本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
かぐや姫三世 松田志乃ぶ
2016年08月04日 (木) 11:38 | 編集

かぐや姫三世 わたしを月まで連れていって! (コバルト文庫)
2016/4/28
松田 志乃ぶ (著)

----楽天----
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



かぐや姫三世 

松田志乃ぶ

月の王女、かぐや姫三世。彼女は不老不死の霊薬・蓬莱酒を探し出す任務(?)を言い渡される。蓬莱酒は、彼女の祖母である「初代かぐや姫」が若き日に盗みだし、そのまま人間界に放置されているという。京の都に降り立ったかぐや姫三世だが、彼女を待っていたのは、初代かぐや姫のせいで曾祖父の代に家が没落したことを根に持つ倉持皇子と、恋に恋する少々のんきな帝で…?平安コメデイ。
-----------------------------

月の王女・かぐや姫三世が、母の命令で初代かぐや姫のやんちゃの尻拭いをする羽目になり、あげく、自身も人間界で学んでくるように命じられるというお話。
中編を二作。
前半の”激闘編”はもとは2016年1月号の企画のために書かれたものと後書きにある。
ノリのいい展開がつづくが、作者らしいラブは薄く、月から来たという設定やキャラの名前以外、かぐや姫というストーリー性から離れた、かなり自由な方向のお話。というか、方向性が見えな…
sideA かぐや姫 sideB 倉持皇子 と視点を分けて書いているのも特徴の一つ。分けてるのって、私はあまり好きじゃないのよね。散漫な感じがして

あらすじ
●はじめてのおつかい激闘編
sideA かぐや姫
わたしの名前はかぐや姫だがこの際そんなことはどうでもいい。
わたしは17歳。生まれ育った月世界においてはもう立派な成人である。その誕生日を迎えた先日のことである。わたしは母である王女に呼び出され、月界の<蓬萊酒>(不死の霊薬)が紛失した話を聞かされる。
盗み出した犯人は、あろうことか初代のかぐや姫。
かぐや姫一世といえば、<竹を割ったような性格だがその竹で人をなぐるような乱暴者>とも評された人物のようで、そのため人間界に追放されたというのだ。
一刻も早く<蓬萊酒>を取り戻し、悩み多き母女王のところに安寧を取り戻してさしあげねばならない。

sideA 倉持皇子
おれの名は倉持皇子だが、だからといってべつだん倉を持っているわけではない。曽祖父の時代は富豪であったが、あの女にたぶらかされた祖父は財産を失い汚名をきせられたのだ。そして今また、あの竹林にほうき星が落ち、美貌の女が現れたと報告が!


冒頭の経緯。人間界に降りだったかぐや姫は、朕さん(自分を朕と呼ぶ19歳の帝)と出会い、気に入られてしまう。
大臣の権力が強く、後宮に華やぎのない19歳の多感な帝は、かぐや姫を気に入ってしまうが

●わたしを月まで連れていって!
かぐや姫は、修行のために人間界に残ることになった。ある日、倉持皇子が倉から羽衣を見つけてきて…。

倉持皇子はかぐや姫をなんとかして帝から引き離そうと考えながらも、次第にかぐや姫の世間知らずの生真面目な気性が気にっている様子なのであります。
でも………なんだかすごいタイトルだし、表紙絵は力が入っているし、松田志乃ぶだし!!!と期待が膨らむのは仕方がないのだが、悪くないけどアレ?他にもっと…という感じ。
おそらく、続編で彼女が月に帰るまで恋愛の悲喜こもごもを学ぶのであろうけれど、そのあたりの期待した部分が一巻にはまったくなかったので、このまま続刊がなかったらと考えると不安。

松田 志乃ぶ 読了一覧

コバルト文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク