本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
鎌倉香房メモリーズ 3 阿部暁子
2016年04月24日 (日) 18:54 | 編集

鎌倉香房メモリーズ 3 (集英社オレンジ文庫)
2016/2/19
阿部 暁子 (著),

---楽天---




鎌倉香房メモリーズ 3

阿部暁子

今日も今日とて、ゆるり営業中の『花月香房』だけど今日は…雪弥さんが、ちょっとおかしい。(自称)雪弥の親友・高橋あてに届けられた、文香だけが入った謎の手紙のせいなのか…。秋の空高く、想い交錯する季節。それぞれの、そして香乃自身の、止まっていた時が動き始める。香乃はどんな香りから、何を感じ進もうとするのか。やさしい絆の物語、第3弾が登場。
------------------------

鎌倉を舞台に香りにまつわるあれこれを解決しつつ、主人公達の成長を描くシリーズも、3巻目になりました。
ヒロインは人の感情を香りで感じる能力がありますが、人の感情に
敏感だという程度でファンタジー的なものとしては使っておりません。登場人物達の乗り越えるべき心の問題がきっちりと描かれ、ふんわりとした雰囲気が心地よいながらも、ぐっとくる人情ものもです。
雪弥さんとの関係は、進展こそないものの、お互いを気遣う二人の優しさがとても良いです。二人が自分の未来に向かって、立つべき場所を考える大切なターンです。 しかし、その二人にラストでは暗雲が! 続きがきになる終わり方となっており、もしかしたら、次で終わりかも?と緊張感のある展開となっております。
是非シリーズで読んで欲しい作品。

あらすじ
1.拝啓 忘れえぬ人
こんなにミスを繰り返すのは、とかく隙のない雪弥さんにはめずらしく、様子を見ていても、どことなくうわの空に感じる。
そんなとき、ふらりと店に現れたのは雪弥さんと同じ大学の同じサークルのメンバーである高橋さんだった。
手紙に添える文香を求める彼は、花の絵の意味を尋ねてくる。

「やっぱり封を開ける人にいい香りを届けるためのものだから、きっと、その人は高橋さんに喜んでほしかったんだとおもいます」

高橋さんは思いもかけないことを言われたという表情で、わたしを凝視していた。
風に流された煙が形を変えるみたいに、高橋さんの香りが変化した。明るい変化ではなかった。悩ましそうな、途方にくれているような香りが、それまでの温和な香りを押し流してしまう。

天然癒し系ギャグ要員の高橋さんの意外すぎる素顔に、雪弥さんと一緒に読者もびっくり。そんな友人の頼み事とは、文香だけが入った手紙の意味を教えてほしいこと。友人の知られざる一面を知ることで、雪弥さんと文香は大きく成長するのです。
雪弥さん子供相手に容赦ねぇ〜

2.あの日のきみへ
文化祭で忙しい文香を”アキラさん”なる人物が手伝ってくれるようで…

3.かがやける星
『花月香房』で働いている雪弥さんを女子大生だと両親に嘘をついていたこがバレてしまった!現れた父は、雪弥さんに不躾に質問し、挙句、文香は大学進学を控えているのだから戻ってこいと言い出し…


『あの日のきみへ』は文化祭に存在感半端ない雪弥さんの叔父・和馬登場です。叔父が会っていた人物に関しては布石のまま。
『あの日のきみへ』で雪弥さんの言葉が嬉しかっただけに、ラストがきになる〜〜!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★


関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク