本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
死にかけ花嫁と革命の鐘 藍川竜樹
2016年08月28日 (日) 13:51 | 編集

死にかけ花嫁と革命の鐘 (コバルト文庫)
2016/4/28
藍川 竜樹 (著)

---楽天---





死にかけ花嫁と革命の鐘 

藍川竜樹

ブルグ帝国の暴君皇帝に政略結婚で迎えられた王女ヘルミナ。生まれつき身体が弱く、長く起きれば熱を出し、緊張が高じると血を吐いて倒れるという病弱っぷりで、世話係の侯爵カエサルは日々振り回されることに。だが、実は病弱を逆手に医学や政治の知識を蓄えていたヘルミナ。国民が皇帝に不満を持つのを見抜き、カエサルに革命の同志になるよう密約を申し出て…。激動のヒストリカルラブ!
---------------------------

「このままでは死ねない」と強く願う王女ヘルミナ。その潔い生き様に、鼻の奥がツンとしそうで、フッと笑ってしまう、病弱ながらも根性のあるヒロインのお話。
他国に嫁いで革命を起こすまでの、読み切りの大河ロマ。ラブ薄だが、二人の献身が素敵なお話。
でも、病弱設定を笑いにしているので、そこで笑えない人は無理かも。

あらすじ
ヘルミナは5歳になった日、王族の義務として婚約をした。寝台からは出られず、婚約者のランスからは無視されつづけ、13歳で衰弱のあまり声も出せなかったとき、運命は無情にもランスが解放されることに喜んでいる声をきかせた。

「国の予算を食いつぶす金食い虫、治療するだけ無駄だ」

それを聞いたとたん、ヘルミナの心に熱が生まれた。
怒りではない。嫉妬でもない。
純粋に、このまま死にたくない、いや、このままでは死ねないという、生への渇望だった。
気がついたのだ。
童話を開いてうっとりと夢想していた舞踏会で踊る婚約者と自分の姿、それは自由に踊れる健康な自分にあこがれていただけだったと。
それからは、勤勉にありとあらゆる分野を学んだ。
自分の体は自分で癒す。領地経営をまかされ、ベッドにあらゆる学者を呼んだ。死の重い影がたちこめていた王女の間は、今では知識階級が集うサロンになっている。
だが、ヘルミナのもとへ縁談が舞い込んだ。
ブルグ帝国を育て上げた残虐な皇帝ゼノンがヘルミナを求めているというのだ。

「……つまり私を通じてアルディナの王位を奪うつもり、ということですか」


冒頭の経緯。なんとか存命して帝国にたどりついたヘルミナだが、皇帝は傍若無人で都につくまえに病が治らなかったという理由で随行していた侍医らの首を刎ねると言い出した。ヘルミナの機転で彼らを救い、宮廷内で信頼できる人物を探す足がかりをつくり、ある人物に目をつけた。
カエサル・オルトランド侯爵。
赤褐色の髪の若者は、ヘルミナの世話係りに任命されたが、彼の父はゼノンに疎まれ幽閉されており、地下活動をしている。ヘルミナは思い切って、彼に仲間に入れてくれるように頼むと…

死の寸前まで何度も行ったことのあるヘルミナの迫力の説得に、歴戦の戦士もタジタジなのであります。
そんな鬼気迫るヘルミナの病弱は鬱陶しほどなのだが、妙に説得力があって、面白かった。
だが、ヒロインの病弱を逆手にとった反撃に、感涙のでる展開になるかと思いきや、笑いになって山場を迎えるあたり、作者らしいナと感じた。

藍川竜樹  読了一覧

コバルト文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク