本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
四つの愛のかけら ミシェル・リード
2016年05月14日 (土) 14:55 | 編集

四つの愛のかけら (ハーレクイン・ロマンス)
2011/9/16
ミシェル・リード (著)


四つの愛のかけら 

ミシェル・リードら4人の人気作家が、愛の横顔を鮮やかに切り取った短編集!(R2658)

愛のアリアを歌って ミシェル・リード
別れを選んだ理由 サンドラ・マートン
宮殿でささやいて トリッシュ・モーリ
いとしのローサ マギー・コックス

お茶の合間に読める文章量が四本。関連作のSSを集めたもので、あっという間に話がまとまるが、単品で読んでも面白かった。
もちろん、もうちょっと読みたい!もう少しそこでこじれてくれ!とどの作品も思わなくもない。




単品でKindle版もあります

愛のアリアを歌って

ミシェル・リード

イギリスの大富豪バルフォア家主催の慈善舞踏会に、当主オスカーの姪であるメレディスは招待されていた。夫のアレッサンドロは仕事先のミラノから遅れて参加するという。ともに仕事を持つ夫婦として、二人は一緒に過ごす時間が少なく、喧嘩と仲直りをくり返す日々を送っているが、前の日に判明した妊娠の事実を、メレディスは夫に伝えたかった。ところが舞踊会の会場で、彼女は信じられない噂を耳にする。アレッサンドロの旧友とわたしが情事を重ねている、ですって!?確かにきのうの電話で、夫は機嫌がいいとは言えなかった…
-------------------
copyright 2010
Scandal at The Balfour Ball

8話連続刊行の「愛に戸惑う娘たち」の関連作
シリーズは未読なので、説明できず申し訳ないが、ラストのエピローグに”ゾーイにスキャンダル発覚”という次への紹介以外は、絡みがないので、単品で楽しめるお話だった。
夫を愛しているにも関わらず、浮気を偽装されてしまうヒロインが不憫だが、嫉妬で狂いそうになってるアレッサンドロも良かった。




単品でKindle版もあります

別れを選んだ理由
サンドラ・マートン

半年間の付き合いののち、エスメレルダは、恋人のスペイン人実業家リオ・デ・サントスのもとを去った。なぜならリオは永遠を約束してくれるような男性ではなく、これ以上ともに過ごせば、傷つくだけだとわかっているから。わずかなプライドを保つには、それしか方法はなかった。そんな彼女の心も知らず、リオはいらついていた。これまで女性から別れを切り出されたことなどないというのに、なぜエスメは突然消えたのだ? 書き置きすら残さずに!彼女を取り戻したいわけではない。ただ理由が知りたい。リオはジェット機を飛ばして、エスメが住むという田舎町に向かった。
-------------------
copyright 2000
The Runaway Mistress

「バロン家の恋物語」関連作。
シリーズ未読なので、説明できず申し訳ない。でも、単品でも楽しめるお話だった。
自分の前から姿を消したエスメレルダを求めて、リオは彼女のいる牧場に乗り込んでくるお話。
傲慢で強引なリオの行動に対して、母親が苦労したように、自分も男で身を持ち崩してしまったヒロインの苦い思いが切なくて良いロマだった。




宮殿でささやいて
トリッシュ・モーリ

王宮でメイドとして働くことになったカルメリーナは、勤務初日早々、階段でハンサムな男性とぶつかり完全に遅刻してしまう。彼は、ひと財産築くと言って島を離れ、輝かしい成功を収めて帰国した兄の親友ロベルト。いまや手の届かないセレブになってしまった彼に、なんて言えばいいの? 私の一家が困窮し、あなたとは完全に身分違いになったことを…。地中海に浮かぶモンテベラッテ王国の物語(コミックの紹介より引用)
-------------------
copyright 2009
The Italian Billionaire's Bride

「伝説の国のプリンセス」関連作品
プリンセスのメイドとして働くカルメリーナが、兄の親友で故郷を捨てていってしまった男性と再会。幼い憧れから愛への変化のロマです。
ここから、こじれて欲しいと思うところで、ハッピーエンド。ロベルトは良い男だった。







いとしのローサ
マギー・コックス

-------------------
copyright 2006
Rosa

病の雇い主に代わって、思い出の絵を競り落とそうとしたけれど、傲慢な男性に負けてしまった。事情を話して絵を譲って欲しいと頼んだけれど…

傲慢なイーサンとは交渉の余地もなく、セリーナは諦めかけるが、彼が引き止め、情熱とともに一夜をという展開。
イーサンも母の思い出の品ということで、手放せない絵なのです。
短い作品ですが、面白かった。

ミシェル リード 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク