本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
デイジー・メイ エマ ダーシー
2016年07月22日 (金) 22:02 | 編集

デイジー・メイ (ハーレクインSP文庫)
2015/8/6
初版 イマージュ404(1988)
エマ ダーシー (著)

---楽天---
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



デイジー・メイ 

エマ ダーシー

ジューディの夢は,一人前の造園コンサルタントになることだ。それなのに、小柄で愛らしい容姿が災いして仕事の依頼が来ないのがいまいましい。今日も芝の届け先で見知らぬ男が、漫画の主人公デイジー・メイにそっくりだと言ってからかう。だが、有名なマルコム・スチュアートが設計した建物の庭について率直な意見を述べる彼女に、男は興味を示した。プールに誘われたジューディは、ちゅうちょしながらも心惹かれるものを感じて承諾した。いったい、この男はなにものなのだろうか…。(I404)
----------------------
copyright1985
The Impossible Woman

コミカルで楽しい雰囲気で物語は始まるが、後半のヒーローは結構な鬼っぷり。結婚するつもりはなく、愛という言葉でヒロインを誘惑し、都合のいい同棲をしたい考えをヒロインに押し付けてきます。
ヒロインの家庭は古き良き道徳観念の両親と、障害を抱える弟のいる家庭。
そんな家族愛が、ヒロインを救ってくれる心温まるロマ。初期作品。男性視点なし。

あらすじ
ジューディーは、花や庭木を育て配達をする家業を手伝いながらも、自分の知識と美的センスを発揮した造園コンサルタントで成功したいと考えているが、男性の職域とされる世界では、うら若い女性というのは大きな障害になる。愛くるしい……ジューディーは縮みあがった。いやな言葉!
その日の配達先は、商業施設で有名な建築家マルコム・スチュアートが設計したと標識板にある個人住宅だった。
見事な屋敷で、ジューディーは好奇心に胸をうずかせた。

「こいつは驚いた!デイジー・メイが配達にくるとは思っていなかったよ」


冒頭の経緯。住み込み労働者だという男が現れ、漫画の主人公デイジー・メイにそっくりだと言い、自分はパンチだと名乗った。気さくな彼と意気投合し、芝生を張り終え、プールに誘われそのまま誘惑されそうに。
そこへヴィヴィアンという女性が現れ、中断したことで、ジューディーは自分を取り戻すが…。

パンチと名乗った男が、マルコムであることを知ったことで、お互いの格差にジューディーは及び腰。そんな彼女に、庭の造園を頼み、距離を縮める展開。
ヴィヴィアンは夫がいる身で、マルコムに言い寄る女性。マルコムはジューディーを率直に求めるが、彼女は不信感を抱き、罵っては遠ざかろうとする。

後半、彼の甘い言葉を信じ二人は結ばれたものの、彼に結婚する意思はないと知ったジューディーは、彼から遠ざかろうとするが、さらに大きな造園をちらつかせ、悩みに悩むことに。

エマ ダーシーの作品は鬼ロマっていうのはあまりないが、このヒーローはかなり自分に都合よく手前勝手なルールを押し付けてくる男で、面白い人物だった。
ヒロインを守る父親ってやつが、良いです。
オーストラリアの造園はオーストラリアの植物でするべきだという彼女の意見は自国愛溢れる作者らしい意見で納得。


海外ロマンス 読了一覧

エマ ダーシー 読了一覧

昭和感たっぷりのコミック。
ツインテイルで可愛らしさがかなりアップ。
いがらしゆみこ最高!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク