本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
●ぷち日記 子供の受験初体験中
2016年01月21日 (木) 23:44 | 編集
↓↓↓↓★手作り派に★↓↓↓↓




●ぷち日記 子供の受験初体験中

子供の受験初体験中
「倍率何倍だっけ?」と娘に聞いたら、
「6倍ですけど、なにか?」と眼鏡を片手で持ち上げながら返された。

世の母親達からのありがたいお言葉「ほんとに大変!」を受け流してきたわたくしだが、よもやこんなにプレッシャーを感じるとは…
吐きそう。
いろいろと今日はへこむことが多かっただけに、余計に。
冷えこんでるからだよ。気温とか、家庭内の空気とか、株価とか、ほかにもいろいろ…

だが、娘は試験2日前だというのに、検索”筋肉”で、ムフムフ言ってるのを発見!
こっちも、やけっぱちになって、”フランスの消防士”とか、”沖縄の消防士”も凄いらしいよ♥と、炊きつけてしまった。
娘の結論としては、「三代目の筋肉が一番キュンキュンする」らしい。

子供に気分転換をさせられてしまった…





小田菜摘お嬢様は現在ビーズログ文庫で活躍中だが、お嬢様ラブをルルルに感じる。

ルルルは最近、コバルトの小田菜摘的なポジション(”そして花嫁は恋を知るシリーズ”王女への自覚と恋)を模索しているようで、色々な作家に書かせている。
だが、ルルルらしい明るさがありつつも、物足りなさもありで、誰の作品か混乱してきた。
鳥頭 ぬぬ

羊飼い王女の戴冠 市瀬まゆ
皇女殿下の婚礼 蒼井湊都
あれ? 色々というほどじゃなかった?

あの小田菜摘の作品を読んだファンとしては、あのニッチなねちっこさは他に類を見ないと思うと、ちょっとさみしい。
オススメは「そして花嫁は恋を知る 白銀の都へ旅立つ姫
ちなみに、私が書いた感想は、かなり過去で見るに耐えない。書き直したい。;;
しかも、ちょうど作風が変化していた時期、わたくしのブログを訪問なさったようで、百回くらい悶絶して転がった。ぬあぁぁぁ〜〜!思い出して死ねる
(同じFC2だと”訪問者リスト”という足あとを残すサービスがある)
も・ち・ろ・ん
今のシリーズなりゆき斎王の入内の方も好きだ。とても好きだ〜〜!菜摘お嬢様ラブ。







読了
2016年01月25日 (月)
堕ちた天使への祝福 上・下 サラ・マクリーン 
聖夜に誓う愛 ジュリア ジャスティス

2016年01月23日 (土)
ななつぼし洋食店の秘密 日高砂羽

2016年01月22日 (金)
羊飼い王女の戴冠 市瀬まゆ

2016年01月23日 (土)
ななつぼし洋食店の秘密 日高 砂羽
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク