない増加する雑魚について唐突に語りだした。

「一ノ木紗雨。俺の下で、琴を弾け」

低く告げたそれは命令だ。
続く彼の言葉に、歓喜とも悲嘆とも見える表情を見せた紗雨に、痩月は目を奪われたが、彼女が断る前に刀を一閃させ命じた。

「聞こえなかったのか?頷けと、言ったんだ」


冒頭の経緯。母を亡くしてから、薬師として生計をたててきた紗雨にとって、問屋の娘・灯乃は友人であり恩人である。その灯乃の許嫁であり幼馴染の雪路は、昨夜現れた痩月と同じ「警鬼官」の仕事をしており、紗雨と共に仕事をする仲間だという。だが、彼は年下の許嫁を心配し灯乃には内緒だと釘をさす。
早速、痩月と雪路につれられ、紗雨は鬼を集めるために琴を鳴らした。だが、音色の効果は…

さまよう弟を探すヒロインがメインかと思いきや、虚ろな部分を抱える痩月がメインでもあります。18歳の彼の成長が良いお話です。
友人カップルは、邪魔になるギリギリのさじ加減だったナ。弟くんの話をもう少し詳しく欲しかったと思わなくもない。
人物に対してはかなり気を使っているのを感じるのだが、風景が見えてくるともっとわかりやすいかな。後半はとくに感情にあわせた風景の描写がもっとあるといいな。
その辺りは今後の活躍に期待しています!
いい作品だった。

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
レディ・マリアーヌの婚約 3 宇津田晴
2016年11月22日 (火) 21:45 | 編集

レディ・マリアーヌの婚約3 (ルルル文庫)
2016/8/26
宇津田 晴 (著)

---楽天---




レディ・マリアーヌの婚約 3

宇津田 晴

騎士に憧れる少女マリアーヌは、失恋を機に王宮へ。そこで出会った第二王子ロベルトから下僕認定されるが、いつしか二人は思い合うように。強引なほど情熱的なロベルトの言動に、恥ずかしくも幸せいっぱいのマリアーヌ。そんなある日、マリアーヌの故郷で謎の盗賊団が現れたという情報が!その陰に、かつて王宮を混乱させた人物の気配を感じたマリアーヌは…!?過激に甘い恋人の愛に包まれて、男前少女が凛々しく大活躍!
——————————

2巻で終わって残念でたまらなかったのだが、5年ぶりに完結巻がでました!!おめでと〜〜!
(というか、ルルルの存続が心配だが…)
懐かしの王子&下僕&忠実なる執事のトリオでのドタバタが楽しい巻でした。
ただ、この巻だけで読んでも、月の石をめぐっての設定や、マリアーヌの初恋の失恋がわからないために、面白くもなんともないので、是非一巻から。

あらすじ
第一王女ミリエールの話し相手として王宮に滞在することになったマリアーヌだが、本来は故郷での失恋から普通のレディになるつもりでやってきた。だが、ロベルトに騎士であった過去を知られ、色々あって『下僕』認定を受けて彼の手足として動き、奔走する中で、お互い惹かれあい……今に至る。

「や、止めて下さい。ロベルト様が、私のことを好きでいて下さることだけでも、夢のようなのに、これ以上ドキドキさせられたら、どうにかなってしまいますっ!」

「どうにか、なればいいだろう」「俺がおまえを狂おしいほどに愛しく思うのと同じくらい、俺を好きになればいい」


冒頭の経緯。しかし、そんな二人に届いた知らせは、マリアーヌの父と兄からの絶縁状!?
そして、故郷にいる先輩からの手紙にはシノンで盗賊団が暴れているとの情報が。その先輩とやらの存在がロベルトは気にいらないようだが、マリアーヌの求めに応じてくれて…。

ロベルト激甘。マリアーヌの宝塚的な男義あふれる成分がかなり弱かったけれど、幸せそうだからなにより。
月のかけらの使い道も、やっぱりこうでなくちゃという王道で大団円。
かなりおまけ感が強い作品だったが楽しかった。

レディ・マリアーヌの秘密
レディ・マリアーヌの恋人 

宇津田 晴 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
幽霊伯爵の花嫁 恋する娘と真夏の夜の悪夢 宮野美嘉
2016年10月21日 (金) 15:50 | 編集

幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (ルルル文庫)
2016/8/26
宮野 美嘉 (著)

----楽天----




幽霊伯爵の花嫁 
恋する娘と真夏の夜の悪夢 

宮野 美嘉

優秀な墓守であるジェイクの十七人目の妻として、騒がしい幽霊たちに囲まれたコルドン家で暮らすサアラ。ある朝、ジェイクのもとに匿名の手紙が届いた。それは同業のランカスタン伯爵家が悪霊を屋敷に閉じ込めているという告発文だった。夫婦はランカスタン領に向かうが、旅の途中、サアラは謎の感情に襲われて思わずジェイクの抱擁を拒絶!もしかして…これが夫婦の倦怠期?予測不能な事態に最強花嫁サアラがとった行動は!?
------------------------

宮野 美嘉 の人気シリーズ作品のスピンオフ。
アクの強いお話ですが、ぜひシリーズを通して読んでほしい作品。

17歳になる前に嫁いだサアラも23歳。可愛い娘リオンと、妹を溺愛する兄エリオス、未だ狂気を抱える祖母アシェリーゼの幽霊など個性的な仲間たちとの、幸せなその後を楽しんでください。

相変わらず、サアラの愛し方がロマンチック(猟奇的)で素敵(ブラック)です。
ところが、どうやらサアラは倦怠期のようですョ。

あらすじ
「あら、お仕事にばかり気持ちをとられて妻の存在を忘れる旦那様がいけませんの。私を傍においておきたいのなら、きちんと鎖で繋いでおかなくては……ね?」

歳を重ねて凄みを増した美貌の妻を、夫のジェイクは顔色一つ変えずに見下ろし、不意に手を握ってきた。

「? どうかなさって?」

「繋いでいる」

あまりに短く不親切なその答えに、サアラはうっとりと微笑んだ。

「まあ……素敵な鎖ですこと」

そして繋がれた手にぎゅっと力を込め、親指で彼の手の縁をなぞる。

「このまま骨まで溶けて固まって、永遠に離れなくなったらどんなにいいでしょうね」


冒頭の経緯。ジェイクは息子エリオスに、不審な匿名の手紙を調べるためにランカスタン伯爵領での調査を命じた。ところが、今日はエリオスの誕生日。誕生日というものに特別な思い入れのないジェイクだが、お祝いをしたかったという娘リオンはヘソを曲げ、無謀にもエリオスを追いかけて屋敷を抜け出してしまう。
息子と娘を追いかけ、ジェイクとサアラもランカスタン伯爵領へ向かうが、そこにはかつてジェイクに向かって結婚する前に一緒に逃げてほしいと言った娘が嫁いでいて…

サアラとジェイクは、行方不明になった息子と娘を取り戻すことができるのか?幽霊事件の真相は?
というわけで、皆様ご健在。
楽しかった。
サアラの思考は、ブラックでひねくれでいるようで、妙に説得力があって納得させられてしまうのです。この物語だけ読んでも面白さはイマイチ伝わってこないかもしれない。
ぜひシリーズで読んでみて!!!

ルルルの人気シリーズや続編の声が多かった作品が一気に三冊 ”幽霊伯爵の花嫁””レディ・マリアーヌ”に続き、次回の新刊が"乙女なでしこ恋手帖”(この冬)とあるだけで、もしかしたらの廃刊しそうなのではと不安でいっぱい!!!(っω・`。)

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
眠れない王様のお休み係 宇津田晴
2016年09月23日 (金) 12:22 | 編集

眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)
2016/7/26
宇津田 晴 (著)

---楽天---




眠れない王様のお休み係 

宇津田晴

庶民育ちの新米王女ローズは、腹黒冷酷と悪名高い宗主国の王様アンドルーが、かつて同じ旅芸人一座に身を置いていたアンディだと知り、びっくり。だが優しかった少年は激務と刺客のせいで極度の不眠症になり、いつも不機嫌な陛下になっていた。アンディの体調を心配するローズは、彼の安眠を確保しようと計画。一方アンディも、ローズがそばにいるとなぜか熟睡できることに気づき、荒みかけた心が癒されていくが―!?
------------------------

母親と王様との恋の末に、ド庶民から新米王女となったローズだが、”仕事をする”ことが大好きなローズは、自分にも何か仕事が欲しいと頼み込み…。

王様となった幼馴染みとの再開のラブコメです。
不眠の王様アンディを安眠させることで、ローズは自分に有利な人脈を持つ婿候補を紹介してもらうという、仕事を引き受けたわけだが、お互いに惹かれ合うという王道展開。
ローズは恋に臆病になっており、仕事という理由をつけていることに自らが気がつくまでが、作者らしいアップテンポのコメディで描かれます。
描写も砕けた雰囲気なので、ローティーンから楽しめるルルル痒いお話。アンディのセリフに赤面するローズが可愛らしいです。
でも、”お休み係”というタイトルから、抱き枕ヒロインとしてのベッドでのイチャイチャや甘く切ない展開を期待するとかなり違うのでご注意。

あらすじ
いくら親切にしても『仕事』なら相手の負担にならないだろうし、対価を払うなら向こうも遠慮なくこちらに要望を伝えられる。
当時、家庭の事情で一座に預けられたアンディの指導役だったローズは、指導の代わりに文字や読み書きや計算を彼から教わった。
「あれ以来、私にとって仕事は特別なものなんです」
そのアンディは今ごろどうしているのか、今はあの厄介な体質、治っているといいんだけどなぁ……。

そんな思い出話をしていると、死んだと思っていた父親が現れ、実は王様で母親との熱烈な再開のラブシーンの末に、あれよあれよという間に一年。
ローズは仕事がないことに我慢できず、やるべき仕事を与えて欲しいと両親に懇願した。
そこで、父王の提案でアクア王国で社交シーズンを過ごし、”信頼できる相手を探して、縁を結ぶこと”をしてみてはと提案される。
  つまり、この公国の未来に役立つ人を捕まえてこい、ということなのねっ!


冒頭の経緯。気合いを入れて臨んだものの、ローズは早々と群れる肉食獣のような男性たちから逃げ出した。だが、逃げ込んだ先のリネン室には、かつて一座で一緒だったアンディが。お互いの再開を喜ぶ間もなく、彼は突然ローズに倒れこむように寝てしまい…。

一夜明けて、「残忍で冷酷な策士」と言われる新王がアンディだったことを知り、寝不足で不機嫌な彼のイメージアップと引き換えに、人脈作りを手伝ってもらう取引が成立。
アンディの恋人役となったローズは、勉強会で知り合ったミカエルやエミリーとともに、アンディの別な一面を他の人に理解してもらおうとするが…

後半は、継承権争いのゴタゴタ。
もちろん、素敵な王様となった彼にローズは複雑な胸の内。サバサバとしているようで、恋に臆病な乙女心に気がつくのであります。
仕事に傾ける情熱は、本来の優しさを隠すための口実なだけに、妙な角度にずれたヒロインの性格が天然。寝不足だと根の暗い方向に向かうヒーローとの掛け合いが可愛かった。
すごく盛り上がるというわけではないが、安定のクオリティーで楽しく読了。

宇津田 晴 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
魔王の贄花嫁 宮野美嘉
2016年08月11日 (木) 12:10 | 編集

魔王の贄花嫁 (ルルル文庫)
2016/4/26
宮野 美嘉 (著)

---楽天---





魔王の贄花嫁

宮野美嘉

“夜の主”と呼ばれる魔王ウルギスの花嫁に選ばれたロロナ。ウルギス暗殺の密命を受けての嫁入りだが、ロロナは彼が本当に悪い男か、自分の目で確かめるつもりでいた。ところが初対面のウルギスから「必要なのは世継ぎを産む体だけだ」と冷淡に告げられロロナは猛反発!すれ違いの新婚生活が続くが、ある日偶然、夜しか姿を見せないウルギスの昼の姿を知ることに。恐ろしい普段の態度とは正反対の甘さを見せる夫にロロナは大混乱して…!?
---------------------------

まっすぐで一本気なヒロインと、ひねくれヒーローとの政略結婚ものです。
かなりひねくれており、彼が見せたがらない側面が次々に見えてくるたびに、ワクワクしました。
もともとファンタジー色が薄い作家さんなだけに、魔王に嫁ぐという割には、耳と尻尾萌えと呪いという程度です。大半は主人公達の心の動きと葛藤に焦点を当てております。
アクの強いヒロインを書く作者にしては今回は普通にいい子。噛みつきはなしです。(あ、ヒーローの甘噛みはあったナ…)
面白かった。

あらすじ
父よりも強い男を求めた結果、ムストニア一の剣士にして破魔の力を持つロロナは、魔王ウルギスの花嫁に選ばれた。
魔物の国シャンドーラ  その地は瘴気に満ちており、民は生まれながらに不思議な姿や力を持っているのだという。
だが、命じられたのは、花嫁として子を産むことではなく、国一番の剣の腕をもって、魔王の首を落とすこと。
かの魔王は二十歳の年にムストニアの王都を滅ぼすであろう  と予言されているというのだ。

「……魔王が本当にムストニアを襲うというのならば」

ロロナは魔物の国シャンドーラへ向かった。
だが、現れた魔王は長身痩躯の男だった。ロロナは彼を見て瞠目する。耳も尻尾も生えていない。髪の色以外はごく普通の人間だ  
しかも、ロロナが彼の命を狙ってきたことを暴露しても微動だにしなかった。

「問題ないな。お前の人間性には興味はない。私がお前に求めるのは世嗣ぎを産むこと一つだけだ。その血と胎があれば事足りる」


冒頭の経緯。不意に耳と尻尾が出てくるウルギスにロロナは興味を持つ。だがウルギスを知ろうとするものの、興味がないと拒絶されてしまう。しかし、あることがきっかけで、彼を受け入れるために、昼間にウルギスの部屋に向かうと、そこには  本当にあなた誰?

ウルギスの母は占い師であり、息子が呪われてくると知っていながら産むしかなかった。20年前から定められた運命に従うしかなかった彼の両親。ロロナは彼を救うことができるのか?

というヒロイン根性を今回も披露してくれます。
ヒロインは後半の方が、会話がノッてる。ぐいぐい食いついて人を知りたがる作者らしさと、ひねくれた会話が好きだ。
ツンデレの夜の彼も、優しげで裏のある彼も、どっちも萌え要素たっぷりで痒かった。さらに尻尾と耳って…ムフムフしたわ。

アクの強さは少ないので、宮野美嘉初心者さんにもオススメな一冊。

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



飛天の風 六男坊と陰陽師 深山くのえ
2016年07月04日 (月) 22:58 | 編集

飛天の風 六男坊と陰陽師 (ルルル文庫)
2016/5/26
深山 くのえ (著)

---楽天---




飛天の風
六男坊と陰陽師 

深山くのえ

時は平安、太政大臣の六男坊・藤原有視は、陰陽寮の学生・安倍春秋とともに、「密かの賊」と呼ばれる一味の盗みの現場に遭遇し、なりゆきで事件に関わる羽目になった。そんな時、有視は幼なじみの小色と再会する。小色に心を寄せる有視だったが、彼女はなぜか有視を避け続ける。一方、有視の身に迫る危機を感じ取った春秋は、自分の式神を有視に分け与えようとするのだが…!?平安陰陽師物語、ここに開幕!
--------------------

男二人が主人公の陰陽師ものです。太政大臣の六男坊・藤原有視と、陰陽寮の学生・安倍春秋とが出逢い、事件を解決するという、男子の友情もの。
BLっぽいねちっこさはないです。
有視の幼馴染の少女との再会に期待していただけに、かなりの裏切られ感。
有視速攻で失恋です。
乙女の胸キュンはナシです!
深山くのえファンは、購入する際はご注意。

作者といえば、薄幸美少女の切なさと、それを救うヒーローという構図を期待していただけに、かなりの方向転換に、一ファンとしては面食らってしまって、感想らしいものが書けないのだが、男子の友情と陰陽師が好きな方なら楽しいのではないのかと…

あらすじ
「何してんだ、邪魔!」
「……は?」

太政大臣の六男坊として身分の低い母から生まれた藤原有視は、次兄・公佐にいいように使われ、真夜中の文の使いの途中だった。
突然、小男にぶつかられ、挙句細身の男がぶつかってきたうえに、邪魔扱いされた。
好きで身の丈が六尺近くあるわけではないというのに。
さらに、太刀を腹に刺した男が、ふらりと現れ、二人の目の前で死んだ。
そのため、検非違使を呼ばれた挙句、状況説明を求められ、細身の男の正体はわかったけれど…


冒頭の経緯。太刀を腹に刺したまま男が死んだ現場に居あわせた六男坊・藤原有視と、陰陽生・安倍春秋。
春秋が、兄の小言を回避するように機転をきかせてくれたことで、有視は陰陽寮に礼を言いに行った結果、式神などを見ることができると知ることに。
そんなとき、有視は幼馴染の小色と再会し、有視は懐かしさから何度も会いに行くが…

視点は有視からなので、乙女のときめきを求めてはいけない。
もちろん、ベテラン作家だけあって起承転結もしっかりしているし、有視と春秋はいいコンビだったし、式神の動きも良かったし、それなりに普通に面白いのよ。
…私の読書の範囲が狭すぎるのが悪いの。

深山 くのえ 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク