本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
●ぷち日記 嫁と猫1
2016年02月18日 (木) 11:43 | 編集


”嫁と猫”の話をしようとお正月に思って、一ヶ月経ってしまった!
なんてこった!
------------------

嫁と猫1

嫁に行くからには、夫と子供とペットの風景を夢見るものである。
旦那さんから、猫を飼っていることは話に聞いていた。
キジトラの雄猫。
室内飼いで、外に出ることを極端に怖がる、当時、御年15歳のおじいさん猫。

「ジロウはもう、15歳だし、猫の年齢からいったら、先は長くないんだ。面倒かもしれないけど、飼ってやりたいんだ」

そんな、旦那さんの優しい言葉にほだされてホッコリした気持ちでいた私だが、猫を飼ったことはない。恐ろしいほどの猫への恐怖感と、母親の嫌悪の声は記憶にあるが、猫の生態はまったく知らない。
それでも、きっと旦那さんに似て、まるまると太った猫なのだろう。ちょっとどんくさい愛嬌のある猫なのだろう。優しい年寄り猫を膝に抱き、その温かさに心を癒されながら、柔らかな毛を撫で のんびり暮らすことを夢想していた。
ここから、さらに10年、猫としては異例ともいえる長生きの末に亡くなるまで、私を翻弄させてくれるなどとは、嫁にきた当初は予想もしなかった…
この狭小住宅で、ジロウさんとのテリトリー戦いとその先の友情の物語が始まるなどとは、思ってもいなかった…

********
という壮大な話になる予定のHPを立ち上げました。というか、立ち上げというほどでもない状態でお話にならないページの告知。
もう少し作りこみたいのだが、時間的余裕がない上に、お花畑に帰りたがる脳のおかげで遅々として進まない…(TдT)
嫁と猫
http://blog.livedoor.jp/books117117/
実は、このページを作ってからFC2のアドセンス広告も申請したのだが、”嫁と猫”はアドセンスさんに見事に無視され、抹消されてしまった。ぎゃふん。

近況としては、息子が私立は合格したものの、公立は危うく、しかも、ラストスパートをかける状況で私立に合格したことによる中だるみ的な…(TдT)
あとは…、今朝オリエンタルラジオのパーフェクトヒューマンのユーチューブダウンロード回数が295万だったので、キリ番300を密かに狙っていたのだが、息子に確認させたら、301万になっていて、悔しかったこと。
曲にノッて「あっちゃんの飛行機っぽい動きがかっこいから真似しようとしたら、ただのお婆さんみたいになっちゃうの」と息子に言ったら、「そりゃそうだな」と冷静に突っ込まれて悲しかった。(TдT)

------------------------------
読了
2016年02月22日 (月)
階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 糸森環
侯爵に甘いキスの作法 ローラ・リー・ガーク
面白かった。3月に出るMIRA文庫の公爵と見る十日間の夢 (MIRA文庫)も楽しみ。

2016年02月20日 (土)
なりゆき斎王の入内 心の花は咲き出ずる 小田菜摘

2016年02月19日 (金)
十八歳になった君へ イヴォンヌ ウィタル

2016年02月18日 (木)
MIRA文庫から出たローラ・リー・ガークの本『侯爵を結婚させる方法』が面白かったので、他の作品を漁っているところなのだが、こちらはいまいちだった。他のは面白いといいのだが…
不埒な公爵のキスの作法 ローラ・リー・ガーク

2016年02月17日 (水)
レディ・エミリーの事件帖 ターシャ アレクサンダー

2016年02月16日 (火)
公爵の愛しのシンデレラ エリザベス ボイル

買い物を面倒臭がる旦那や息子はすっかり通販
★アマゾン★

関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク