本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
身代わり伯爵の結婚行進曲 6 光と歩む終幕 下 清家未森
2016年04月04日 (月) 12:18 | 編集

身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)
2015/10/31
清家 未森

---楽天----




身代わり伯爵の結婚行進曲 6
光と歩む終幕 下

清家未森

ミレーユとリヒャルトは、ごく普通の下町のパン屋の娘と、兄の親友の騎士として出会った。様々な出来事を二人で乗り越え、大公とその妃となり、ようやく幸せになれるはずだった。―だが、そんなリヒャルトが今、銃弾を受けて海に消えた。「あたしは絶対にあなたから離れないから…」はたして二人は、自分たちを待つ人々のもとに帰ることができるのか。『身代わり伯爵』の奇妙で華麗な冒険、ついに完結!!
-------------------

”結婚行進曲”になってからの、ファンサービス的な引き伸ばしもこれにて終幕。
ラストらしく、懐かしい皆様の登場と挨拶が延々と続く辺りは、ファン以外には面白くもなんともないところではあるが、幸せな二人のイチャラブは素直に微笑ましく嬉しい。
昔のような緊張感があまりなかったのは、少し物足りなかった。
元気なミレーユとお別れするのはちょっぴりさみしい気もするが、ラストの終章で二人の子供まで見ることができて幸せな読後感。

ラスト巻は、登場人物のおめでとうのご挨拶と、二人のイチャラブで終わった。というわけで、あらすじは割愛。
フィレッドの友人的な謎の人面犬とか…w


私としては、牢に在住の某人物が何かを企んでいると思い込んでいたので、そこの絡みが伏線でもなんでもなかったのがかなり残念。下巻で山場がまだあると思っていたのに、ミレーユをイジメただけの教祖にちょっとがっかり。
でも、ファンとしては、なつかしキャラの挨拶とこれからどうするのかを聞けたうえに、二人が幸せで嬉しいからいいの。満足。

清家 未森 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク