FC2ブログ
本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
花神遊戯伝 よろしく誓え、この異世界 糸森 環
2013年03月28日 (木) 17:37 | 編集
花神遊戯伝    よろしく誓え、この異世界 (角川ビーンズ文庫)
(2013/01/31)
糸森 環

花神遊戯伝 よろしく誓え、この異世界 (角川ビーンズ文庫)

---楽天---

------

花神遊戯伝
よろしく誓え、この異世界

糸森 環

どこにでもいる、ごく普通の女子高生だった。昨日までは―女神的存在“緋宮”になった知夏の、大地を守る神花が咲かない!花が咲かなければ、悪鬼に国が襲われ、国を守る神様が去ってしまう。知夏は神々を引き留めるため、直談判を決意する。だけど、クセ者ぞろいの緋剣たちと神門に行く途中、知夏は麗しきケダモノの王・遠凪と再会し!?待望の第3弾。
-----------------

3巻まで読んで、癖のある文にも慣れて来た。
もしかして、”緋宮”として恋は、する方ではなく、される方、世直し道中的なシリーズになるのかと(別にそれはそれでもいいがネ)案じておりましたが、
今回は胡汀と遠凪との全面対決、血みどろバトル妖怪大決戦!
”緋宮”としてより、一人の人間として誰かに傷ついて欲しくないと必至な知夏の叫びが痛く切ない物語でした。
ただ、もう少し、私が好きなのは胡汀だと説得力のある部分が欲しかった。胡汀の存在感が薄かったのは残念。
いろいろ心配な娘でス。
彼女は、誰の手をとるのか、取らないのか、乙女ノベル的な展開は好きだ。

あ〜〜そろそろ、用語説明と、登場人物詳細一覧をッ!編集様!!

あらすじ
先代 ”緋宮”の架々裏と、”緋剣”佐基が逃亡してから、”緋剣”の座を要求する未不嶺さんを拒み続けている。
一種を除き、あらゆる花が枯れるという『楽奪い月』がやってきた。
神花が咲かない。椰真は、神花の恩恵なくば、いずれ田畑は小さき守り神達からも見放されると言う。
『楽奪い月』とは、滸楽の祖となる大犬の怨みが地を覆う呪いの季節。まれびと女神”緋宮”の気配と蒸槻の地が調和していないと、祇官長 九支は指摘する。
神門前に行き、神が去らないように説得すると言い出した知夏。

仲間内で喧嘩のたえない”護剣士”の4人を連れ、出発した一行は、蛇神の一族の妖艶な長さんと出会う。朝火は地を這う卑の神だと、剣をふり、長に体を乗っ取られる。話を聞いてもらうつもりが、蛇神に捕まった知夏。
同行した剣士の穂野さん達も、籠に囚われている…
神の力が衰え悪鬼と化す運命を呪う蛇神の長さん。彼女の叫びと命令で一時的に正気を取り戻した朝火。決死の脱出。
後を追ってくる蛇に食われるか…焼死か…
途絶えた意識の先で、再び”滸楽の王”遠凪と出会った…

「なぜわたしは、おまえを前にするとおのれの立場をわすれるのか。憎しみが薄まるなど。か弱き者が、つまらぬせいなのか」

遠凪さんが、おろつく私の体を抱き寄せる。懐にしまい込むように、抱きしめられた…
ずっと一緒にいたい、と別の私が強く願っている。
いったいどうなっているんだろう?
  胡汀。私、どうしたらいいの。


遠凪に対する気持ちの揺れを表すかのように、滸楽につけられた痣が広がる知夏。
やせ細る地をなんとかしたいと願いながら、その地を去り行こうとする神を説得していく彼女。
しかし、神門の門前の市は、滸楽一族が群をなしていた…

というわけで、前半は道中に出会うこの世を憂う神との出会いで知る世間。本半ばから、怒濤の展開、滸楽一族との対決です。
圧倒される知夏達、彼女達を救った、ナマズ一族のアレには、驚いた。小さき神も大切にしてくれた知夏に対しての感謝と役に立ちたいための行動とはいえ、痛いナ。こういうのは、弱い。涙
そして、王である遠凪の登場と、彼女の中の変化です。
過去を廻る謎は深まり、彼は何を思うのか…

胡汀、頑張った。というより、みんなで頑張った感。
胡汀!飼い主として、自信なくしている場合じゃないヨ!しっかりッ!!
続刊でてまス。

巨大化椰真ちゃん、巨神兵…

こいつ誰?とか、年がら年中…な、自分のために、
----備忘録------
未不嶺 帝異父兄弟

長さん 蛇神一族
ときごえ ナマズ一族(沼神一族の長 ぬまごえ)

糸森 環 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧

-------
花神遊戯伝 ひとひら恋せ、闇告げる王 (角川ビーンズ文庫) (2013/2/28)
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク