本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
春天繚乱 雪月花の君と春暁の夢 九月文
2016年10月16日 (日) 17:20 | 編集

春天繚乱 雪月花の君と春暁の夢 (角川ビーンズ文庫)
2016/7/30
九月 文 (著), 雲屋 ゆきお (イラスト)

---楽天---




春天繚乱
雪月花の君と春暁の夢 

九月文

都の権力争いから領国を守るため、宮中に入った透子。幼い頃に大切な約束を交わした姫宮は、敵ばかりの宮中で心を許していた朱雀院の宮だった―隠されていた真実にくわえて、幼なじみの龍尚からの求婚に透子はとまどう。一方朱雀院の宮は藤原氏と共謀して、梅壷の更衣・紗子を宮中から下がらせる。その裏には朱雀院の宮と藤原氏との縁談が?はたして朱雀院の宮は敵か味方か―長年の想いが花ひらく平安恋絵巻、第3弾!
------------------

3巻で完結のようです。
お互いの正体を知った上で遠回りな二人なのだが、互いの空白を埋める彼の告白が嬉しいラストでした。
とはいえ、あれだけ志が高かったのだから、どんなすごいことをするのかと思ったが、これといった部分がなかったのは惜しいな。これで本当に終わりなのか?

あらすじ
「平然とだましつづけるような奴を信用できるか・味方ヅラして近づいてくる奴なんて敵よりもタチが悪い」

龍尚はそう苛立たしげに吐き捨てた。敵ばかりの宮中でようやくできた味方だ。
それは自分を欺くための仮面だったのだろうか?それはいったいなんのために……?


P9〜10引用。冒頭の経緯。幼い頃に大切な約束をした姫宮が彼だったことを、幼なじみの龍から知らされ、愕然とする透子。しかも、龍から求婚されて…!!

彼の正体を知ったことで、今までの言動を恥じ彼を避け始める透子。しかも、政敵である藤原氏の僧侶と行動をともにする彼の行動に透子は…。

彼女なりに、今まで観察してきた彼の人となりを理解した上で、彼の行動に対して公平な判断をする透子なので、安心して読めます。

でも、もっと話が広がるかと思ったのに、妖退治もので終始して終わってしまった。やっぱり宮中から政治を変えようとするってあたりで、テーマ的な難しさがあったナ。
全体的には楽しかったのだが、世の中が変わる激動の時代を前に、あとがきにあるように”みなさまのご想像におまかせ”で終わったのが残念な気もする。

九月文 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
春天繚乱 風花の宮と春宵の宴 九月文
2016年05月29日 (日) 16:26 | 編集

春天繚乱 風花の宮と春宵の宴 (角川ビーンズ文庫)
2015/12/26
九月 文 (著)

---楽天---




春天繚乱
風花の宮と春宵の宴

九月文

帝の寵姫である叔母・紗子を守るため、宮中に入った透子。手に入れた平穏な日々も、公達が「紗子を女御に」と言いだしたことで一転、ふたたび弘徽殿からの嫌がらせがはじまる。弘徽殿に物の怪が現れたのは紗子の呪詛のせい、と疑いをかけられてしまい、透子は朱雀院の宮と物の怪を追うが、物の怪が現れる先にはいつも、紗子を女御に推挙した若き公達・帥の宮の姿があって…?七星の想いが絡みあう平安恋絵巻、第2弾!
----------------

2巻目です。
陰謀渦巻く後宮の中で、叔母を守り、少しでも藤原氏をけん制したい。世の中が乱れるのを防ぎたいと願うヒロイン・透子が、一女房という身分の中で奔走しつつ、その中で妖怪が関わってくるという物語です。
2巻目は、新キャラ・師の宮。
「紗子を女御に」と言い出した人物は何者なのか?というお話。
今回は、全体的な物語の進展はなく、地固め。

あらすじ
七星剣の窃盗事件も片がつき、いまの宮中はいたって穏やかだ。
しかし、ふたたび弘徽殿からの嫌がらせが始まった。
梅壼の更衣を女御にされてはと言い出した人物がいるらしい。
(いらないことを言ったのはだれ……!?)
朱雀院の宮の言葉から、<師の宮>なる人物を思い浮かべようとしていると、目の前に爽やかな青年が現れ、軽くからかって去っていった。あの爽やかな人が<師の宮>なのはともかく、
(もし叔母さまが女御になったら七の宮が政に巻き込まれる…?)
透子が思惟に沈んでいると、朱雀院の宮が透子を現実に呼び戻した。

「師の宮の言上を、あなたはどう思われましたか」

「わたくし、ですか?」


冒頭の経緯。七の宮擁立派と、七の宮をめぐる左大臣の思惑を阻止するために、今のうちに脇をかためてはという師の宮の考えに、権力欲のない叔母の身を案じながら、<和>を望む透子は、叔母を守ることだけが藤原氏の専横を防ぐことだけではないと気づくことに。
そんななか、叔母・紗子が弘徽殿に呪詛をかけたとされ、透子は朱雀院の宮とともに、物の怪の調査をすることに。

ン〜、悪くないんだけど、思ったよりメリハリに欠けていて、ぐっと惹きつけられるキャラがいないというか…かなり淡々としている。ヒロインが地に足のついた考えということで読めば良いのだが、理屈が先にたって、動きに欠けるのが惜しいかな。
ヒーローの独占欲あたりは萌えだった。
紗子が憧れた姫宮の話はラストまでおあずけ。続刊での進展に期待。

九月文 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
春天繚乱 花鎮めの姫と七星の剣  九月文
2016年01月18日 (月) 22:56 | 編集

春天繚乱 花鎮めの姫と七星の剣 (角川ビーンズ文庫)
2015/8/29
九月 文 (著),

---楽天---




春天繚乱
花鎮めの姫と七星の剣  

九月文

大納言家の姫ながら女房勤めをする透子は、公達の誘いを躱しまくった結果、ついた呼び名が「今小町」。女たちの嫉妬にも負けず一心に働くのは、叔母・梅壷の更衣を守るため、そして大切な「約束」のため―。だがある日、透子は宝物・七星剣の窃盗容疑をかけられてしまう。窮地に陥る透子の前に現れたのは、すべてを兼ね備えた人物と評判なのになぜか透子にだけ冷たい朱雀院の宮で!?七星の宿命が紡ぐ、平安恋絵巻開幕!
-----------------

大納言家の姫でありながら、梅壺で女房勤めをする透子は、”小町”と呼ばれる美しい16歳の娘だが、数多の男を袖にしてきたことで冷たい女という意味の”小町”だということだと理解している。
透子に対し、辛辣な態度の朱雀院の宮に、怒り心頭で…

陰謀渦巻く後宮での男女の駆け引きと、女の嫉妬。一方外では政治的な思惑と心理戦。そんな中で、必死に肩肘張って頑張ってしまうヒロインを中心に描く平安ものです。
かなり気の強い、やる気満々のヒロインです。
目線で殺されそうです。男は悩殺。女は瞬殺。たぶん
平安後宮の細かな事情をまったく知らないローティーンが読むのは少々つらいですが、作者の前のシリーズなどが好きな方は、楽しめると思います。
出会いと始まりの1巻という雰囲気で、面白くなるかどうかは続刊次第ですが、期待しております。

あらすじ
叔母・梅壷の更衣は帝の寵愛を受け、弘徽殿の女房達からは疎まれている。透子は挨拶を終え、渡殿に散らかった嫌がらせを前に、困惑しながらも腹を立てていると、そこに現れたのは朱雀院の宮だった。

「あなたの行く先々にはなにかと事がおきますね」

   きた)
(今回のことはわたしのせいじゃないでしょう!?)
透子は心を決めるとことさら目を細め、扇をかすかに目元から扇をはずすと、誘うような笑みを向けた。

「宮様に祓っていただければ安心なのですけれども?」

    <今小町>と呼ばれる妖艶な微笑み。
並の公達なら目線一つで落ちただろう。だが朱雀院の宮はその瞳の奥にある朝鮮的な光を見て取った。
だが、去り際に朱雀院の宮がぱさりと扇を開、落とした一言を拾ってしまった。

   あなたは、<小町>と呼ばれる意味をいま一度考えられたほうがいい」


冒頭の経緯。天敵のような朱雀院の宮に苛立ちを隠せない透子に対し、人柄の温かな梅壺の更衣・紗子は朗らかに笑う。
左大臣の娘である中宮亡きあと、孫娘を弘徽殿の女御にするが、帝の寵は紗子に移り、紗子を女御にするのではとピリピリしている。
一方、父に呼ばれた透子は、結婚をせっつかれ、幼馴染の龍尚には待ってもらっている状態。なぜなら、透子には、幼い頃にある姫と交わした約束があったから。
藤原の息のかかった国司と地方の豪族との間での軋轢を肌で知っている透子には、女の身でもできるこがあると信じており…

透子にまとわりつく、近衛中将に辟易しながら、亡くなった七星剣の捜索に巻き込まれ、それを探す朱雀院の宮の仕事に首を突っ込みという展開。
その幼い頃の姫が誰かは、読んでのお楽しみ。
いろいろと無自覚なヒロインが、何故そこまでの覚悟を幼い姫と約束したのか、その辺りの事情がこの巻では、さらりとした説明だけのような気がして、読者の同情を買うまでには至らなかったので、続刊では、朱雀院の宮の境遇など、その辺りの事情も含め、恋の進展とともに期待したい。

九月文 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧

二巻目でました。
2015/12/26




銀の竜騎士団 ウサギと七竜の天空の祝宴  九月 文
2014年07月24日 (木) 17:28 | 編集
銀の竜騎士団 ウサギと七竜の天空の祝宴 (角川ビーンズ文庫)
(2014/04/26)
九月 文

商銀の竜騎士団 ウサギと七竜の天空の祝宴 (角川ビーンズ文庫)

---楽天----

--------

銀の竜騎士団
ウサギと七竜の天空の祝宴  

九月 文

王女シエラ、大珂国の皇宮で大告白!?斎宮白桜の子として大珂国に迎えられたスメラギだけれど、太子とは認められず官僚旒季瑛の監視下に置かれて刺客に狙われる日々。そんなスメラギを追って皇宮に入り込んだシエラは大プロポーズ!「わたしの大公になってください」「俺は俺が望むところにゆく」それぞれの国を負う立場になったスメラギとシエラ。ふたりが望む未来のために選んだ道とは!?大人気シリーズ、運命の完結!
-------------------------

ラスト巻です。
彼の祖国である大珂国に舞台を移します。
彼女から離れようとするスメラギを、ウサギは取り戻すことができるのか、緊迫の展開。
ああ、終わってしまった。(表紙のシエラ可愛い)
気に入っているシリーズが終わるのは寂しい。

あらすじ
ローレンシアから太子である大珂国に戻ることを決めたスメラギ。実の父との対面を前に、周囲は所在の知れなかった彼を諸手をあげて歓迎するわけもなく、命を狙われ、旒季瑛はスメラギに好戦的な眼を向ける
ローレンシアを守りたいと思っていた。守りたい相手がいた。たとえ傍らにいることができなくとも自分が間接的に彼女を守っていることになる、それでいいと思っていた  それなのに。

  もうそれすら叶わないのか)


というわけで、ラスト巻なので詳しい粗筋は割愛。
ストーリーは、大珂国での次の太子をめぐっての、陰謀がからみつつ、恋の行く末を見守る展開。
馴染みのない異国にて苦悩する彼のもとに、アルシェイド。そして従者としてついてきたのはウサギ。
シリスも登場で、アルシェイドを焚き付け、ウサギにハッパをかけ、スメラギを追いつめてと、忙しい。

うまくまとめられてしまった感がしなくもないが、落ち着くところに落ちついて、嬉しい。
しかし、痒いところに手がとどかないムズムズした読後感でもある。皆様の幸せなその後的な短編集希望。切に希望ッ!!

九月文 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



銀の竜騎士団 ウサギが奏でる光の序曲 九月 文
2014年04月21日 (月) 15:49 | 編集
銀の竜騎士団  ウサギが奏でる光の序曲 (角川ビーンズ文庫)
(2013/12/28)
九月 文

銀の竜騎士団 ウサギが奏でる光の序曲 (角川ビーンズ文庫)

--楽天---

------

銀の竜騎士団
ウサギが奏でる光の序曲

九月 文

きっと帰る、あのウサギを抱きしめるために―帝国に騒乱を引き起こした罪の対価として、アズィール皇帝が求めたのはなんとシリスの左腕。次々に仕掛けられる皇帝の罠。その連鎖を断ち切るために、シエラへの想いを胸に秘めながら皇帝の許で突破の糸口を探るスメラギ。誰も切り捨てたくない、絶対にあきらめない。大切なものを守るために、王女シエラが下した光の決断とは!?“帝位継承編”完結!そして物語は最高潮に!!
-------------

アズィール皇帝は、シリスの左腕とスメラギを交換条件にした。自らの腕を切り離す覚悟を決めたシリスを止めたのは、女王セレネ。
シリスは、反撃の意思を固める。
スメラギを奪還するためには…

のっけからのシリスの告白大会に、ぶっとび。
キャァキャァ言って転がったのは、私だけではないはずだ。
私は年齢を間違って読んでいたのかと、かなり焦った。恐るべし19歳。脳内年齢は+20歳だからいいヤ。前の巻で死にそうだったぶん、シリスは幸せいっぱいで、微笑ましい。艶ツヤ。
普段は、あらすじは冒頭をまとめるが、シリスの部分は美味しいのでヒミツ。是非一読。

あらすじ
  さて、時間も惜しいことだし反撃、しようか?」

アズィール皇帝の第一子ではなかったアルシェイドは、客人という待遇でローレンシアに身を寄せている。一方、あるシェイドの身代わりとして赴いたスメラギは、皇帝によりスメラギとして周囲に紹介され、皇帝から喜色満面でもてなされ、先代黒竜公への苦い想いを噛み締める。
スメラギを大珂国に帰そうとしていたナシルは、足の腱を切られ監禁されていた。皇帝はスメラギが大珂国<黄龍>を継ぐ者だと知っており、母である皇妃からも龍の加護がなければ大地が涸れるかけがえのない存在だと告げられる。だが、皇妃はここに残ると言う…


スメラギは、皇妃を置いて行けないと、侍女であったナシルの母とナシルとともにと、脱出の計画を練るが、地脈に影響を与える母はここを動くことはできないという。それぞれの生きたい場所…
母との別れと、アズィール皇帝との関係の決着の巻きです。

シリスがどう動くかは、割愛。
ウサギは、カイトに心配されております。
やっと、決着で嬉しい。ラサルス、沈んだと思ったのに…。
嬉しそうなウサギと、スメラギにほっこり。
なのに、一難去ってまた一難。
ラギ君、売られたって、傷ついていますヨ。大丈夫かな?ウサギの覚悟を考える余裕もなさそうで、心配
そならそれで、久しぶりにボディーに一発食らってもよくってヨ。
期待。

(2014/4/26)

うっひょ〜〜!プロポーズ!?頑張れウサギ
銀の竜騎士団 空翔ぶウサギと荒野の罠 九月 文
2013年10月24日 (木) 16:54 | 編集
銀の竜騎士団  空翔ぶウサギと荒野の罠 (角川ビーンズ文庫)
(2013/08/31)
九月 文

銀の竜騎士団 空翔ぶウサギと荒野の罠 (角川ビーンズ文庫)

---楽天---

-----

銀の竜騎士団
空翔ぶウサギと荒野の罠 

九月 文

アズィールでの後継者争いの中、暗殺されかけた第一皇子・アルシェイドを保護したシエラたち。旗頭不在の第一皇子軍を支えるため、アルシェイドに扮してアズィールに単身乗りこんだスメラギを、不安の中待ち続けるシエラ。そんな彼女の下にスメラギが内通者の罠で囚われたと報せが届く。敵対する第二皇子・ラサルスの要求は、スメラギの首―。シエラは空駆けてスメラギ救出に向かうが―!?“帝位継承編”第2弾!
------------------

第一皇子・アルシェイドを保護し、身代わりにアズィールに単身乗りこんだスメラギ。
微妙な国際情勢を背景に、彼を死地に送った不安なシエラの心中や、彼女を取り巻く人々そして、スメラギの過去が明らかになる展開です。
緊迫の展開が続くなか、継承権争いにどう決着がつくのか?
予想外の展開にッ!
もちろん、引き離された恋人達が軸になっておりますが、目がはなせないのはこの人。
シリーズ開始から、シエラやスメラギを裏で糸を引くように操り、時に厳しく、時に優しく、生あたたかく二人を見守ってきたシリス様。
スメラギのボディーに一発入れていたころが懐かしいッ!
二人の成長とともに、シリスの役割も変わり始めていたのは感じましたが、今回は更なる成長。シエラもシリスに教え導いてもらうのではなく、彼女にシリスが かしずくという姿は見逃せませんッ
そして、ラストの鬼引きッ
シリス様〜〜!と、角川ビーンズ乙女の悲鳴と怒号が聞こえる

あらすじ
「あの子は、辛い道を選んでしまったわね」

そう漏らすと、王女は細い眉をかすかに寄せた。
  ただ、待つ。たったそれだけのことがどれほど辛いことか。そして訪れる結果がいつも最良とはかぎらない。
シリスは敬愛する主に微笑みかけながら、主によく似た面差しの少女と国境の向こうの黒髪の青年に思いを馳せた。

アズィールの国境バハールに降り立ったスメラギは近侍に入れ替わりの事実を伝える。第二皇子と戦うための旗頭として、このまま戦いを続けるもよし、見立てるのはやめ四番目の皇子として旗頭にするもよし、潔く幸福するもよし。

しかし、近侍の何者かに狙われたアルシェイド。スメラギを狙うのは確実。
シエラは情報をアルシェイドから聞き出そうとするが、スメラギと同じ顔で冷めた笑みをこぼし、甘い覚悟だと、厳しいく見据える。
皇妃に愛されなかったアルシェイド。父の後継者としてこの国を継ぎたいという彼の想いは、父の子ではなかったという自らの出生で揺れている。
そんな彼の心をシエラは揺さぶる…


後半は、隊長を助けて欲しいと、シリスに想いを託し待つことを選択したシエラ。しかし、情勢は悪化。第二皇子・ラサルスに囚われたスメラギに何があったのか…
帝が留守の今、第一皇子をだしに、皇妃が帝都を明け渡すことのないように、シエラは…

どうするのか、その辺りからは、急転していくので、読んで読んで。ますます面白くなってきた。
やん〜、なんか、さっぱりしちゃったP13のスメラギ様を見ていると、なんだかムズムズする。髪の毛に指を入れてわしゃわしゃしたいとか、思ったのは私だけではないはずだ。
スメラギそっくりのアルシェイドの前で、頬を染めたり、泣き顔みせたりするシエラの挿絵もムズムズするのよォ〜。ろう獄のスメラギ様とシエラのシーンは酷よね。なのに、こんな時に、シリス様〜〜!!
ゴメン、感想壊れはじめた。

九月文 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク