本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード 三川みり
2016年05月09日 (月) 01:35 | 編集

箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード (角川ビーンズ文庫)
2016/2/27
三川 みり (著),

---楽天---




箱入り王女の災難
恋と絆と女王のエチュード 

三川みり

召し使いグレーテルの体に乗り移ったまま、いまだ元の姿に戻れない王女フレデリカ。王位継承のお披露目会も済み、平穏な日々が続いていたがその矢先、国王陛下が何者かに襲撃され意識不明の重体に陥ってしまう。さらにタイミング悪く、隣国オレリアンの革命軍政府から会談の申し入れがあり、フレデリカは国王代理として出席することになって?「おまえを信じている―」箱入り王女の逆転ライフ、トラブル満載の第3弾!!
---------------------

え、三巻でおわりなの!?聞いてないよぅ〜と気に入って期待していた読者からすると若干肩透かし感があるのですが、三巻で終わる作品だと理解して読むと、とてもまとまりよく終わる作品で気軽に手にとれる文章量です。お試しあれ。
王になる自覚と、狂犬ユリウスを従えることができたところまでの切りの良い部分で終わるので、読後はスッキリです。

あらすじ
「この中には、絶対なにもありません!!」

「嘘つけ!」

かつては地獄の番犬と呼ばれロートタール監獄の番人だった騎士イザークも、フレデリカの傍に仕える仕事にすっかり馴染んていた。
そして、フレデリカの挙動不審の原因を厳しく追求する。
フレデリカには大きな秘密があるグレーテルと体が入れ替わったこと、もう一つの秘密は、背後に庇っている衣装箪笥の中にある。
これこそ、フレデリカの最大最悪の秘密であると、変な自負がある。
実はフレデリカは、不気味なものが大好きな悪趣味王女なのだ。


冒頭の経緯。カルステン公爵は二人いる。本物はどこにいるのか? その矢先、父王が襲撃され、重傷を負う。不安な状況に追い打ちをかけるように、革命が起きたばかりの隣国から会談を求められ、フレデリカは商会のシュルツに隣国の情報を求め、地下組織のリーダーに探りを入れることにした。しかし、そこには意外な人物が…

イザークは秘密を明かそうとしないフレデリカに苛立ちを感じてい状態で、しかも、グレーテルの魂が妹であることを打ち明けられない秘密を抱えており、一方、グレーテルもイザークに捕まったことで、イザークに「嘘をつくな」と向き合わせることに。
強引に会談を求める隣国を相手に、王代理としての決断という重責に不安を抱えるフレデリカ。彼女に寄り添うグレーテルの言葉が嬉しくもあり、切なくもあって、ぐっときました。
イザークへの思いを素直に打ち明けたフレデリカの告白も、そこはかとない痒さが私好みでした。一応満足。
でも、やはりファンとしては、もう少し書いてほしかった。もとの体に戻るまで他の忠臣をみつけるまで、続けて欲しかった。グレーテルの体をもとに戻してあげてほしかった。ひねくれた幸薄いグレーテルにも幸せが欲しかったナ。
とはいえ、未来をほのめかす形で書ききってくれたので、読後は悪くないです。フレデリカなら立派な王様になれそう。

三川みり 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク