本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
悪女と呼ばれた淑女 アビー グリーン
2016年08月07日 (日) 16:45 | 編集


悪女と呼ばれた淑女
2011/1/5
アビー・グリーン (著)

---楽天---
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




アビー グリーン (著)

スポーツキャスターのアラーナは、ある日試合後のパーティーで、著名な億万長者からインタビュアーに指名された知らされる。困惑しながら本人と顔を合わせたとたん、胸がざわめいた。彼は、ついさきほどスタジアムで誘ってきたパスカル・レヴェック。圧倒的な魅力に屈するのが怖くて、すげなく断ったのに…。すぐにインタビューを手配したパスカルは興味深い話を耳にした。なんと、アラーナは国民的人気のサッカー選手と華々しく結婚したのち、夫をぼろぼろにした、有名な悪女だというのだ。だが、目の前にいるアラーナは清楚で貞淑そのもの。本当の姿を暴きだし、彼女をものにしてみせる。パスカルは狙いを定めた。(R2571)
-----------------------
copyright 2009
The French tycoon's pregnant mistress

一見セレブのようで、結婚の破綻によって心の傷だけではなく、経済的にも追い詰められているヒロインです。そんな彼女の内面を知らず、魅かれるままに積極的にアプローチしていくヒーローなのであります。
初期作品。良いロマですよ。とっても素敵なダーリンでした。
でも、前半のつかみが緩く鬼展開はないので物足りなくもない。

あらすじ
アラーナは、生放送の緊張から一気に解放されてアシスタントにマイクを手渡しながら、男の視線を意識した。一瞬のうちに何か不可思議な強い力でひきつけられた。異性に対してこんな気持ちになったことは過去に一度もない。
あの男性とのあいだである種の無言の会話が交わされたというのは、単なる妄想にすぎないのだ。
ふいに忘れ物に気づき、報道席に戻ると、例の男がすぐ目の前に立っている。
知性を感じさせる黒い瞳には、まぎれもない欲望をたたえている。

「ぼくを見ていたのはきみのほうだ」

「お言葉を返すようですけど、見ていたのはあなたのほうよ」

優に190センチはあるたくましい肉体と、そこから発せられる動物的なにおいに気づかないわけにはいかなかった。
セックスを暗示するにおい。


冒頭の経緯。銀行家のパスカル・レヴェックはラグビーの後援者。スポーツキャスターのアラーナを気に入った彼は、彼女に指名してインタビューを受けることに。もちろん、そのあとの食事も込みで。
アラーナは、仕事として彼との食事に付き合ったものの、距離を置こうと必死。しかし、彼の魅力には逆らえず、その日から恋人関係が始まる。そして週末のイタリア旅行…。

アラーナの亡き夫は放蕩者で、有名なサッカー選手だったが、負債を抱えたまま亡くなった。離婚寸前に亡くなったために、アラーナは借金を抱えることに。しかも、離婚協議中に”夫を捨てて出て行った悪女”と嘘をばらまかれ、周囲から批判的な目でみられてきた。
パスカルは彼女から事情を聞き出そうとするものの、彼女の口は堅い。しかし、TVの前で我慢の限界に達したアラーナはそのことを暴露してしまい、窮地に立つことに。

その後、妊娠しながらも、結婚を拒む二人の関係はギクシャクという展開。
頑固なヒロインなのであります。
前半が緩かったので、暴露後の追い詰められたヒロインは楽しめた。

アビー・グリーン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク