本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
怪物館の管理人 なくした恋の記憶さがします! 秋永真琴
2015年10月16日 (金) 16:44 | 編集

怪物館の管理人 なくした恋の記憶さがします! (ビーズログ文庫)
2015/3/14
秋永 真琴 (著),

---楽天----




怪物館の管理人
なくした恋の記憶さがします! 

秋永真琴

おかしな怪物たちが住む館の管理人になったユニ。中でも、無表情の生屍者・ラトルとは「あなたのなくした記憶を一緒にさがす」と約束し、二人で街を歩く日々。ある日、昼行性の吸血鬼・ヴィーゴの弟・ギャレが兄を連れ戻しに来て館は大騒ぎに!そんな時ラトルの記憶が戻り始め、彼には“大切な人”がいたと知りユニは大ショック!…でも、どうしてこんなに胸が痛いの!?波乱の第2弾!!
----------------------

それ以上でもそれ以下でもない、軽く気分展開にさくっと楽しく読めるローティーン文庫らしいお話。
モンスターハウスの管理人になってしまったヒロイン・ユニと、謎の住人達とのノリツッコミの多いほのぼのコメディー。
記憶をなくしたゾンビ・ラトルに対し、ほんの少しユニの中の気持ちが変わりつつあるのだが、ラトルはちょっぴり過去を思い出したみたいで…。
しかも、吸血鬼の弟の乱入で、ユニはブチ切れ!
というわけで、ユニちゃんの説教がなかなか楽しいお話だった。

あらすじ
ラトルには二年前からの記憶がない。
少しでもなにかを思い出し、そしてその記憶が定着するようにと願って、ユニは街歩きを提案した。

「別にデイトじゃありませんから。管理人として記憶を失くした住人の世話をしているだけです」

そんなある日、昼に行動する吸血鬼ウィーゴの弟だというギャレが、兄を連れ戻しに来た。
住人を蔑むようなギャレの態度のギャレの態度をウィーゴは詫び、前の管理人の話を始める…

一方、ラトルは不意に当時の記憶の一部を取り戻す。
ラトルの説明を聞き終えて、ユニは絶句した。
<冬の太陽>  それは、いま「国史」の授業で語られた、五百年前の反乱軍のことに違いない。

「フィロ  さん?その子の髪を、あんであげていたんだね」

「そうらしいな」

ユニの髪型は、フィロの髪型だったのか。
ずきん、と、胸が刺されたように痛んだが、ユニは無視した。


前半の経緯。彼の記憶の女性がきになるユニなのです。
後半は、ウィーゴの切ない過去の恋話と、ウィーゴの態度にブチ切れユニちゃん。

管理人として、説教が(なんだか母親っぽいが…)板についてきたユニちゃんなのです。
乙女心のほうも、無反応男子の割に壺をついた攻撃をしてくるラトルにも、”胸がもぎもぎ”Byラトルしていい感じにキュンだった。

楽しいといえば、楽しいけどね、鬱陶しいほどアップテンポなドタバタ。
ストーリーで感動とか、ないから。
でも、せっかくだから、ラトルが何者なのか、知りたいので続き欲しい。

秋永 真琴 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク