本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
●プチ日記 母親の支配欲と子供の自立との間での諸々の考察
2016年06月29日 (水) 12:50 | 編集
●プチ日記 母親の支配欲と子供の自立との間での諸々の考察

息子は高校生になってしまった。
このブログを書き始めの時期は、彼はまだ小学生で、本を読まない息子にいかにして本を読ませるかという趣旨からのブログのスタートだったのだが、ずいぶんあらぬ方向へずれたもんだ…
という話はさておき、息子の話はかなり前から書かなくなってしまった。
かつて支配欲について「耳そうじに関する考察」で息子があと何年耳掃除をさせてくれるかについて考えたことがある。(今読んでも頭のおかしナ話なので読まないでくれ!)
高校生となった今現在は、耳掃除はごく稀だ。頼み込んで耳の中を見せてもらっても、自分で掃除しているからとてもキレイで、つまらない。寂しいものだ。
だが、高校生にもなって母親の膝枕なんて、男子として想像しただけでキモイ。
ラノベに出てくる素敵ヒーローとは程遠いながらも、高校生男子としてそこそこ頑張っている息子の自立を、柱の陰から見守るしかないのである。

そういえば、男の子はとくにルーティーンを作りたがるものだが、息子の幼稚園時代からの儀式として、”寝起きの息子が「起こして!」と言ったら、寝起きの手を引っ張ってあげる”というものがあった。いつのまにか言わなくなったのですっかり忘れていた。
ところが数日前、ごろ寝するにも大きすぎて邪魔な息子を、「起きなさいよ!」と蹴飛ばしたら、そのすっかり忘れていたことをしたのだ!

「おこして儀式!」

だが、野太くなった声で甘えながら、長くなった腕を目一杯に伸ばす高校生男子は   キモかった。

「ごめん無理!」

-----------
お互いに、成長を受け入れなければならないのである。



★アマゾン★
【最大70%OFF】シューズ&バッグ セール 在庫一掃セール!!

【まとめて買うとヤスイイね】食品・日用品などの対象商品を3点以上買うと250円OFF
2016年6月9日(木)9時00分から2016年7月3日(日)23時59分(日本時間)まで
食品、洗剤からベビー用品、ペットフードまで8,000点以上から選べる!







-------------------
2016年07月03日 (日)
皓月兎姫譚 異世界で殿下の愛玩動物にされちゃいました せひら あやみ
異世界ものをこの前未読のまま見送ったのに、懲りずに手をだしてしまった自分を考えると、ビミョ〜な気分だ。ぬぅ

2016年07月02日 (土)
緋色のシンデレラ エマ・ダーシー
愛はばらの香り マーガレット ローム

2016年06月30日 (木)
夕映えのロンドン シャーロット・ラム

2016年06月30日 (木)
帰らざる日々 ルーシー・ゴードン
ポプラ屋敷 パトリシア レイク
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク