本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
イングテッドの怪盗令嬢 紅茶と恋と予告状!? 伊藤たつき
2016年08月23日 (火) 17:03 | 編集

イングテッドの怪盗令嬢 紅茶と恋と予告状!? (角川ビーンズ文庫)
2016/5/31
伊藤 たつき (著), あき (イラスト)

---楽天---





イングテッドの怪盗令嬢
紅茶と恋と予告状!? 

伊藤たつき

「これが最後のチャンスだ―受け取らずに帰ってもいいぞ」皇太子アルフレイが差し出す仮面を、メアリは手にした。「わたしは今日から怪盗ルビィ。あなたの命令をやり遂げます」社交界デビューも諦めるほど貧乏な、でも堅実な伯爵令嬢メアリ。彼女は“とある事情”でアルフレイの密命を受け、宝石・月の涙を盗むことに!しかもルビィを追うのは、幼なじみのエリート警部・ハーバードで!?秘密と恋の怪盗活劇、開幕!!
-----------------

美男で権力もあるけれど、口の悪い皇太子アルフレイから、代々受け継いできた一族の使命を知らされたメアリは、怪盗ルビィになる決意をしたけれど…。幼なじみのエリート警部・ハーバードに絶対知られるわけにはいかないわ!というローティーン向けのドタバタしたコメディーです。
あきさんのイラストでかなり良い仕上がりになっております。
最初は面白いんだけどね…途中でダレないといいナ
続刊に期待

あらすじ
イングデッド国の首都ロードンの新聞を賑わす怪盗ルビィ。予告状を送りながらも警察を出し抜く怪盗を、ハーバードは馬鹿だという。

「担当が違って残念ね。ハーバードだったら、きっとルビィを捕まえられるのに」

三年前にメアリの両親が亡くなって、祖母のシャーロットが爵位を継いだ。それ以来、この屋敷に住んでいるのは自分と祖母、そして執事のエリックだけ。
ハーバードとは幼なじみで、彼とお茶を飲んだり、庭や屋敷の手入れをする、少し退屈だけど、たわいない日常が幸せだと感じていた。

祖母のシャーロットは女伯爵として認められたものの、領地を相続し領民を守るためには、メアリも特許状をもらい女伯爵として認められなければならない。社交デビューもままならないほど、貧乏なのに不満はないが、バトン叔父さまが相続するとなったら、領民は餓え死する。申請する書類は却下されてしまった。どうしたらいいんだろう…。

その夜、祖母のシャーロットが誘拐されてしまった。しかし、執事のエリックは警察沙汰にすることなく、ある人物に会うために、宮殿に行くという。
宮殿であったのは、アルフレイ皇太子!?
しかも、怪盗ルビィの正体は祖母のシャーロットだというのだ。盗まれたものを秘密裏に取り戻す必要があったというけれど、途方もない話なので、理解するだけで一苦労だ。
しかも、偽物の怪盗ルビィが予告状を出したことで、社交デビューを口実に偽物より早く盗めと命じられてしまった。

「はぁ!? どうしてわたしが?」


冒頭の経緯。祖母に代わって怪盗ルビィになることに同意したけれど、いざという時に皇子の助けは期待できない。頼れるのは、自分とエリックだけ。月の涙をルイスから奪うために、メアリはマリアと名乗り舞踏会に乗り込んだけれど…。ハーバードと一緒にダンスする羽目になって…。
さらに、ハーバードがルビィ担当!?

癖のある男性陣に囲まれながら、翻弄されるヒロインがムフムフと楽しめる作家さんなので、口は悪いけれどなかなか興味深い王太子アルフレイといい、侮れない執事エリックといい、思わぬ事実が明らかになったハーバードとの関係といい、今後の展開も楽しみ。


伊藤たつき 読了一覧

角川ビーインズ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク