本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
猫かぶり花嫁と悪役公爵 恋する仮面舞踏会 葵木あんね
2016年05月11日 (水) 14:18 | 編集

猫かぶり花嫁と悪役公爵~恋する仮面舞踏会~ (ルルル文庫)
2016/2/26
葵木 あんね (著)

---楽天---




猫かぶり花嫁と悪役公爵 
恋する仮面舞踏会 

葵木あんね

ルシェノワ王国の姫・ディアーヌは、政略結婚でロネベルク王・ユリウスに嫁ぐ。しかし王は叔父であり陰の国王と囁かれる公爵・ヨハンの操り人形のうえ、なぜかディアーヌを避け続ける。そんなある日、お忍びで芝居を見にいった彼女は、脚本家のジークと知り合う。幾度か逢ううち、お互いへの恋心を自覚する二人だが…。王妃の許されざる恋の行方は!?華やかな宮廷と劇場を舞台にしたドラマティック・ロマンス!
------------------------

激甘な部分(もちろんルルル痒いところ止まり)もありの安定のクオリティー。
でも、テーマが禁断系の不倫ものっぽくなっており(実際は結婚していないのだが)その手の話があまり好みではない方にはオススメしない。
テーマの重さを払拭するギャグ系ヒロインなので、さくっと楽しめるロマ。ノリの軽すぎる王様のために奔走する忠義者ヨハンは良い人。

あらすじ
『我が国の恥にならぬよう、敬虔な淑女として嫁げ』
厳格な兄王の要求のために、ディアーヌはロネベルク王・ユリウスに嫁いだ。無理矢理笑わされているようなユリウス王の隣には、ユリウス叔父ヨハンが控えており、堂々とした風格と冷ややかな美貌の持ち主のフォルガリーヒ公ヨハンは、陰の国王と呼ばれている。
政略結婚は王族の務めだ。ディアーヌは一度フォルガリーヒ公爵との婚約があったが、情勢が変わって婚約は破棄された。
「フォルガリー公爵が花婿じゃなくてよかったわ」
ユリウス王は頼りなさそうだけれども、少なくとも悪い人ではなさそうだ。
しかし、ディアーヌの願いむなしく、ユリウスは花嫁を避け続け、一向に距離が縮まらない。ユリウスはヨハンにばかり頼り、二人の邪魔をする。
そんなある日、信心深くいつもベールをかぶっているディアーヌは髪を下ろして商家の令嬢を装い、お忍びの観劇に出かけた。広場で男に言い寄られて困っている女性を女子修道院で習った体術で撃退した。
しかし、男がナイフを取り出し、刺されると身構えたとき、誰かが男の腕をつかんだ。

「みたところ無事のようだが、怪我は?」


冒頭の経緯。劇作家のジークと知り合ったディアーヌは、お互いに友情を温めはじめ、彼の作品に影響を与えはじめる。
1日も早くユリウスとの結婚を完全なものにしようと焦るディアーヌだが、報われることのない政略結婚に、愛しい人と結ばれる幸福な花嫁になりたかったと涙をこぼした。
そして、次第にジークに惹かれはじめたことを自覚し…

後半は、お互いの正体に気づいた二人は、違いの未来を模索しはじめる。ヨハンは逃げた王が結婚したことを知らされ、ことを公にせず、丸く収めようと奔走する。だが、二人の間に王太后の罠が…

というお話。厳格な兄のおかげで様々なことを諦めていたヒロインですが、ヨハンの痒いセリフで、元気になるあたり楽しい。走り込みしたくなるあたり元気すぎるヒロインなのです。
まあまあ。

はるおかりの=葵木 あんね 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク