本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
王女の秘めごと 天海りく
2015年10月08日 (木) 10:17 | 編集

王女の秘めごと 初恋を叶える方法 (ビーズログ文庫)
2015/8/12
天海 りく (著),

---楽天----




王女の秘めごと

天海りく

次の王を選挙で選ぶメデリック王国。王女アレクシアは“当選し女王になる”べく育てられてきた。母の命令で投票権を持つ貴族ギデオンに近づくアレクシアに、彼は突然「あなたはなぜ、女王になりたいのですか」と問う。答えられず戸惑うアレクシアだが、彼の不器用な優しさに触れ、初めて自身の想いを考える。陰謀渦巻く王宮で、王女が見つける唯一の願いとは―?
------------------------

堅物真面目な愛を信じるヒーローと、愛という感情は低俗で愚かな感情なのだと教えられたお姫様との物語です。
王女アレクシア母親と伯父のいいなりで、男を手球に取り結婚と後継者をちらつかせての票獲得に一生懸命な、自動人形のうよう。
なので、かなり好感度の低いヒロインです。
ヒロインへの初恋を引きずるヒーローのギデオンのぎこちない雰囲気が、一途な男心を感じさせるだけに、それをもてあそぶように感じるヒロインの言動は、好き嫌いが大きく分かれそう。

あらすじ
「いいえ。あなたが王女となる姿も見てみたいと思っております」

「まあ。嬉しい。あなたのことは諦めてしまわなければと思ってましたのよ。わたくしの夫になりたいとも思ってくださってくださっているのかしら」

アレクシアは選挙に勝てば当然王女となり、次の選挙のために複数の夫を持ち父親違いの子供を作らなければならない。つまり先ほどの青年とのやりとりは、次期王女の夫という釣り餌で票を獲得するための駆け引きなのだ。
そうして自分も彼女にとってはただの『票』でしかない。

「何番目の夫がいいかご希望はあるのかしら?」


冒頭の経緯。一目惚れの後に一瞬で失恋した痛手を思い出して眉をひそめる。アレクシアの唯一の夫になるつもりで求婚するなら、選挙で落選しろと言うのも同然になる。王女は落選すれば、他国に嫁ぐものだ…
彼女を探るために兄王子バスティアンから内偵を頼まれたギデオンは初恋の彼女を前に、なにかにつけて赤面する有り様。
アレクシアは、周囲の思惑を背負い淡々と票を集めるために動いおり、母や伯父からはギデオンを一月で落とせなければ、他を攻めるようにと言われている。そんな中、ギデオンに問われた。「あなたはなぜ、女王になりたいのですか」と…

自分に疑問を持ったことが切っ掛けで、いままで欲というものがなかった彼女が、ギデオンからの贈り物を唯一大切にし、それが壊されたあとも大切に思うことで、変わりはじめる。
ヒロインの変化が、物語の展開的に遅いので、スローテンポに感じるが、わたしとしては、それなりに楽しめたかな。
ハッピーエンドはラストにあっという間にまとめてしまって、あの母や伯父を相手に、この二人が幸せになれると思えないので物足りなさありかな。
本来は聡い姫が窮地を乗り越えて結婚するところまで一気に読みたかったナ。
続刊あるかな?

B's LOG文庫 読了一覧
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク