本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
ぼくは明日、昨日のきみとデートする 七月隆文
2016年04月30日 (土) 21:17 | 編集

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
2014/8/6
七月 隆文 (著)

---楽天---




ぼくは明日、昨日のきみとデートする 

七月隆文

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。
--------------------

たまには話題のものを。(というか、ローティーンの娘に勧められていつもとは違うものを手にとった次第)
漫画化&映画化で話題の人気小説。
文字を普段読まない方から、ローティーンまで読みやすい文字量の作品です。
時間軸の違う二人が出会い別れるまでを描く切ないラブストーリー。電車で一目惚れをした美大生・”ぼく”の一人称男性視点。
SF要素が入っていますが、細かなくどくどしい説明はあまりなく(逆に言えば物足りなくもあり)、実際の風景や神戸などでの震災や事故などを織り込んであるためにリアリティーを感じます。
ちなみに、ハッピーエンドで終わる話ではない。とはいえ、淡く切ないながらも読後感は後に引きずるようなことはなく、悪くない。

細かなあらすじは割愛。

前半は、電車で一目惚れをした彼の片思いから始まる痒い話。後半は、連絡は電話のみで12時前に家に帰る彼女の秘密が語られ、パラレルワールドで生きる彼女との出会いと残された時間を思い知ることに。

お互いの時間軸と、彼女との関係を考えると切ない展開となる。でも、彼女視点がないぶん彼の観察眼で補いたい所だが、もう少しでぐっときそうなのに、いまいち見えてこない。読者の妄想で補完してくれたまえ。
で、私的な感想では、設定は面白かったけど、文章的にはいまいち。
折角の風景が全然見えてこないし、ヒロインの切ない表情も感じない。出会いの場面でありながら、彼女にとって別れの場面でもあるシーンの彼女の切なさが表現しきれていないのは、もったいない。
(その辺り、映画でどんな表現するのか気になる。)

正直30分で読み終わった。この値段と文字数を考えると文字に慣れた人はちょっとイラッとする。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク