本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
出戻り乙女の(秘)稼業 恋は幽言実行! 文野あかね
2015年12月05日 (土) 18:21 | 編集

出戻り乙女の(秘)稼業 恋は幽言実行! (角川ビーンズ文庫)
2015/8/29
文野 あかね (著)

--楽天--




出戻り乙女の(秘)稼業
恋は幽言実行! 

文野あかね

官吏になるか、結婚か―。究極の二択を前に、登用試験に挑んだ凛春明。だが道中、川でおぼれる子供を助けようとして、臨死体験!あの世からの“出戻り”を見込まれた春明は、ナゾの部署『霊督院』の『霊吏』に採用される。デキる男・景彰の相棒に指名されて、はりきる春明。だけど、景彰はワケありの厳しすぎる鬼上司。「とっとと辞めるんだな」と言い放ち…!?恋に仕事に、トラブルだらけの“お迎え”中華ファンタジー!
------------------------

あの世に行って根性で戻ってきたら、今で何度も失敗してきた憧れの官吏に採用されることに!?
でも、ナゾの部署『霊督院』の『霊吏』って…?

気軽に手にとって、さくっと楽しめる導師系の中華もの。
鬼上司と、新米というコンビで、仕事を覚えながら恋が芽生えるという王道な構図だが(その手の鬼上司ものは大好きよ)、お話はキレもよく面白かった。
ヒーローはある魂を探しているという影のある人物。
ヒロインに対して、高圧的ながらも素直になれない幼馴染の杜希聖などが絡み、いい感じにトキメキ要素が入っております。
明るく前向きなヒロインの挫折感に対して、頑張りも好感。
出会いと背景という雰囲気もあるので、この巻だけでは評価しにくいが、ヒーローの気持ちの行方が謎な部分が気になるし、続刊が楽しみなシリーズになりそう。
…続刊、あるのよね?
鳴海ゆきのイラストは好きだ。カラーがなくて寂しい

あらすじ
「官試っ!官試受けに行かなくちゃ!」

「それは無理ですよ。  だってあなた、死んでしまいましたから」

死にたくないっ。官吏の手から逃げ出し、春明は川へと、派手な音を立てながら飛び込んでいた。
■□■
凛春明は、三度も官試を受けられずに終わり、今回も人を助けようと川に飛び込み死んでしまった。
気がつけば、官試も終わって一日経ち、母親からは幼馴染の杜希聖と諦めて結婚しろと言われてしまう。
  神様、ひどすぎる。私、なにか悪いことでもしたの?
「泣くほど、私との結婚が嫌なのか?」
ぐさりと棘のある言い方しない幼馴染の言動に疑問をもちながら聞いているところに、刑部の官吏から採用を通知され、春明は夢見心地で煌朱へ向かった。
ところが、配属された部署は『霊督院』の『霊吏』
幽霊が迎えに来て、薬湯作りが好きな上司劉貴瑛、初対面とは思えない距離で話す美男・趙清士&美女・呂美怜、そして鬼上司で相棒となる男を紹介された。

「あの、私頑張りますので!」

「よく知りもせず安請け合いするな!」

  こっ怖い……。この人が私の上司で相棒?嘘でしょ?


冒頭の経緯。『霊吏』の仕事は霊を捕縛し、三途の川へ送り返すこと。景彰は、考えの甘い春明を叱咤する鬼上司。
だが、彼の能力の高さを知り、仕事を始めて数日後、幼馴染の杜希聖が婚約者だと言って乗り込んできた。

というわけで、鬼上司らしい叱咤と、がんばりを認めてくれる不器用な優しさを堪能しつつ、いくつかの件をこなし、信頼関係が芽生えた辺りで、謎の『蛇の男』というキーワードとともに、彼の過去が絡む展開。

”初めて恋をしたと思った瞬間には、もう失恋している。
  って何それ。悲しすぎる……。”

ヒロインに甘い言葉を使って、ヒロインとビーンズ乙女をメロメロにする鬼上司なのだが、彼の気持ちは過去か現在か…?非常に気になる所。
気になるのよ。とっても。

文野あかね 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧




関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク