本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
かぐら文具店の不可思議な日常 高山ちあき
2016年05月04日 (水) 23:29 | 編集

かぐら文具店の不可思議な日常 (集英社オレンジ文庫) 2016/2/19高山 ちあき (著),

---楽天---




かぐら文具店の不可思議な日常

高山ちあき

友人たちの進路が決まっていくなか、就職先が決まらない璃子。そんなとき近所の文具店で、一風変わった青年・遙人と知り合うが、なぜか彼の周りにいる奇妙なモノが見えるようになってしまう。訳がわからないまま、行方不明の父が残した万年筆に合うインクを探してもらうことに。遙人の祖母からは嫁扱いされつつ「かぐら文具店」で働くことになった璃子だったが…?
--------------------------

作者さんコバルト文庫12年出版「お嬢様は吸血鬼」以来、お久しぶりです。
文具に絡んだ人間模様の物語ですが、妖怪も出てきます。出会いと始まりとしては悪くない一巻。でも、後半の文具うんちくははかなり薄くなってしまったのは残念かな。
作者の文章は割りと好みです。キャラの作りもうまいので、今後があるとなすれば続刊も読みたい!
ただ、妖怪の絡んだ物語なので、今度どの程度膨らませるのか…コバルト文庫的なファンタジーを盛り込みすぎると、大人受けは難しいのでちょっと辛いかも。
短編3話構成。

あらすじ
●思い出の万年筆
二十歳の水瀬璃子は、都内某所の開発から取り残されたような文具店の和装の店主に父の万年筆のインクの在庫を訪ねた。
「父のもので、この文具店で買ったと母から聞いたので…」
かつて父が愛用していたキャメロン社の万年筆。行方不明の父が残した限定モデルの万年筆の思い出とは…

●封筒のなかの真実
客の女性から、投函したはずの封筒の中身がなくなっていると苦情が来た。まさか…?

●短冊に願いをこめて
遙人は本当に黄泉返りなのか?璃子のなかで疑問が渦巻くなかで、遙人が独自のルートで調べた父の行方を知らされることに。しかも、父は記憶を無くしており…


文具うんちくらしいお話は1話目だけです。2話目以降は妖怪がらみのファンタジーの入ったお話。なので、文具マニアらしい物語を期待すると、2話目以降は若干方向性がずれます。
物語としては悪くないです。
1話目が涙ものだったのに対し、後半はもうひとつな感じもしなくもないですが、遙人さんとのラブが薄くかったぶん、続刊があるなら読みたい。

高山 ちあき 読了一覧

コバルト文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク