本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
無垢な恋心 ダイアナ パーマー
2016年08月24日 (水) 13:23 | 編集

無垢な恋心 (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)
2015/6/12
ダイアナ パーマー (著),

---楽天---





無垢な恋心 

ダイアナ パーマー

ある金曜日の朝、警察署長の秘書を務めているカーリーは、雨に降られてびしょ濡れのまま職場に到着した。ドアをあけると目の前にいたのは―カーソン!署長をよく訪ねてくる、漆黒の髪と大きな黒い目を持つ男性に、こんなひどい姿を見られてしまうなんて…。プレイボーイという噂の彼に何かとばかにされて傷つきながらも、うぶなカーリーはいつの間にか淡い恋心を抱いていたのだ。だが、顔を赤らめる彼女の気持ちを土足で踏みにじるかのように、カーソンは侮蔑的な言葉を言い放った。「きみみたいな女には、まったく魅力を感じないな」北米ロマンス界最重鎮作家が描く最新長編。ヒロインを務めるのは、『蔑まれた想い』のラストシーンで鮮やかな印象を残していたカーリー。彼女はカーソンを一途に想い続けるが、彼には美貌の恋人がいて…。(PS79)
----------------------------
copyright 2014
Invincible

蔑まれた想い」のスピンオフ。事件の続きとなっていますが、事件そのものはゆるゆるなので、単品でも読めます。(たぶん)
舞台はジェイコブズビル。ヒロインは無垢で信心深い、牧師の娘。キャッシュ・グリアを始め懐かしの歴々が勢ぞろいで、ヒーローに睨みを利かせるあたり、こそばゆいお話。
アレだな、歳とると説教したくなるんだナ。最近わかるようになった。
ヒーローの鬼っぷりはなくなってしまったが、妙な方向に痒くなって、これはこれで楽しかった。

あらすじ
警察署長の秘書を務めているカーリーの生活はかつかつで、一足だけのいい靴を泥だらけにしてしまい、その日は寒くてみじめだった。
雨に濡れてみすぼらしいねずみのようなありさまだった。
署のドアをあけると、そこには彼女にとって最低の悪夢が立っていた。
カーソン。
署長の来客は父とガロン・グリヤだった。メソジスト派の牧師である父をもつカーリーだが、最近父の様子がおかしい。
カーソンはカーリーの横で立ち止まり、彼女をきつい目で見下ろした。
彼女はにらみかえした。「そんな目でにらむのはやめて。さもないと署長に頼んで、手榴弾を持っていないかボディチェックしてもらうわよ」

「きみがその手でボディチェックしろよ」

カーリーは真っ赤になった。
カーソンはその顔に目を凝らした。無垢な女性は見ればわかる。世間では貴重な存在なのだ。「きみはうぶなんだな」

「わたしの父は牧師なのよ」

「ほんとうに?」


冒頭の経緯。父は何らかの形で関わっているが、そのことに関しては口が重かった。つい最近、父に話した電話の件が思い出される。男の声で、次はお前の番だと父親に伝えるよう告げたあの電話だ。あれも何か関係があるのだろうか?

カーリーは小さな町に生まれた牧師の娘であることをほこりに思っている。祖母の代での不品行を母が背負い、母は妊娠を理由に父と結婚することになった。父はそれまでは数多くの秘密があり、自由を好む男だった。カーソンのような…。
だからこそ、母が亡くなった時に改心した父は、カーリーを守ろうと、カーソンに釘を刺し、キャッシュ・グリヤも釘をさしまくり…w

カーリーに対して、強い欲望を持つ彼は、小さな村社会と、古い貞操観念が理解できず、もんもんとしております。とはいえ、これだけ釘を刺されると、さすがに彼も方向を変えることを考えるのです。
カーソン・アレン・ファーウォーカーも良い男でした。
(えぇ〜、そこで突っ走ってクソ野郎になって欲しかったのにぃ〜と往年のファンなら思うところだ。)
事件の方はゆるゆるです。カーソンに近づいた女のことや、次の議員を狙った悪役の最後などを期待してはいけません。
ヒロインのゲーマーに拍車がかかっておりますが、可愛い子でした。

ダイアナ・パーマー 読了一覧

登場人物一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク