本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
ヒロインになれなくて スーザン フォックス
2016年09月20日 (火) 15:18 | 編集


ヒロインになれなくて (ハーレクインSP文庫)2016/6/11
ヒロインになれなくて (ハーレクイン・イマージュ)2000/9
スーザン フォックス (著)

---楽天---




ヒロインになれなくて 

スーザン フォックス

大好きだったリノまでがわたしを憎み、町のだれもが背を向けた…。義兄のリノ・デュバルから父親が危篤の知らせを受け、ケイトリンは五年ぶりにテキサスに戻った。父の再婚相手の息子ボウが鉄砲水で命を落とした責めを負い、勘当されて以来の再会だった。たとえボウの死について罪はないと証明されても、周囲の目は冷たかった。特にボウの兄リノの憎しみは深かった。病院を訪れたケイトリンに、父は血液鑑定を要求して息を引取った。幼いころから父が彼女につらくあたっていたのは、実の娘ではないと疑っていたからなのか…。ケイトリンが実子なら、牧場の半分は相続できる。そうでなければ、リノがすべてを相続する。それが父の遺言だった。死後も娘を苦しめる父親と、憎しみを決して忘れようとしないリノ。ケイトリンは今、何もかも捨て、再び町を離れようとしていた。(I1368)
-----------------------------
copyright 1999
To claim a Wife

テキサス州コールター・シティに住む、牧場の娘ケイトリンと高慢ないとこマディの2部作です。
ケイトリンの物語は圧倒的な孤独と絶望感が切なく苦しい鬼展開の牧場ロマ。
無罪の判決が出たにもかかわらず個人的な感情で濡れ衣を着せられたヒロインが、孤独に打ちひしがれながらも愛を求めてしまう姿がキュンです。
後半で、ヒロインへの誤解が解けたあとのケイトリンの拒絶が痛々しく、人の話に聞く耳を持たなかったヒーローの罪悪感がいい感じ。

あらすじ
ケイトリンは、あれほど残酷に拒絶されながらも、父への思慕を捨て切れなかった。
だが、父の危篤を知らせるそっけない手紙で彼女を呼び戻したのは父親ではなく、彼女を憎んでいるリノ・デュバルだ。
不思議なことに、彼女は父親の拒絶にまた直面するより、リノの憎しみに直面するほうがずっと怖かった。

5年の間にリノはさらに非情に、前にも増して近寄りがたくなっていた。
ケイトリンはリノの瞳に浮かぶ険しい光を見て取った。今もわたしを見る目は変わっていないのね。わたしの無実を信じたことも、わたしを許したことも決してない。5年たってもそうなのだから、この先もきっと同じだろう。
そして、たくましく偉大だった父がやせ細った老人になっていると知って、ケイトリンは驚き、鋭い痛みに心を貫かれた。

「この娘に血液鑑定を受けさせるんだ」

ケイトリンは再び子供のころの自分に戻っていた。理解に苦しむ父親の敵意に遭い、奈落の底に突き落とされたようだった。
”わたしの実子がブロークンB牧場の半分を相続する。そうでなければ、リノがすべてを相続する”
それなら、鑑定の結果、わたしが父の実子でないと証明されたら?
あの牧場まで永遠に失ってしまう  
持ち前の決してくじけない強い精神が頭をもたげてきた。残された相続権の一部でも手に入れる希望があるなら、ここにとどまらなくては。
わたしはリノと戦うわ。


冒頭の経緯。父の再婚相手のリノと10歳年下の弟ボウが家族となったが、父は娘への関心を失い、ケイトリンは仲間はずれだった。17歳でリノに熱を上げたが、リノは実父から受け継いだ牧場が忙しく父と同じくらい心を閉ざしてしまい、また大切な人を失ってしまった惨めさを味わった。
一年後にボウが亡くなると、リノは断固としてわたしに敵対した。ボウを増水した川に突き落としたのはケイトリンだと信じているのだ…。

そんなに亡くなった弟の事件に対してわだかまりがあるなら、事実関係くらい確認するだろう…という常識的なツッコミは横へ。
自分がケイトリンに惹かれる気持ちへの否定と弟への想いからこその行動なのでしょう。
激しい憎しみを抱くリノの理不尽な攻撃に対し、ケイトリンは何度も惨めに砕け、中盤は自暴自棄な状態のまま子供を救助することで、自らの潔白を証明してしまうことに。
打って変わってヒロイン扱いされることに激しく憤り傷つく彼女の姿が痛々しく、うるっとしてします。
リノにはもう少しモンモンとして欲しいと思わなくもないが、良いロマだった。

ケイトリンを無視してきた高慢な女性・いとこのマディのお話はもっと明るい雰囲気。

スーザン・フォックス 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧

原作とはかなり違うようです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク