本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
●プチ日記 自由人すぎる旦那と反抗期の娘とのある一幕
2016年05月09日 (月) 17:36 | 編集
★楽天★










●プチ日記 自由人すぎる旦那と反抗期との娘ある一幕

自由人の旦那と寝るか、反抗期の娘と寝るか…
狭い戸建でのつきない悩みである。
ロマンス小説では、夫婦で寝るのが当たり前ではあるのだが、現実問題として自由人の旦那と寝るのは、辛い。私は無音でないと安眠できない。寝落ちする瞬間まで、パソコンのクリック音やテレビの音がするのは気が狂いそうになるのだ。耳栓をしても聞こえるのだ!
結局、私は娘と一緒に寝ているのだが、中学生ともなれば一人部屋が欲しくて仕方のない時期であり大変申し訳なく思う今日このごろ。
そんなある夜、娘と私が寝ようとすると、お休みの挨拶をしたくなったらしい自由人な旦那が、部屋に入り込み、娘の顔にオナラをして去っていった。
「サイアク…、もうやだぁ〜」と娘は半泣き。
いろいろと大変な中学生活で、自由人の乱入によってさらに娘にストレスかけてしまったような罪悪感を私が感じることにちょっと苛立つ。だが私が旦那を怒っても問題は解決しない。
たまりかねて私は言った。

「めそめそするくらいなら、蹴飛ばしといで」

「ぬぁ!」と憤怒の唸りとともに娘は布団を蹴り上げると、旦那の部屋に向かってドカドカと足音を鳴らしながら、蹴飛ばしに向かっていった。
旦那の悲鳴が聞こえた。
そのあと、娘と旦那がどうなったかは知らない。
わたしの教育方針はこれでいいのだろうかという思いがよぎったが、眠いので寝た。
夜中にそんな足音を鳴らすなんてだめよ!と後で注意しなければと思ったが、翌朝には忘れた。



読了
2016年05月11日 (水)
猫かぶり花嫁と悪役公爵 恋する仮面舞踏会 葵木あんね

2016年05月11日 (水)
ファンタジー エマ・ダーシー

2016年05月10日 (火)
いわれなき罰 ミシェル リード
ミシェル リード全部読見終わってしまった。あと短編が一本あるだけだ。ぬぅ〜寂しい。次はどの作家を物色しようかなぁ〜

2016年05月09日 (月)
惑いのバージンロード ミシェル リード過去ログ
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク