本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
ハイランドの政略結婚 マヤ・バンクス
2016年02月07日 (日) 18:33 | 編集

ハイランドの政略結婚 (マグノリアロマンス)
2013/10/9
マヤ・バンクス (著)

---楽天---




ハイランドの政略結婚 

マヤ・バンクス

国王の命により和解を求められたモンゴメリー一族とアームストロング一族は和解することを求められていた。王の決めた和解方法は、婚姻というかたちでふたつの氏族の結びつきを強めるものだ。モンゴメリーの族長グレアムは、アームストロング族長の娘エヴリンを妻として迎え入れなければならなくなった。アームストロング一族は父親の敵であるし、エヴリンは気が触れているという噂だ。そんな女との結婚など、考えるのもいやだった。だが、命令に従わないのは、氏族全員の死刑執行礼状に書名するようなもので  
--------------------
copyright 2012
Never Seduce a Scot

感涙必至です。
中世のハイランドの波瀾万丈の三兄弟の物語の一話目です。
恐ろしい男との政略結婚を避けるために聴力障害であることを家族にすら打ち明けられずにいたエヴリンが、敵である男の元へ嫁いだことで生まれるロマンスです。
巻末にある作者からの謝辞を紹介します。

『エヴリンの耳が聞こえないことについては、夫の聴力障害を参考にしました。彼の耳が悪いことは、大学院の修士課程になるまで誰も知りませんでした。彼は独学で読心術を身につけ、教師の近くに座って口の動きを見ることで学業をおさめたのです。エヴリンと同じく高い音は聞こえず、聞き取れるのは一部の低い音だけです。本書とそのヒロインは、夫の忍耐力への賛辞です』

マヤ・バンクスのハイランドものはどれも面白いけれど、この一冊だけでいいので是非読んでほしい感動作。

あらすじ
「宿敵の頭のおかしい娘を、兄貴と結婚させるだと!」
モンゴメリーの族長グレアムは、怒る弟を黙らせたが、その指は憤りのあまりぶるぶる震えていた。
対立するクラン間の争いに終止符を打つため、王は結婚を命じた。
なんとおぞましい事態だ。

エヴリンは床の位置の振動を感知して、大広間で何が起きているのかを察した。慌ただしい動きが感じられる。まるで羊の群れが城になだれこんできたかのようだ。
父は怒っている。兄ブロディとエイデンが腕組みをしている。母の顔は涙で濡れている。嫌な予感がする。
結婚。
婚約したことがきっかけでこの偽装がはじまり、エヴリンは三年間周囲を欺きつづけてきた。悲劇には襲われたけれど、望まぬ結婚から逃れることができたのだ。
人が何を言っているのかは知っている。目に見えるところでささやかれている言葉。頭がおかしい。狂っている。哀れな娘。役立たず。
それは事実ではない。でもエヴリンは間違いを正す気はない。知られるのはあまりに危険だ。

グレアム・モンゴメリーとの結婚に激怒する家族から逃げ出し、馬に乗ったモンゴメリーの兵士たちの堂々とした行列を眺めていた。迎えに来た兄に連れられ、大広間に入った。
誰がグレアムかはひと目でわかった。なんの気なしに見ていたそのとき、驚くべきことが起きた。低い響き  声だ!低い音。確信はもてなかった。世界が静寂に包まれる前に聞いた音の記憶にすぎないのではと思った。
兄を押しのけ、音の源を探した。あの美しい音の発信源を。
エヴリンはグレアムの唇が動いているのに気づいた。聞こえているのは彼の声だった!
無作法などおかまいなしに、エヴリンは足早で前進した。もっと近づきたい。もっと素晴らしい音を感じたい。
ところがグレアムの唇は動きを止めた。口角が下がってへの字になる。彼はエヴリンを見つめ返した。知恵が足りない女を見るような目で。


冒頭の経緯。三年前、イアン・マクヒューとの婚約話が持ち上がったとき、イアンの残虐性を家族は見抜けず、エヴリンは窮地に追いつめれ、逃げだした。しかし、落馬し聴力に障害を負ってしまう。
事故当時、自分の身におきたことを理解できなかったばかりに、家族は娘の頭がおかしくなったのだと解釈し、イアンとの結婚も白紙に戻ったのだ。
しかし、グレアムと結婚したことで、エヴリンは意思を伝える勇気を持ち、グレアムの妹ロリーを見方につけ、彼女を敵視する城の中で、なんとか居場所をつくろうと奮闘を始める…
そして、グレアムも彼女の障害を理解し、妻として敬うように一族に命じるが…

長年敵対していた氏族どうし簡単にはしこりが取れず、なかなか受け入れてもらえないエヴリンが哀れです。
そんな彼女に終始優しく気遣いをみせる、騎士道精神あふれるグレアムが素敵。
イアンに囚われた彼女の窮地を救うところも、愛を叫ぶシーンも全部好き!!
全力でオススメ!

----ハイランダーシリーズ”マケイブ三兄弟”----
1.ハイランドの美しき花嫁(MB-07)メイリン&ユアン
2.ハイランダーの天使(MB-08)キーリー&アラリック
3.ハイランドの姫戦士(MB-09)リオナ&シーレン

----”モンゴメリーとアームストロング兄弟”----
1.ハイランドの政略結婚エヴリン&グレアム
2.ハイランドの略奪された乙女ジュヌヴィエーブ&ボウエン
3.Highland Ever After タリエサン&ブロディ

海外ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク