本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
道果ての向こうの光 奇跡を紡ぐ物語 秋月アスカ
2015年11月30日 (月) 20:33 | 編集

道果ての向こうの光~奇跡を紡ぐ物語~ (レガロ)
2015/10/17
秋月アスカ (著),

---楽天---




道果ての向こうの光 
奇跡を紡ぐ物語 

秋月アスカ

馬車に轢かれ、魂だけの存在になっていた町娘ユーナは、とある事情から、聖女シェリアスティーナの身体に入り、1年間の期限付きで王宮暮らしをすることになる。そんな中、ユーナは誠実で優しい騎士アシュートに淡い恋心を抱きはじめる。けれど彼はシェリアスティーナの婚約者で、国で一番の騎士。自分には届かない人だと、その想いは胸にしまい、残された時間は、いずれ戻ってくるシェリアスティーナのために使うことを心に決める。そして迎えた別れの日。ユーナはアシュートに抱き締められながら、幸せな気持ちでシェリアスティーナの身体から去った。悲嘆に暮れるアシュートだが、身体に戻ったシェリアスティーナから、ユーナがまだ生きていることと、その命の危機を知らされて…。ユーナをどうしても助けたいアシュートは、ある決意をするのだが―?
-----------------------

完結巻出ました!
レガロシリーズは、まったく新作がでなくなっていただけに、嬉しさひとしお。
稀代の悪女、聖女シェリアスティーナの残虐なそれまでの人生を背負うことになったユーナの奮闘が涙ぐましいものであっただけに、聖女の体での期限一年を終えて彼女がどうなっていたのか、続刊が気になって数年…
このまま放置されるのかと思っていただけに、祝。

あとがきにもありましたが、Web版とはかなり違うようです。
私はWebは読んでいないので比較できず申し訳ない。
物語はこれまで、ユーナ視点で進められて来ましたが、ラスト巻はアシュートから始まります。
聖女シェリアスティーナの体から去ったユーナを見つけることができるのか?
ユーナの頑張りで聖女シェリアスティーナはどう変わったのか?
再会が嬉しいラストです。

あらすじ
シェリアスティーナは、ひたとアシュートを見据えた。
そして、ゆっくりと頭を振る。
  いいえ」
穏やかな、しかし芯の通った声だった。
「ユーナは死んでいません」
アシュートは、シェリアスティーナのほんの一言さえも聞き漏らすまいと、全神経を傾けた。
「確かに馬車に轢かれ、彼女は瀕死の重症を負いました。けれど、死んではいない。魂だけの存在となっていた私には、それが感じられたのです」
そう告げたシェリアスティーナの眼差しに、迷いは一かけらも見えなかった。

ああ。
ユーナは、死んでいない。
死んでいない  


p55〜抜粋 
神官派と、国王派とのきな臭さもありますが、この辺りはあまり突かず、今までとは変化した環境での主人公たちのそれぞれの内面を掘り下げてくれます。
どんなふうに変わったのかは、もちろん、ヒミツ。
予定調和ではあるよねとか、突っ込みたい部分は横に置いてしまおう。
出版されたことが嬉しい。

祝・完結。

イラストも、岸田 メル で行ってほしかった!雰囲気出してくれているけど。

イースト・プレス レガロシリーズ 読了一覧
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク