本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
鉄皇帝の結婚 宇津田 晴
2015年08月07日 (金) 10:48 | 編集

鉄皇帝の結婚 (ルルル文庫)
2015/2/26
宇津田 晴 (著)

---楽天----




鉄皇帝の結婚 

宇津田 晴

神の末裔が住む場所と言われる島で生まれ育ったセレナは、長老が開催した選考会で皇帝ハロルドの花嫁に選ばれる。嫁ぐからには、冷徹な鉄皇帝だって骨抜きにしてやります!意気込んで周囲が期待する「神秘の姫君」を演じようとするが、セレナは子狸のように元気な色気ゼロの残念女子。帝国に到着早々大失敗をして、ハロルドを絶句させてしまう!このままでは花嫁チェンジ?焦るセレナは、拒絶の気配を見せるハロルドに夜這い宣言して…!?
----------------

安定のルルルクオリティー。
背中痒いお話です。
作者の作品の中では、まぁまぁ。
楽しいラブコメ。それ以上でもそれ以下でもなく。
神の末裔と讃えられる島から嫁に行くことに決まったのは、口をひらくと残念な娘セレナ。元気な子狸に例えられるヒロインの勢いに巻き込まれながら、楽しそうなハロルドとのほのぼのした雰囲気が背中痒いお話。
表紙にさり気なく狸が三匹もいたことにちょっと驚いた。

あらすじ
島の大事な問題を決めるために、選考会が行われた。「参加条件は…島で生まれた16歳以上の未婚のうち恋人や想い人がおらず、結婚するあてがまったくない娘であることじゃ!」戸惑う島民の中で、元気に手をあげたのは、セレナ。そのあと数人の参加者が出たが、最終的にクジ引きで運命を決めた。
『祝、鉄皇帝の花嫁(確定!)』
西の帝国の覇者である鉄皇帝、先代が武力で制圧し領土を広げ、二年前に即位した若き皇帝が鋼のように鋭く冷徹な手腕で帝国を収めており、『鉄皇帝』という二つ名までもっているらしい。
南方諸国で不満や侮りを抱えている同盟国に対する策が……『神の末裔』との結婚だという。
殺されても死なないしぶとさや、周囲の中傷や悪意にさらされても気にしない鈍感力、そしてどんな状況でも生き抜ける運と実力を持った心身ともに鋼のように頑丈な人間。その点おまえなら大丈夫と、最長老は太鼓判を押す。
神の末裔と言われている島民だが、気象などの多くの知識があるという点意外は、いたって普通の人間であり、実際は神秘性の欠片もない島だが、『西の大陸から無用な争いが消えて、より多くの人々が平穏に暮らせるように見守り導く』という石碑に彫られた言葉は、唯一守りつづけられてきた大切な掟だ。
そして、最長老からの指示は、「頼むから極力  しゃべるな」

「とにかく第一印象で恋愛対象外と思われるのだけは、避けねばならん。ありのままで最初から接触すると、お主の場合最高の友人になれても、夫婦にはなれんっ!」


冒頭の経緯。黙って立っているだけならば神秘的な姫君なのに、言葉を発した瞬間元気な子狸と例えられたセレナは、早速、花嫁道中の船でその元気ぶりを発揮し、港にて待つ皇帝ハロルドとの対面で、猫をかぶる間もなく素の自分をさらけ出す。
あらゆる航海のルートと、花嫁への対策を綿密に計画していたハロルドだが、想定外の花嫁が来たことで、大混乱に陥り…

そう…ハロルドはマニュアル男子。マニュアルを読むのも作るのも一生懸命な残念な男。その彼が、破天荒な嫁をもらって、変化するのだ。
野性の子狸は、彼の役にたとうと一生懸命で、そんな彼女の姿に癒され、時に野に放ち、転がり回るセレナを愛でるという溺愛ぶり。
後半にセレナに横恋慕した男の登場での混乱と、絆を深めながらも友情を育んできた2人の関係が…という展開。
せっかくいろいろな知識があるという設定なのだし、もう少し彼女が役に立つ場面が欲しかったとか、もう少しぐっとくる何かが欲しいとことだが、これはこれで、元気な子狸を愛でるのは楽しかった。

宇津田 晴 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク