本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
シークの愛した客室係 ホテル・チャッツフィールド I ルーシー モンロー
2016年04月21日 (木) 13:18 | 編集

シークの愛した客室係 (ハーレクイン・ロマンス)
2014/12/25
ルーシー モンロー


シークの愛した客室係 
ホテル・チャッツフィールド I

ルーシー モンロー

亡くなった母の最後の手紙を読み、リヤは衝撃を受けた。彼女の実の父親はホテル王ジーン・チャッツフィールドだという。偶然にも“チャッツフィールド・ロンドン"では、母の故郷である砂漠の国の皇太子サイードの宿泊を控え、イスラム文化に通じた客室係を求めていて、同系列のホテルの勤務経験があるリヤに白羽の矢が立った。父との対面を夢見て、すぐに働きだしたリヤだったが、思わぬ事態に遭遇してショックを受ける。偶然、エレベーターで出くわした皇太子にいきなり腕をつかまれ、中へ引っ張り込まれたのだ!二人きりの空間は熱を帯びて…。(R3027)
-------------------
copyright 2014
Sheikh's scandal

ハーレクイン推し作家による連作、ホテル・チャッツフィールドの一巻目です。
両親の愛から縁遠かったことで、何らかの心の傷を抱える子供たちが巻き起こすセレブロマのシリーズです。
自分達のホテルであるにもかかわらず、一族とは無縁のCEOを父親が採用したことで、子供たちの不満はくすぶり…というシリーズの大まかなストーリーがありますが、全体的にユルいしばりなので、単品の拾い読みで楽しめる構成です。
作家によって面白さに波があり、最後まで読み続けてもビシッと解決する爽快感には欠ける部分ありですが、8作続いたシリーズがさらに続編を追加されている辺り、人気のあるシリーズのようです。

一作目を飾るのはルーシー モンロー。
こちらの作品は面白かった!
母の最後の嘘を信じ、父親である・チャッツフィールドに会った結果心に傷を負うヒロインと、自分の責務を前に怒りと苦悩に満ちた砂漠の国の皇太子サイードとの出会いがキュンです。

あらすじ
リヤは母の故郷に精通した知識を持つ客室係として“チャッツフィールド・ロンドン"に採用された。亡き母の手紙から、父親がホテル王ジーン・チャッツフィールドだと知ったことで、リアはジーンに会うチャンスを待っているのだ。
皇太子サイードと婚約者の宿泊の準備が整い、皇太子の到着とともに、父ジーンが出迎えに現れた。
そして、リヤは親子の名のりを上げた。だが、待っていたのはてひどい拒絶だった。
さらに、父親が月々の仕送りをしていたと母が嘘をついていた事実も突き付けられた。リヤは幼いころから父親は娘の存在を知っていて、ほんのわずかとはいえ、ちゃんと気にかけてくれている、と思って生きてきた。そうではなかったという事実がリヤの胸を引き裂いた。
そのとき、早口の会話がリヤの意識に入り込んだ。
サイードがユスフというボディーガードがアラビア語で話していた。リヤの存在にも気づかないほどサイードが怒り狂っている理由がその会話でわかった。どうやら、てひどい裏切りに遭ったのはリヤだけではなかったらしい。
信じられないことに、未来の皇太子妃が宮廷の側近と駆け落ちしたというのだ。
リアは一人になれる場所を求め、皇太子妃の部屋のバーカウンターの酒を飲み始めると…


冒頭の経緯。リアが酒を飲んでいると、そこに現れたのはサイード。義務と自制の塊である彼は、婚約者の義務の放棄に怒りながらも、リアとの会話に癒されはじめる。酔った勢いにまかせて、リアはサイードを誘惑し…

翌朝バージンであることがバレて、妊娠疑惑とともにリアは彼の国へ拉致同然に同行することに…という展開。
でも、彼の両親である国王夫婦はとても良い人。義務感で凝り固まった息子サイードを案じる王妃が嬉しいです。
父ジーンともきちんと話ができるので、読後もスッキリだった。

海外ロマンス 読了一覧

---ホテル・チャッツフィールド-----
1シークの愛した客室係(R3027)ルーシー・モンロー2015.1
2プレイボーイ富豪の肖像(R3035)メラニー・ミルバーン2015.2
3妖精の涙のわけ(R3043)ミシェル・コンダー2015.3
4炎の一夜が授けた命(R3051)シャンテル・ショー2015.4
5その日まで愛を知らずに(R3059)トリッシュ・モーリ2015.5
6愛したのは略奪者(R3067)アビー・グリーン2015.5
7強いられた献身(R3075)アニー・ウエスト2015.7
8勝利の美酒は罠(R3083)リン・レイ・ハリス2015.8
--ハリントン・ホテル買収編--
9.シークの美しき獲物(R3091)メイシー・イエーツ2015.9
10.一夜に賭けた家なき子(R3107)キャロル・マリネッリ2015.11
11.想いは薔薇に秘めて(R3115)ケイト・ヒューイット2015.12
12.氷の皇帝に愛を捧げ(R3131) ミシェル コンダー2016.2
13.ホテル王の非情な求愛(R3147)メラニー・ミルバーン2016.4

海外ロマンス 読了一覧


関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク