本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま!  伊月十和
2016年08月01日 (月) 14:53 | 編集

緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)
2016/5/20
伊月 十和 (著),

---楽天---
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



緋連国鬼記
お守りしたくありません。主さま!  

伊月十和

「皇帝候補の黎影様をお守りせよ!」護衛任務を請け負う一族の娘・琉瑠は、最難関校を首席で合格した黎影皇子をお守りすることに。しかも、自分の出自を知らない庶民育ちの彼に、護衛だと気付かれてはいけないという条件つきで。そこで琉瑠は、彼の同級生となって、こっそり見守ることにしたけれど―不真面目で女好きで皇帝に相応しいとは思えない黎影に、彼が大好き過ぎて追いかけまわしている残念娘だと誤解されてしまって!?
-----------------------

任務をしているだけなのに、好きだからそんなに見ているのだと思われてしまうという残念娘のラブコメ。
すごく面白いとは言わないが、さくっと楽しめるお話だった。

あらすじ
「あんな奴が皇帝候補だなんて許せません!私、やっぱりあんな奴の護衛なんてできません!」

兄とともに、最難関の桜周寄宿学校の試験を受けたが、落ちたいと願っていた。しかし、兄の策略によって合格してしまい、代々皇帝の護衛任務を請け負ってきた柳一族としての義務を長老から命じられ、入学することになってしまった。
皇帝候補の黎影皇子は、民の暮らしを学ぶために里子に出され、己の出自を知らないという。だから、彼に気付かれないように護衛しなければならないのだが、彼は毎日たくさんの女の子をはべらせており…。
柳一族は、いつ命を落としてもおかしくないために、常に遺書を持ち歩く。命を懸けるのだから、せめてこの人のためならば命を落としても惜しくないと思える人を守りたいというのが人情だが、そうもいかない。

「あんな奴を守るのに命を落としてたまるものですか!なんとしてでも守ってみせるわ!」


冒頭の経緯。琉瑠は、これまで皇帝候補だった鳳輝が戻ってくると信じていたのだ。だが、皇帝候補として黎影皇子を守ることになり、気に入らない任務ながらも、学園の中では彼から目をはなさずにいた。
しかし、琉瑠と親しくなった美澪はそんな琉瑠の行動を、彼が好きなのだと勘違い。黎影も視線に気がつきはじめ、桃饅頭ちゃんと呼ぶようになり…。
そんなとき、街で悪徳高利貸しに困っている店の店主の前に、正義の”月狐仮面”と名乗る人物(黎影だってバレバレ!)が現れ!?
(やだっ! 超絶カッコ悪いっ!)

自分がド庶民だと思い込む黎影は女好きでだらしのない生活ながらも彼なりに正義感というものを持っていることが判明。次第に琉瑠の中で否定的だった彼の存在が、皇帝候補でも悪くないかなという程度に変化していくことに。
後半は、何者かに狙われたり、彼が自分の身分を知る展開。護衛という目的だった琉瑠に対して、黎影はいじけてみたりするのである(突然距離を置かれてキュンなところね)。
ドジっ子ヒロインですが、ここぞという時に何やらすごい鬼を使えるようで、底の知れない子です。あれは某キャラクターを思い出し、笑えた。赤い目玉がいっぱいあれば 

彼女が守りたかった、亡くなった王太子・鳳輝について、どういった人物なのかつかみどころがなく、その辺り黎影との比較はされても、黎影自身の考えが見えないだけに、今後なのかしらと気になる。
というか、鳳輝様とやらが戻ってきて引っ掻き回してくれないかしら。
続刊があるのかしら?

出たわよ。


一迅社文庫アイリス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク