本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
忘れ得ぬ出会い ベティ・ニールズ
2015年09月15日 (火) 13:09 | 編集

忘れ得ぬ出会い (ハーレクイン・イマージュ)
2004/12
ベティ ニールズ (著),

---楽天---




忘れ得ぬ出会い 

ベティ・ニールズ

看護婦のヴィクトリアは、休暇で故郷に帰省中、すてきな男性に出会い、すっかり心を奪われてしまった。でも、彼は外国からの旅行者のようだったから、もう一度会えるチャンスはほとんどないだろう。名前も知らぬ男性のことなど忘れなくてはと、ヴィクトリアは強く自分に言い聞かせた。ところが仕事に戻った日、あの男性が病院の廊下を歩いてきた。オランダに住む医師で、名前はアレクサンダーというらしい。「勤務が終わったら、デートでもしよう」偶然再会しただけなのに、親しげな様子で誘われ、ヴィクトリアの胸に喜びと疑念が同時にこみあげた。(I1727)
---------------------
copyright 1972
Victory for Victoria

薄幸なヒロインが多いベティ作品にしては、かなり痒いお話。イチャイチャしたハッピーな二人のデートが長いこと続くという珍しい構図。
だが、その二人がとってもハッピーだっただけに、ドン底まで落ちる落差が素敵な鬼ロマ。
ラストに二人の仲を引き裂いてくれたニーナに対し、「私達はどうなるの?」というヒロインに対する言葉が強烈で、しかも的を射ているだけに、悔しさ倍増。
というわけで、強烈に記憶に残った作品。

あらすじ
ガーンジー(島)の実家で休暇中のヴィクトリアは、散策中に雨に降られた。廃屋となった火薬小屋があった。そこで雨宿りしよう。
小屋に入り、髪をしぼった。シャツを脱ぎかけたとき、奥のほうから穏やかな声が聞こえた。

「僕が誰かは今の状況にはなんの関係もないし、ないをしているかと言えば、君とまったく同じ雨宿りだよ」

背が高く、黒髪に青い瞳の男性は、ハンカチを差し出してくれたが、欠点をあげつらってお愛想も言えない人物で、ヴィクトリアをひどく苛立たせた。
かすかに訛りのある観光客らしい彼が何者か気になったが、雨が上がり港まで送ってもらったことろで、冷ややかに別れを告げたヴィクトリアは、彼の返した言葉を聞いてあんぐりと口を開けた。

「もっと笑えば、君はとても美人なのに」

それなりに美人だと思うヴィクトリアだが、さらに美人の妹三人にはとうていかなわない。その後何度かみかけたあの男性は、女性を連れていたり、子供と手をつないでいたりする所をみかけた。男性はいくらでもいるもの。自分をそう慰めてみたが、心は晴れなかった。

ロンドンの聖ジュド病院での多忙な日々を、ヴィクトリアは従順に受け入れていた。
新しいドクター・ジェレミー・ブレークを紹介され内心の不快感を感じた忙しいその晩、出会った時とはまったく違う、精練されたグレーのスーツに身を包んだあの男性が、落ち着き払ったようすでこちらに近づいてきた。
ドクター・ファン・スカイレン。呼吸器の専門家。
ドクター・ブレークの目には反抗的な態度が浮かんでいた。きっと性格が悪いのだろう。
忙しく働きながら、しっかりした足音が誰のものか、ヴィクトリアにはすぐにわかった。振り向くと目の前にドクター・ファン・スカイレンが立っていた。

「五時四十五分に外で待ってるよ。髪を整えたいだろうから。デートでもしよう」


冒頭の経緯。再会したアレクサンダー・ファン・スカイレンとデートをしたが、彼は既婚者ではなかったものの、すぐに旅立ちオランダへ帰るらしい。
新任医師のジェレミー・ブレークはうぬぼれの強い男で、ヴィクトリアに言い寄りはじめた。最初はいい人だと思ったが、強引に迫り、襲われそうに。
そんな窮地の彼女を助けてくれたのは再び現れたアレクサンダーだった。彼との楽しい夜に夢中になった。
彼に抱き寄せられてキスをした。

といわけで、婚約まで痒い二人のデートが続きます。
後半、オランダへ渡った彼女は、ニーナという女性にアレクサンダーとの過去を打ち明けられ、ショックを受けることに…

ラストは、ニーナの言葉に振り回される形となってしまったヴィクトリアは、アレクサンダーを疑ったことで、破局の展開。
だけど、ニーナだけではなく、他にも二人の仲を邪魔する者が!
苦い教訓のある、ちょっぴり深い作品。
確かに第三者の嘘を信じたのは馬鹿だし、それだけで壊れるような愛であってほしくないし、辛坊強さを学べば修復できるものだと思うのよ。でも、「長い目で見ればこんなことはなんでもないはずよ」って言われても、長い時間無視してくれたアレクサンダーにはムカつく!悔しいぃ!ムキ〜〜〜!!とキュン転がって楽しい。(アホだな)

ベティ ニールズ 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク