本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
黒衣の騎士と悪女の良縁 宮野 美嘉
2016年04月19日 (火) 22:32 | 編集

黒衣の騎士と悪女の良縁 (ルルル文庫)
2016/1/26
宮野 美嘉 (著)

---楽天---




黒衣の騎士と悪女の良縁 

宮野 美嘉

悪評まみれの美少年愛好家、令嬢シェリーの結婚が決まった。夫となるのは国一番と評判の美少年ルース…ではなく、その兄クロード。戦場の死神と呼ばれるほど勇猛で強面な将軍のクロードには「弟を溺愛するあまり屋敷に閉じ込めている」という不穏な噂がある。「弟に近づくな」とシェリーに告げて花嫁拒絶の態度をみせるクロードに秘密が?夫を探ろうとするシェリーだが、ある時、クロードの思いがけない優しさを知ってしまい…!?
-----------------------

ショタ系&兄弟ラブ萌なお話ですが、そっち系ではない人でも楽しめるお話です。
バイオレンスな雰囲気も入るので、宮野作品初読の方には、かなりアクが強いのでオススメはしないが、作品としては面白かった。(人を殴りたくなるヒロインなのです。噛みつきは無い!自粛か!?)
美少年を食い物にすると噂の令嬢シェリー。本当の彼女の抱える心の穴、勇猛果敢な将軍クロードの抱える大きな秘密、そして、美しい弟の可愛らしさが、かなりキュンです。
お暇なら是非一読。

あらすじ
国王フェルドールが厚い信頼を置いているというその騎士の名を聞き、シェリーは結婚を承諾した。
何を隠そうハウザード家の子息といえば、国一番と称えられる美少年である。
この話を告げられたとき、シェリーは柄にもなく胸をときめかせた。
シェリーが嫁ぐのは夢にまで見た美少年  の、兄なのである。
国一番の美少年の姉になる。こんな素敵な話はない。

そうしてシェリーは嫁入りの日を迎えた。
クロードは、シェリーに嫁ぐのが嫌か丁寧に訪ねた。彼は、世の大半の女性に怖がられると自ら語る。
しかしながら  

「あたくし、世の中には二種類の人間がいると思っているの。それはね  『美少年』と  『それ以外』よ。『それ以外』にくくられるあなたがどんな顔をしたところで、あたくしは気にしないわ」


冒頭の経緯。シェリーは、無類の美少年好きだが、嫁いだからにはクロードと仲良くするつもりだった。ところが、絵を描くシェリーは人の血のつながりを当てることを特技とすることをクロードに教えると、クロードはシェリーを遠ざけ始める。弟ルースを危険から遠ざけることこそが私の使命なのだと…
しかし、ある夜、屋敷に侵入した何者かにルースが拉致されそうになり、助けようとしたシェリーはケガを負ってしまう。

シェリーは、美少年の絵を描き、弟の面影を他人に探しているのです。なので、その辺りから、ショタものへの嫌悪感は薄くなります。
クロードの元婚約者で王妃のメリウェルはドジっ子ながらも、シェリーになついており、シェリーはその辺りが気になってご機嫌斜めのバイオレンス状態。
そんなシェリーと彼女の態度に戸惑うクロードとの関係が痒くて良いです。
なんとなくストーリーは先が見えますが、弟君の兄大好きな態度は純粋で可愛らしく、すべてが解決した後のシェリーのラストの誘導も上手く、ひねくれ者達がイキイキしております。
友人の王妃メリウェルも!

宮野美嘉 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク