本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
愛を拒む大富豪 誘惑された花嫁 IV マヤ バンクス
2016年06月13日 (月) 17:10 | 編集


愛を拒む大富豪 (ハーレクイン・セレクト)2016/3/24
愛を拒む大富豪―誘惑された花嫁〈4〉 (ハーレクイン・ディザイア)
2013/3/15
マヤ バンクス (著),

---楽天---




愛を拒む大富豪 
誘惑された花嫁 IV 

マヤ バンクス

ピッパはひそかに憧れていた実業家キャムに誘惑され、親友のパーティを抜け出して、めくるめく時を過ごした。夢の一夜のあと、いまだ興奮さめやらぬ彼女のもとにキャムから思いもよらない連絡が…。なんと避妊に失敗したというのだ。呆然とするピッパだったが、やがて妊娠が判明。すると、キャムは形式的な結婚をしようと持ちかけてきた。そんなのいや!結婚するなら、ちゃんと私を愛してほしい。だがキャムはかたくなに、ピッパも赤ん坊も愛せないと言う。なぜ心を閉ざすの?彼が私を愛してくれる日はこないの?-。(D1555)
--------------------
copyright 2012
Undone by her tender touch

誘惑された花嫁シリーズのラストは、愛と幸せを頑なに拒む男です。
妻子を失った悲しみから新しい未来に目を向けることに苦悩を抱えるヒーローなのであります。
愛して欲しいと素直な気持ちを向けるピッパに対し、どこまでも馬鹿野郎。
マヤ バンクスらしい内面への切り口と、テンポの良さは一読の価値あり。僕がわるかった!と許しを乞う姿が萌えなのであります。
鬼ロマ好きの私には萌えだが、大抵の女性には嫌われるのであります。

あらすじ
ピッパは友人アシュリーの新居祝いを完璧なものにしたかったが、バイトが3人も休んだ挙句、使えない若者を前に、途方にくれていた。
そんなピッパを助けたのは、アシュリーの夫の友人であり、女心をそそる男性の見本ともいえるキャムだった。
キャムとピッパは情熱に身を任せ、夢のような一夜をともにした。
だが、連絡は一切なしという条件にも関わらず、翌日彼からの電話が…。
驚きは驚愕に変わった。

「コンドームが一つ破れていたんだ」


冒頭の経緯。愛のある結婚を望むピッパには、赤ん坊と妊婦の安全のために目の届くところに置こうとするキャムの行動を理解できない。
友情を育もうというキャムの提案にのり、一時はうまく合わせることに成功するが、やはりピッパは愛を得られないことに納得できず、キャムの説得を試みるが、うまくいかない。しかも、キャムは親友の赤ん坊には笑顔を向けながらも、ピッパの子には…

男性の理不尽さに振り回されながらも、自分を大切にしたいと願う女性像が描かれるシリーズなのです。
なんなの!と転がりつつ、ラストのドラマチックな告白が、ヒロインだけではなく読者の魂も揺さぶってくれるのです。楽しいシリーズだった。

----誘惑された花嫁----
1.忘却のかなたの楽園(D1533)2012.10
2.憎いのに恋しくて(D1541)2012.12
3.愛を知らない花婿(D1549)2013.2
4.愛を拒む大富豪(D1555)2013.3

海外ロマンス 読了一覧

関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク