本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
想いは薔薇に秘めて ホテル・チャッツフィールド ケイト ヒューイット
2016年03月16日 (水) 11:25 | 編集

想いは薔薇に秘めて (ハーレクイン・ロマンス)
2015/11/27
ケイト ヒューイット (著)

---楽天---




想いは薔薇に秘めて 

ケイト ヒューイット

記者から突きつけられた写真を見て、オリビアは愕然とした。そこには、彼女と目も覚めるようなハンサムな男性が濃密に寄り添う姿がしっかりと写りこんでいた。ベン・チャッツフィールド-彼とオリビアの家族は敵同士だった。仕事でベルリンを訪れた彼女は“チャッツフィールド"に泊まり、体調を崩したときに偶然、支配人のベンに介抱されたのは事実。でもまさか、それがこんな形で盗み撮りされていたなんて。もしこれが掲載されたら、互いの仕事にも家族へも影響が出てしまう。悩んだ末に、オリビアはベンに苦しい懇願をする。「お願い、状況が落ち着くまで私の恋人のふりをしてほしいの」(R3115)
----------------------
copyright 2015
Virgin's sweet rebellion

ホテル・チャッツフィールドを舞台に描かれる連作シリーズです。
9作目以降は副題の”ホテル・チャッツフィールド”が無くなったので、探しにくくなったのですが、現在も一族の重要な話し合いはNYで続いているようです。
(近々まとめ読みしてレポートしたいと思います)
今巻はニューヨークとは別の場所。一族から距離をおいているヒーローのベンと、女優を目指すヒロイン・オリビアとのロマです。
単品でも楽しめる構成。

あらすじ
兄スペンサーは既に父の子でないことを知っていた。
五年前…。ベンは目をしばたたいた。だったら、僕はこの5年間、なんのために兄や家族から離れていたんだ?まったくの無駄だったらしい。
14年ぶりに再開した兄の言葉に、冷静な声で応じたが、胸には複雑な感情が渦巻いていた。父マイケルの生きがいであるホテル帝国。その交渉のためにニューヨークへ向かう兄は、ベンにひと働きしてもらいたいようだ。
ベルリン国際映画祭での重要な期間に現場を仕切る人間が必要だという。ベンはもう少しで殴りかかるところだった。反射的に拳を握り、動悸が激しくなる。

「それでもおまえは僕の弟だ、ベン」


冒頭の経緯。オリビア・ハリトンは女優として次の仕事がもらえるかどうかの重要な時期にあり、この映画祭は自分をアピールするチャンスだと考えている。
しかし、割り当てられた部屋は、ハリトンホテルの買収を企むチャッツフィールドの嫌がらせとしか思えなかった。
怒りに任せ、責任者のベンに思ったことをぶちまけた。するとベンは自らの部屋と交換し、手違いを詫びたのだ。
翌朝プールで二人はぶつかり、ベンが水を飲んだオリビアを快方する姿を写真でスクープされてしまう。
オリビアは、次の役欲しさから、ベンに恋人のふりをしてほしいと頼むが…

一族を離れて、単身レストランを立ち上げ、セレブシェフとまで呼ばれるベンだが、かつて怒りにまかせて行動したとき、ひとりの男が死にかけたことから、自身の内に秘めた暴力性に恐れている。そんな彼のうろたえる姿が良かった。もうちょっとほり込んで欲しいと思わなくもないけど。
すごく盛り上がるというお話ではないが、まあまあ楽しめた。

---ホテル・チャッツフィールド-----
1シークの愛した客室係(R3027)ルーシー・モンロー2015.1
2プレイボーイ富豪の肖像(R3035)メラニー・ミルバーン2015.2
3妖精の涙のわけ(R3043)ミシェル・コンダー2015.3
4炎の一夜が授けた命(R3051)シャンテル・ショー2015.4
5その日まで愛を知らずに(R3059)トリッシュ・モーリ2015.5
6愛したのは略奪者(R3067)アビー・グリーン2015.5
7強いられた献身(R3075)アニー・ウエスト2015.7
8勝利の美酒は罠(R3083)リン・レイ・ハリス2015.8
--ハリントン・ホテル買収編--
9.シークの美しき獲物(R3091)メイシー・イエーツ2015.9
10.一夜に賭けた家なき子(R3107)キャロル・マリネッリ2015.11
11.想いは薔薇に秘めて(R3115)ケイト・ヒューイット2015.12
12.氷の皇帝に愛を捧げ(R3131) ミシェル コンダー2016.2
13.ホテル王の非情な求愛(R3147)メラニー・ミルバーン2016.4

海外ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク