本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
飛天の風 六男坊と陰陽師 深山くのえ
2016年07月04日 (月) 22:58 | 編集

飛天の風 六男坊と陰陽師 (ルルル文庫)
2016/5/26
深山 くのえ (著)

---楽天---




飛天の風
六男坊と陰陽師 

深山くのえ

時は平安、太政大臣の六男坊・藤原有視は、陰陽寮の学生・安倍春秋とともに、「密かの賊」と呼ばれる一味の盗みの現場に遭遇し、なりゆきで事件に関わる羽目になった。そんな時、有視は幼なじみの小色と再会する。小色に心を寄せる有視だったが、彼女はなぜか有視を避け続ける。一方、有視の身に迫る危機を感じ取った春秋は、自分の式神を有視に分け与えようとするのだが…!?平安陰陽師物語、ここに開幕!
--------------------

男二人が主人公の陰陽師ものです。太政大臣の六男坊・藤原有視と、陰陽寮の学生・安倍春秋とが出逢い、事件を解決するという、男子の友情もの。
BLっぽいねちっこさはないです。
有視の幼馴染の少女との再会に期待していただけに、かなりの裏切られ感。
有視速攻で失恋です。
乙女の胸キュンはナシです!
深山くのえファンは、購入する際はご注意。

作者といえば、薄幸美少女の切なさと、それを救うヒーローという構図を期待していただけに、かなりの方向転換に、一ファンとしては面食らってしまって、感想らしいものが書けないのだが、男子の友情と陰陽師が好きな方なら楽しいのではないのかと…

あらすじ
「何してんだ、邪魔!」
「……は?」

太政大臣の六男坊として身分の低い母から生まれた藤原有視は、次兄・公佐にいいように使われ、真夜中の文の使いの途中だった。
突然、小男にぶつかられ、挙句細身の男がぶつかってきたうえに、邪魔扱いされた。
好きで身の丈が六尺近くあるわけではないというのに。
さらに、太刀を腹に刺した男が、ふらりと現れ、二人の目の前で死んだ。
そのため、検非違使を呼ばれた挙句、状況説明を求められ、細身の男の正体はわかったけれど…


冒頭の経緯。太刀を腹に刺したまま男が死んだ現場に居あわせた六男坊・藤原有視と、陰陽生・安倍春秋。
春秋が、兄の小言を回避するように機転をきかせてくれたことで、有視は陰陽寮に礼を言いに行った結果、式神などを見ることができると知ることに。
そんなとき、有視は幼馴染の小色と再会し、有視は懐かしさから何度も会いに行くが…

視点は有視からなので、乙女のときめきを求めてはいけない。
もちろん、ベテラン作家だけあって起承転結もしっかりしているし、有視と春秋はいいコンビだったし、式神の動きも良かったし、それなりに普通に面白いのよ。
…私の読書の範囲が狭すぎるのが悪いの。

深山 くのえ 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク