本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
明かせぬ愛の証 キャロル マリネッリ
2016年06月27日 (月) 16:55 | 編集

明かせぬ愛の証 (ハーレクイン・イマージュ)
2016/3/11
キャロル マリネッリ (著),

---楽天---




明かせぬ愛の証 

キャロル マリネッリ

地方の看護学校を卒業したばかりのエレノアは、救急看護の現場で実践を積むという夢を叶えるため、メルボルンの病院で働くことにした。この1年、ブロンドの彼女は間違った偏見から実習先の上司にたびたび嫌がらせをされてきたが、色目を使う役立たずのナース扱いされるのはもうこりごりだった。だから、救急科専門医のローリーがどれだけ魅力的でも、エレノアは心に芽生えた禁断の想いに気づかないふりをした。ところが、緊急に運び込まれた幼い命を救えなかった日の夜、悲劇を払拭するかのように彼と体を重ねてしまった結果…。(I2411)
-------------------
copyright 2004
One night in emergency

ヒロインは、田舎の病院で上司の看護師とうまくいかず、都会で救急看護を実践したいと出てきた娘です。自分に仕事を任せて欲しくて、少々早とちりしがしな、ガツガツした子ですが、優しくて良い子です(救急看向いてなくない?)
Rナンバーの情熱的な作品とは違った、地に足のついた雰囲気の医療ロマです。
王道で地味な展開ですが、キビキビした医療現場の中で新米ながらも認められたいと頑張るエレノアと、見守るローリーのとの掛け合いが良いロマだった。

あらすじ
バズが事故を起こし、患者が運び込まれた。ひどい事故ではないが、働き始めて二時間のエレノアの機嫌は悪かった。
ブロンドで美しい容姿のことを指摘されると、前の職場での屈辱を思い出すのだ。エレノアは自分が役に立つことを示したかった。
そこで、忙しい上司メアリーに放置された患者の手当をエレノアは勝手にしてしまった。
大騒ぎするラグビーチームを外に出し、患者の手当を始めた。
選手の名前はローリー・ハンター。

「患者さんに勝手なことをされると困ります」

高慢な態度で多少つっけんどんに接していないと、彼の太腿に思わず見とれてしまいそうだった。鍛え抜かれ、ダークブロンドの毛に覆われたこの太腿に、テープを巻かなくてはならない。

「患部の毛を処理させてもらいます」

「なんだって?」


冒頭の経緯。ところが、エレノアが手当したのは、休暇中の救急科の専門医だった! 何も教えてくれなかったローリーにも、上司メアリーにも笑われて腹を立て、新しい職場でもうまくいかない上に、金銭的にかなり窮地なことで意気消沈。
だけど、そんな彼女をローリーは励まし、金銭的にも事務と掛け合って助けてくれて…

彼との間に惹かれ合うものを感じ始めるが、二人の距離は遠いまま。
後半、乳幼児の突然死にショックを受けたエレノアを慰め、とうとう二人は一夜を共にした。だが、その後職場でギクシャク…。
ローリーは彼女の将来を考え、煮え切らない態度をとってしまったばかりに、エレノアは誤解。挙句、薬物欲しさの犯罪者の乱入に巻き込まれる山場の展開。
救急看護向いてないんじゃないかと、心配してしまったが、予想外に向いているようです。夢も叶えられて嬉しいね。
私の好みとしては、生意気な子でも、もう少し可愛げがあったほうが好みかな。

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク