本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
ママが恋してる エマ ダーシー
2016年07月01日 (金) 14:57 | 編集

ママが恋してる (ハーレクイン・クラシックス)
2010/11
エマ ダーシー (著),

---楽天---




ママが恋してる 

エマ ダーシー

小塔の突き出た怪物のような家が隣に出現し、ジャッキーと二人の息子が住む家からの景色も大きく変わった。新しい隣人は新進映画監督サニー・キング。彼はまったく常識を知らない人間と見えて近所に自己紹介もしない。そして今夜は引っ越しパーティーらしく、もう二時間も前から耳をつんざくロックの調べが静かな田園地帯を揺るがしている。もう少し涼しい夜なら窓を閉めきってあの騒音も締め出せるのに。暑さと騒音に耐えきれず、耳にコットンをつめてベランダで横になる。珍しく子供部屋は静かで、やがてジャッキーも眠りに落ちた。何かが唇に触れている―夢の中で彼女は亡き夫にキスをした。(I470)
--------------------------
copyright 1987
Strike at the Heart

イマージュ470が初版での、初期作品。
かなりファンキーなお話なので、ロマンスとしては微妙だが、男子を持つ母親アルアルとして、息子のやんちゃぶり多少は同情と共感ができるかもしれない。
ヒロインはエキセントリックで、子供はやんちゃぶりがハンパない。ヒーローも、ヒロインに惹かれた動機が見えてこない…とかなり迷走しているように感じたが、全体的にコミカルで初期作品らしい勢いがあり、サクッと楽しめるロマ。

あらすじ
田舎に突如現れた小塔の突き出た怪物のような家の持ち主・新進気鋭の映画監督サニー・キングは、隣人としての表敬訪問に返礼するくらいのマナーもしらないらしい。乱痴気パーティーに苛立ち、騒音に背をむけると、ベランダにマットレスを出して横になった。
唇に何かが触れ、ジェフの顎ひげがちくちくと頬をさす  。だが、キスをしているのはジェフではない!夫は亡くなったのだ。
キスをしていたのは、隣人となったサニーだった。ジャッキーはキスをされて怒り心頭だが、彼は悪びれもぜず、顔には無頓着な笑みが広がった。
ジャッキーの息子二人が彼らの家にお邪魔しているというのだ。
成金趣味でファンタジー溢れる彼の屋敷を案内されながら、子供達をさがしていると彼にキスされ…


冒頭の経緯。「君の家は僕の屋敷からの見栄えが悪い。柵を壊して、小屋も家もつぶして、君も手にいれる」と彼は宣言したが、ジャッキーにとって、小屋は生計をたてる焼き物を焼く窯があり死活問題。彼からのふざけたプロポーズを信じる気にはなれず、挙句、息子たちを、夫が亡くなった原因でもある危険な垂直降下に母親の許可なく連れて行ったことに憤り…。

自分のしたいことのためなら、母親に嘘もつく子供達なので、やんちゃすぎてうんざりするかも。家一軒燃えたし…。
面白かったかと聞かれると微妙だが、かなり強烈だったので、記憶には残りそうな作品。

男の子を育てていると感じることの一つに、成長する上での親としての目標は、”立派な社会人になってくれること”の前に、とりあえず”ちゃんと生きてること”という必要最低限の低次元レベルが大前提だった…と思い出した。

海外ロマンス 読了一覧

エマ ダーシー 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク