本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
拾われた1ペニーの花嫁 カーラ・ケリー
2015年11月16日 (月) 18:02 | 編集

拾われた1ペニーの花嫁 (MIRA文庫)
2014/1/10
カーラ ケリー (著)

---楽天---




拾われた1ペニーの花嫁

カーラ・ケリー

見知らぬ土地でお金もなく、これからいったいどうすればいいの?老婦人のコンパニオンをしているサリーは、ようやく決まった次の勤め先を訪ねたところ、雇い主が亡くなったと知らされ目の前が真っ暗になった。馬車の運賃を払った今、乏しい蓄えは底をつき、宿代さえない…。サリーは途方に暮れ、最後の銀貨を握りしめて紅茶を頼んだ。すると、見知らぬ紳士が声をかけてきた。困り果てた様子の彼女を放っておけなかったという親切な貴紳、海軍提督チャールズ卿は、サリーの話を聞くと驚くべきことを申し出た-彼との結婚を。
----------------------
copyright 2011
The admiral's penniless bride

他の作家とは違った歴史的背景への深い彫込みと、清楚でハートフルなヒストリカルロマンスを描くカーラ・ケリーの作品です。
愛憎と葛藤の情熱的でホットなシーンをふんだんに盛り込んだ昨今のエンタメ的なロマンスとは大きく方向性が違うのでご注意。
笑いあり涙あり。ぎこちないながらも愛を育みあう二人が、もどかしくも痒くて良いです。
そんな二人の周囲を取り巻く人々も興味深く、隣人がおとずれたことのないユダヤ系の差別的な背景や、海軍のお家事情など、歴史的に苦い部分も盛り込まれ、夢見がちなロマンスとはひと味ちがうと感じることでしょう。
拾われるように花嫁となったサリーが、夫に秘密にしていたことで、ラストに大きな山場を迎え、私的に涙が止まらなかった。
是非一読。長く記憶に残るロマです。

あらすじ
サリーは、海軍の夫・アンドリューを亡くし、寒さと飢えで息子を亡くしてから辛い日々を送ってきた。
夫は無実の罪を着せられ、集めた証拠も虚しく、自殺に追い込まれたのだ。
期待していた新しいコンパニオンの仕事は、老人が亡くなっていたことで、追い払われた。
まったく知らない土地で、ほとんどお金がなくなってしまったのだ。
あれはなんだったかしら?アンドリューの口癖は?”紅茶を飲みながら考えれば、たいていの問題はなんとかなる”だった。
サリーは歩きながら、手提げ袋の中をのぞいた。<ドレイク>亭で紅茶を一杯飲むお金はある。

海軍提督チャールズ・ブライトは結婚を考えたが、予定していた花嫁がやってこないことに苛立ちを感じていた。チャールズは急速に冷めていく目の前の紅茶を見つめ、自分の短所を考え始めた。四十五歳はそれほど年寄りだとは思えない。
それに体の大部分も健在だ。左腕は手首の先からすっぱり切れているが、鉤型の義手がそれを補っている。
不意にある女性が目にとまった。みずぼらしく、かなり痩せている。チャールズは彼女ががっかりしている原因に思い至った。
一芝居打つには他に方法が思いつかなかった。

「あれはわたしのいとこなんだ。ちょっとけんかをしてね。わたしと同じ昼食を、向こうのテーブルにも頼む」


冒頭の経緯。サリーは32歳、身寄りもなく、金もなく、仕事もない。そんな彼女の窮状を知ってしまったチャールズは、サリーに結婚を提案する。一旦は断ったものの職業紹介所に職はない。同じような女性も肩を落としており、小さな娘の仕事をとりあげてまで洗濯女になりたくはない…教会で途方に暮れて寝ることに決めた彼女に再び声をかけたのは、チャールズだった。

”海が見えるから”という理由だけで購入を決めた館は、もとは卑猥な目的のために作られた屋敷らしく、猥褻な天使が飛ぶとんでもない館だった。夫婦となった二人は、拗ねるコックをなだめ、寂しいユダヤ系夫婦の隣人と親しくなり、戦争で息子を亡くしチャールズを憎む隣人などに挨拶を済ませ、新しい生活を始めた。
ぎこちない距離を保ちながらも、夫婦としてお互いを理解しはじめた二人。しかし、サリーに懐疑的な従者ジョン・スターキーは、嫉妬し、サリーの秘密を暴こうとし…

サリーの境遇が不憫で、ままならない世の中という現実がとても苦く、そんな中でたくましく生きようとする人々の姿とともに、二人のロマンスがとても素敵に感じるのです。
ヒロインの手紙が泣けてしまった。その手紙を読んだチャールズが自分の短気を反省し、大後悔した挙句、大航海に出たくなる辺りは、ちょっとかわいく感じてしまった。
カーラ・ケリーの作品は大好きです。

海外ロマンス 読了一覧

提督って感じの絵で原作らしくて良いできです。漫画が気に入ったら、原作も是非!



関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク