本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
今日から「夫」と言われても NDY企画 任侠事件簿 響野 夏菜
2016年06月03日 (金) 12:38 | 編集

今日から「夫」と言われても NDY企画 任侠事件簿 (集英社オレンジ文庫)
2016/3/18
響野 夏菜 (著),

---楽天---




今日から「夫」と言われても
NDY企画 任侠事件簿

響野 夏菜

もと極道の祖父が起ち上げた、義理と人情を守るための会社「NDY企画」。孫娘の緋桜乃は否応なく家業を手伝わされている。思いを寄せる青年・菅野は周りからの評判は最悪で、祖父が勝手に婚約者指名した青年実業家の堺はしつこいし、幼馴染みの三塚は相変わらず意地悪で…そんなある日、祖父は冴えない男性を連れてきて、「今日からおまえの夫だ」と言い出し!?
------------------------

極道の孫娘ということで勝手に婿を決められて、必死に抵抗する緋桜乃だが、片思い中の男性・菅野はかなり鈍くて事件に巻き込まれ体質なうえに、祖父の手下である三塚は今日も嫌味メガネで、最悪…。

面白かった。
夫候補3人の誰が夫となるのかは、秘密ということで。鈍いヒロインですが、いろいろと目が覚める思いをする過程で、やっと気がついてくれます。
スッキリする終わり方だったので、(たぶん)完結巻。

あらすじ
「N」何でもするから捨てないで
玲音の知り合いの女性ありさがDVにあっているらしく、緋桜乃は彼女を預かることに。
そんなとき、緋桜乃が働く花屋の店先に祖父が婚約者に指名した堺が現れた。実家に届けたが三塚は預かってくれなかったらしく、緋桜乃に無理やり高級腕時計を押し付けて、挙句結婚式場のパンフレットまで広げ出す。
さらに最悪のタイミングで、片思い中の菅野さんが現れる!
絶対、誤解された。
三塚が時計を預かってくれなかったことに文句を言うと、
「マウンティングに気づかないとは、ひぃさんらしいですよ」
とそっけない。
「なんなのよ」
三塚があそこまで不機嫌になる理由も、堺の行動をマウンティングと解する根拠もわからない。

「D」どうぞ僕を踏んでください?
どうやら、また菅野さんは強欲な喫茶店の主人にカモにされているらしく…

「Y」やっぱり「夫」は要りません!

後半は、秘密。任侠色が弱かっただけに、三塚のヤクザ者らしいキレっぷりが良いです。祖父が指摘するある人物への評価は、とても客観的でありながら鋭くて、読者としても「あぁ、なるほど」と感じずにはいられないのです。
任侠姉御としての自分も悪くないと思えるようになったし、夫(予定)も決まったし、あらあら、完結かしら?
でも、青年実業家の堺の出番が少なかったわ。彼には期待していたのにィ〜

響野 夏菜 読了一覧

コバルト文庫 オレンジ文庫 読了一覧

★★響野さんの最近の作品★未読です。でも、楽しそうですヨ★★★
ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた (集英社文庫)



関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク