本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
白馬の王子がついた嘘 ラブ&ビジネスV ジェニファー ルイス
2015年11月06日 (金) 18:47 | 編集

白馬の王子がついた嘘 (ハーレクイン・ディザイア)
2011/5/5
ジェニファー ルイス (著)


白馬の王子がついた嘘
ラブ&ビジネスV

ジェニファー ルイス

いつもどおりブレーは舞踏室で居心地の悪い思いをしていた。パーティは苦手だ。関心のある団体の資金集めが絡んでいなければ、今夜だって出席せず、家で猫と遊んでいたかったのに…。そんな物思いにふけっていると、父親が一人の男性を連れてきた。男性の名はギャビン。大手広告会社の稼ぎ頭らしく、とてもハンサムだ。だからギャビンにダンスに誘われたとき、ブレーは戸惑った。私のような地味で太りぎみの女を、どうして彼みたいな人が誘うの?私のような地味で太りぎみの女を、どうして彼みたいな人が誘うの?深いことは考えずに一夜の夢を楽しもうと決めるが、ギャビンはさらに、金曜日の夜デートをしようと誘いかけてくる。彼の思惑など知らず、ブレーは突然現れた王子様に夢中になった―。愛と仕事に生きる人々を描いたシリーズの五話目。幹部社員ギャビンと、地味で目立たない令嬢ブレーのお話。恋に目覚め、美しく花開いたブレーだが…。(D1447)
-----------------------
copyright 2010
Bachelor's bought bride

6人の作家による連作ラブ&ビジネスの5巻目です。
物語上の絡みは登場人物の名前がちらほら出てくる程度なので、単品でも楽しめます。
持参金をつけてでも娘を嫁にやりたい父親の思惑で、持参金目当ての結婚を考えるギャビン。しかし、アビーの癒やすような人柄に惹かれ…
まったく自分の魅力に自信のないヒロイン・アビーは、ハンサムな彼がなぜ?と疑心にかられ結婚して…というお話。
前半の二人はいい雰囲気で楽しい。
でも、破局後の展開はどうかな?好みが分かれそう。でも、ギャビンの気持ちは強引ではあるけれど伝わった。

あらすじ
広告写真のコンクールに優勝したのだと、いままで娘の”道楽”については否定的だった父親が珍しく自慢気に話す。相手は、マドクス社の広告宣伝を担当するギャビン。息をのむほどハンサムな男性と二人きりに残されてブレーは戸惑った。
もう少しまともな恰好をしてくればよかったと、いまさらながら後悔した。
なぜギャビンがわたしのそばにいるのか、不思議でたまらない。
ブレーも不思議だった。容姿も十人並みで、なんの取り柄もない女相続人に男性が何を期待するのかは、簡単に想像がつく。

「ところで、もう一度ダンスをどう?ぼくの好きな曲が始まったから」

ギャビンともう一度、ぴったり寄りそって踊れるなんて、これは現実に起きていることなのかしら?


冒頭の経緯。ギャビンは家族への援助で苦労して貯めた金を使い、独立への夢が遠のいていた。しかし、アビーの持参金の話を彼女の父親から持ちかけられ、アビーの人柄に惹かれ、結婚したいと考える。
アビーはエリーの助言で容姿を変え、ギャビンはますます彼女に惹かれた。アビーへの気持ちを高ぶらせながら、プロポーズ。二人の生活は幸せなスタートを切った。
しかし、父親からの電話で、ギャビンがアビーを買ったのだと知ってしまう。
傷ついた彼女は、ギャビンに父親との取引を知っていることを、どのタイミングで話すか、したたかに考えはじめ…

猜疑心のあまり、ギャビンのもとを飛び出したアビー。彼女を取り戻すために、ギャビンの打った策とは?という後半の展開。
秘書のエリーと、社長のブロックとの関係が明るみに出て、エリーがスパイとして疑われるという続刊への伏線があります。
ヒロイン・ブレーを善意で助けるエリーに対し、ブレーは猜疑心が強くて、ちょっとひどい態度。

エリーは誤解を解くことができるのか?
ラストにワクワク。

--ラブ&ビジネスシリーズ--
1.嘘つきなダイヤモンド(D1424)キャサリン・マン
2.しあわせの面影(D1430)エミリー・ローズ
3.日曜までフィアンセ(D1436)マヤ・バンクス
4.フィアンセの秘め事(D1442)ミシェル・セルマー
5.白馬の王子がついた嘘(D1447)ジェニファー・ルイス
6.秘書のもう一つの顔(D1453)リアン・バンクス

海外ロマンス 読了一覧




関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク